神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2006年11月17日 (金) 曇り
朝方だけ晴れ、その後は雲が多くなり、寒い1日。昼過ぎには居間のエアコンを稼動させた。
毎冬、三浦大根を使ってくれている兵庫県・芦屋のおでん屋さんより、今年も三浦大根のご注文をいただいた。いつもありがとうございます♪そのおでん屋さん「芦屋 楽ぜん」では、この夏から看板メニューの牛スジの煮込みをレトルト包装にして通信販売を始めたそうな。それを送ってくださり、午前中に届いたのでお礼もしないまま早速、昼ご飯に豆腐と一緒に温めていただいた。その美味しかったこと!余った煮汁にご飯を入れて、1滴残らず平らげました。これはイケますっ。関西出身の方にとっては懐かしい味なのかしら?関西と縁のない私には初めて食べた、癖になる味。とにかく美味しいので、よろしければお試しください。こちらからどうぞ→ http://www.rakuzen.biz/
いい具合に冷えているので、いよいよ三浦大根の収穫を本格的に始めます。冬野菜はこれで出揃うことになり、直売も本格スタート。今年はサラダ用の大根としてレディサラダのほかに青長大根、紅辛大根がお勧め。野菜セットに入れますので、是非どうぞ♪そんなご案内を発送するべく、上の娘にハガキのデザインを委託した。まだ上1/3しかできていないものの、デザインやイラストが得意な娘だけあり、とてもきれいに仕上がりつつある。逆立ちしてもダーリンや私には真似できない技。「読んでくれる人が増えそう」と、ダーリンはニコニコしている。今月中にはお届けするべく作成したいところだけど、その点はちょい心配…。でもどうぞご期待くださいませ。もちろん、野菜の味には今年も自信持ってます。今夜の晩ご飯は当園の冬野菜満載のほうとうにしたら、いや美味しかった。ネギのスジっぽさは消えて甘く柔らかくなってきたし、ニンジンは甘く香りが強いし、白菜も甘いし、サトイモは収量は少ないながらねっとりしているし、三浦大根も問題なしの美味しさ。料理する意欲が増す野菜たち、是非お宅にもどうぞ♪
近所のコンビニに、セイゴを連れて買物に行った。支払いの最中セイゴを野放しにしたら、自動ドアを開けて今にも出て行きそうに。まずい危ない、でも支払いが…。そのとき、店内清掃をしていた若いアルバイトの女の子が、すっとセイゴに近寄って様子を見てくれた。きっとセイゴが出て行ったらその後を追い、危ない目に遭わないように気を配ってくれただろう。押し付けがましくないさりげない配慮に心から感心した。金髪に染めた所謂ギャルだったけど、あんな気配りが出来るならいい社会人になれる。若い子に呆れることの多いおばさんの私だけど、「まだ捨てたモンじゃないじゃん」と思えてとても嬉しかったのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-17 15:11 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月16日 (木) 晴れ
昨日は遠くまで出かけ、帰宅してからも休まず動いたその翌日とは思えないほど、疲労感がない。これは珍しい。友人と話して頭の中の靄が少し晴れたせいかもしれないな。いい傾向。
朝からセイゴには「今日も保育園行こうね、楽しみだね~」と話していたせいか、私を追いかけてばかりいた午前中。昼寝も30分足らずで慌てたように目覚めてしまい、緊張している様子がよくわかった。しかも便秘気味。かなりのストレスなんだろう。それでも保育園に到着して車から降りたら、嫌がって泣くことはなく私の手を握って門に向かって歩いた。そして2時間後お迎えに行ったら、抱っこされてはいたものの泣いていなかった。今日は抱っこしたりおんぶしたりしている間は泣かなかったんだそうな。眠かったにしては上出来だ。えらいぞセイゴ、がんばれセイゴ。きっと興味はすごくあるんだろう、ただ慣れていないから緊張してしまうだけだ。強引に親放れ第1歩を推し進めているけど、1年間目一杯愛情を注いで育ててきたのだから、過剰に臆病になったり愛情に飢えたりという偏りはないはず、だから素直に心を開いて楽しめる素地は出来ているはずなのだ。そう信じられる今日の一時保育でした。ほっ。
私の個人的な用事のために、ダーリンの手を煩わせることのない日々を手に入れた開放感は大きい。今日はセイゴを預けている間、ヒーリングを受けに行っていた。セイゴが慣れて来れば、縮毛矯正パーマを掛けに行くことだって出来るようになるわけだ。いや~ありがたい、薄暗がりに日の光が差し込んできたような幸福感。これって大事なことです、実家が遠くて実母に気軽に子どもを預けられないお母さんを見かけたら、遠慮せずにどこかの一時保育を利用することを勧めてあげましょう。
私は調理に電子レンジやオーブントースターを活用する。ところがスイッチが切れた途端に中のものを出さないと、コロッと忘れてしまうことが多過ぎて困っている。電子レンジを開けたら解凍されて腐りかけた前日の肉があって驚いたり、トースターから数日前にホイル焼きされたマイタケが出現したりも珍しいことではない。そして今日もやってしまった。昨晩の美味しかったクリームシチューがカップ1杯ほど残ったので、ネギのグラタンにしようとセット。チーズをのせる前段階まで済ませ、そのまますっかり忘れてしまったものを食後すぐに発見した。悔しかった、でも今回はまだ間に合う。明日、チーズをのせて焼き直します。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-16 15:12 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月15日 (水) 晴れ
気持ちのよい晴天の1日。都心では雨が降ったそうだけど、こちらは雲が増えたものの晴れっ放しでした。先ほど外に出たら、真上に関しては降ってきそうな星空で、西の空低い位置に1等星クラスの明るさ・大きさの流れ星を目撃した。その周りには星が見えていないので、ちょっと不思議。
今朝は早起きして支度し、セイゴと友人と3人でまたもや御殿場のアウトレットへ。先日行ったばかりなので買物は特になかったんだけど、友人と出かけるのにちょうど行き易い目的地だったことがわかったので再度出かけた。お互いの家を訪ね合っているのも安上がりでいいけれど、広々したところでのんびりすることも今回の目的のひとつだった。更に今、友人相手にしゃべりまくることで自分のアタマの中を整理しようとしているので、その目的も含めて大満足のお出かけとなった。セイゴものびのび歩き回り営業妨害していた、ごめんなさい。でもそんな野放しも笑って許されるような、のんびりした平日だった。
冷えてきて2時半頃には退散し、4時過ぎに帰宅。下の娘のお友達が遊びに来ていて、セイゴは疲れを感じる間もなく大喜び。その後、上の娘が友人を伴って帰宅し、晩ご飯を食べて行ってくれたので、今夜もセイゴはキレイどころに囲まれてご満悦。浮かれたまま下の娘と一緒に2階に上がり、びえ~っと泣いておっぱいを飲んだらすんなり寝てくれた。昨夜は案の定、保育園効果が出たか夜泣きしたけど、今夜はもう引きずっていないでしょう。疲れてるはずだから、私のためにもしっかり寝てくれぇ。
「ためしてガッテン」を観ていたら、突然画面が変わって津波警報。こりゃ大きい地震が起こったぞっと確認したら、千島列島でマグニチュード8.1だそうな。 M8は巨大です、地球の反対側で起こったって日本の地震計に変化が出るほどなのに、日本からそう遠くないところでの発震だから大きな影響があるかも。M6 台の余震も何度も起きているよう。この地震が引き金となり、より日本に近い位置で大きい地震が起こるかもしれない。以前にも触れた通り、アマチュア地震予知サイトで出された警報は現在も継続しているので、引き続き備えてくださいね。今回の地震が警報の結果だったとは思えないので…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-15 15:13 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月14日 (火) 晴れ 夜になって雨
昨晩もすみませんでしたっ。
昨晩はセイゴがなかなか眠りに就かず、寒かったから暖かい布団の中に潜り込んで寝かし付けている内に当然こちらが眠くなり…。ダーリンに起こされたのが0時を回っていたので、それから起きて風呂に入って洗濯して日記を更新する気にならず、そのまま寝た。朝目が覚めたらだるく、何もしないまま寝た不快感に苛立ち、上の娘が寝坊したことに更に腹が立ち、全てを放棄してまた布団に潜り込んだ。
ここ数日、機嫌が悪い。腹立たしいことがあったことはあったけど、それだけではない。もし病院に行って事情を話したら、お医者さんは「うつ病ですね。ま、そろそろ更年期障害が始まる頃でしょうから」と即答するだろう。西洋医学なんてお気楽なものだ、病名をつけて専用の薬を処方して「様子を見てください」なんだから。どんなに細かく病気のメカニズムを解明してくれても改善しないから、民間療法や東洋医学に向かう人が多いんだ。いやこれはかなり乱暴な言い分ですな、失礼しました。でも重度の更年期障害を西洋医学で改善させようと思ったら、薬漬けで廃人になりそうだ。あれは対症療法ではきりがないだろう…。ちなみに私は更年期障害ではありません。出産で女性ホルモンが激増し、まだ授乳中につき、減少していないはず。やれやれ。
午後1時からセイゴを一時保育に預ける予定が、朝の不機嫌が祟って支度が整わず、2時から1時間だけお願いした。迎えに行ってみるとセイゴは先生に抱っこされて事務室にいて、私の顔を見たとたん大泣きに。1 時間のうち半分以上は泣いていたらしい。しかも泣き方はセイゴご自慢の「この世の終わり」式。先生方もあまりの泣き方にびっくりし、心配してしまったそうだ。次回連れて行ったら嫌がりそうだな…。さてどうなるか、明後日のお楽しみ。次は2時間です。
上の娘の友人Aちゃんが遊びに来て、晩ご飯は賑やかだった。キレイどころに囲まれたセイゴ王子、たいそうご機嫌にお召し上がりになりました~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-14 15:13 | ヨメの日記
今日の三浦大根
青首大根と比較した写真です。
a0157306_17241658.jpg

根の太さも増し約2kg程に成長しました。
a0157306_17242222.jpg

これから冷え込みも増して、大根の恋しい季節となります。収穫期まであと一週間から十日です。

期待してお待ちください。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-12 17:23 | 畑のこと 野菜のこと
《ヨメの日記》2006年11月12日 (日) 晴れ
昨晩はまた更新できず、ごめんなさいっ。
昨日は午前中の雷雨がひどく、先日の明け方のようなものすごい雷鳴がまた鳴っていた。ダーリンによると雷は季節の変わり目、特に春と秋の終わりによく鳴るとのこと、旧暦の秋がそろそろ終わりとなるこの時季に雷とは、やっぱり今は秋が終わろうとしているんだろう。朝晩はすっかり寒くなり、昨晩から夜はエアコンを入れている。灯油ストーブを稼動させる日も近そう。
今日は友人が来訪。彼女はヒーリングの勉強を始めていて、わかったことを教えてくれる。どうやらヒーラーはエネルギーが目で見えているらしいので、見えていない友人にはかなり難解で大変そうだ。でもヒーリングの先生は、友人なら訓練次第で見えるようになりますと言う。もともとの素質がある友人のこと、エネルギーの状態を目でも確認しながらマッサージして骨格を矯正していける日が来るのかもしれない。それってすごい。一般的には見えず、存在すら認められていない生命エネルギーが自分にとって当たり前に存在するものになったら、今まで知っている世界が大きく広がるだろう。うらやましい気もするし、見えたら大変だろうという気もする神秘の世界。友人の今後がますます楽しみだ。人生上半期を過ぎてから片道燃料で別世界に漕ぎ出すとは、コロンブスの大陸発見のようで他人事でもワクワクする。
ニンジンが採れ始めたので、晩ご飯に葉のかき揚げをした。新鮮なニンジンの葉がないとできない、またこれ以外に強烈なくせのあるニンジンの葉を食べる方法はないといってもいいほど美味しい。衣を薄く、少しずつ揚げることがコツです。また友人から、ブロッコリの食べ方をひとつ教わった。茹でたらすぐにゴマ油としょう油をまぶし、焼き海苔と和えていただく。しょう油とブロッコリの相性が悪くないことは最近気付いたけど、さらに焼き海苔?意外や意外、これがすごく美味しかった。是非お試しあれ。
セイゴは下の娘、友人の息子U君、お隣りのKちゃんに室内でも外でも遊んでもらい、ものすごく楽しかったようだ。赤ん坊から子どもへ、だんだん育っているのを実感した1日。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-12 15:14 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月10日 (金) 晴れ
午後から曇りの予報だったけど、幸い夕方まで気持ちのいい晴れ。午前中はまたセイゴと日向ぼっこ。セイゴはムクやハリーより、小石の方が魅力らしい。
昼過ぎ、ダーリンと一緒に携帯電話の乗り換え手続きに出かけた。昼で授業の終わった上の娘を高校で拾い、一緒に連れて行った。今チェックしたら、その車内での会話が上の娘の日記に書かれている。な~にが「人間否定」よ、事実を的確に表現しただけの話だろうがっ。何もやっていないのに「いっぱいいっぱい」になるだなんて呆れる。その延長線上にニートなどの贅沢病があるのよ。働かなければ食えない、食えなければ死ぬのだ。悩もうが迷おうが生きるためにやるべきことはやるのよっ。やるべきことを親に肩代わりさせて自分は辛いだの苦しいだの言い訳して何もしない。そんな生活態度の何処に肯定できる要素があるというのか?いいえ全くありません。
まあそんなことを言ってやりたいところだけど、いつも言ってるから改めて言わなくてもわかっているだろう。ただ心外だったのは、「あらっ褒めるところはちゃんと褒めているじゃない」と言ったら、褒められたことなんかないというような返答をしたところだ。私は上の娘をよく褒めているつもりなんだけど、もしかして本人には言ってなかった?そうだとしたら悪いことしたな、でも今のところ、褒められるところがありません、あしからず。
ただちょっと思うのは、上の娘はホームシックのような状態になっているんだろう。何もかも新しくて、今まで通りな状況が全くない彼女の日々。これでは確かに、アイデンティティの喪失感に襲われて無気力になってしまうのも肯ける。私だって似たようなものだ。ま、それでも食わねば死ぬのだから、やるべきことはやりましょう。苦しみつつ頑張っているのでなければ、同情の余地はありませんから。…失礼しました、つい愚痴っぽくなりまして。
夜、上の娘に頼まれてCDレンタルショップに連れて行き、ついでに映画「有頂天ホテル」を借りてきた。大笑いし、ホロリとし、観終わって心が温まりました。一方セイゴはみんなの視線がTVに集中していたので、やがてTVの前に陣取って愛嬌を振りまき、注目を集めようと涙ぐましい努力をしていたのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-10 15:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月9日 (木) 雲ひとつない秋晴れ
昨日はセイゴが夜中に何度も起きてはぐずってなかなか寝付ないを繰り返したので、更新できませんでした。今夜も同じ傾向が早くも出ている様子…頼むからちゃんと寝てくれぇ。
昨日は晴天で暖かかったので、セイゴを麻疹・風疹の予防接種に連れて行こうと思い立った。でも一番近くのクリニックはワクチンを常備しているところではなかったので、今日のところは予約だけで終わった。そこでまた新たにに思い立ち、セイゴを入園させたいと考えている保育園へ下見に行ってみた。
外観が下の娘を通わせていた保育園にちょっとだけ似ていて、そのせいもあり印象がいい。入園させるには市に申請する必要があるけど、一時保育を実施しているので、まず年度内はそちらを利用しようと考えている。いや~案ずるより産むが易しとはよく言ったものだ、行ってみたらとても感じがよく、一時保育も都合よく利用できそうで、さっさと行けばよかったと後悔したほどだった。一時保育を常時利用しているお子さんはいなくて、予約はガラガラの状態。保育士さんが1対 1で面倒見てくれるそうで、至れり尽くせりなのに時間単価は800円ナリ。素晴らしい。同じ年頃の子ども達との交流が目的の半分を占めている、その点についてはいまひとつとはいえ、私が話を聞いている間のセイゴの様子を見る限り、申し分ない環境だろう。部屋は園庭に面した1階、開放的な広いスペース。セイゴはおもちゃや園庭で遊んでいる子ども達の様子に大喜びだった。これは期待値大ですぞ。しかも帰宅後は、ぐっと表情が豊かになったように感じた。人を介しての刺激って、すごく大きいんだと改めて痛感しました。
ところが夜泣きに近い昨晩の様子、保育園訪問が無関係だったとは思えない。まだ預けたわけではないから、セイゴにとって楽しかった以外の感覚はないはずだけど…。来週火曜にまずは2時間からスタート、さてその晩どうなるか?今から先が思いやられる。
今日は雲ひとつない真っ青な秋空。風が強かったものの南風で暖かく、過ごし易い1日。昼ごろセイゴと庭で日向ぼっこした。ありゃ今日は、ほかに特記すべきことがないわ。
聖護院大根を作っているんだけど、食べたことがなかった。三浦大根と時期がかぶるせいもある。それを今夜、試しに鶏肉と煮てみたらすっごく美味しかった。どう美味しいかというと、えぐみがないので、薄味に仕上げてちょうどいいのだ。肉質は三浦大根と遜色なし。青首系の大根だというのに、全くの別物だ。これはイケます。
三浦大根はこってりした濃い味、強い味に負けない一方、薄味に仕上げると大根らしさが勝ち、あまり美味しくないと感じる。聖護院大根は薄味でちょうどいいという、京の食文化が反映された野菜なんですね。三浦大根は関東の食文化が反映されているということでもあるわけだ。野菜を調理するとき、郷土色の強いものは食文化まで考慮すれば、より美味しくいただけるということが分かって感動しました~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-09 15:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月7日 (火) 雷雨のち晴れ 強風は続く
未明4時ごろ、猛烈な音がして目が覚めた。どどーーーんっという感じ。雷だと思うけど、とにかくすごい音量と長さ。バリバリ的な音が含まれていなかったので、近くに落ちたんではなかったんだと思う。雨もすごかった。ちなみに気付いたのは下の娘と私。ダーリンも上の娘も知らないそうです。
かなり降ったせいで畑に入れず突然手の空いたダーリンに施術してもらうため、昼前から友人宅へ。ダーリンはぎっくり腰の予防の意味もあり、二十四節季に合わせて友人にマッサージしてもらうように心掛けている。折しも今日は立冬、ちょうどいいタイミングだった。私も先日坐骨をぶつけた影響がないかどうか診てもらえてよかった。
下の娘の就寝に合わせて2階に上がる頃からセイゴはおっぱいをほしがって大泣きになった。よく考えてみたら、友人宅を出る前におっぱいを飲んで以来、5時間半くらいは飲ませていなかったことに気がついた。これほどの長時間しかも夕刻を挟んでいるというのに飲まなかったのは初めてだ。おかげでさぞたっぷり出ただろう、しっかり飲んで、少し遊び、そのあと体をさすってあげたら寝てしまった。歩くようになってさらに運動量が増していくんだろうから、多少は寝付きがよくなるかもしれない。刺激が増えると夜中の授乳回数が増える傾向にあるのは仕方ない、寝付きがよくなってくれれば私が一緒にくたばることも少なくなるだろうから歓迎だ。特に明日は下の娘がお弁当の日なので、今夜のセイゴのすばやい就寝は実にありがたい。
日が暮れてから、いい具合に冷えてきた。ここにきて雨も降っているので、三浦大根に空洞は出ていない。もう大丈夫だろう。サトイモだって今から育つかもしれない。ニンジンは今年も順調、ネギも太く、白菜も大きく育っている。
野菜が安くて美味しい今シーズン、農家にとっては厳しいという悲しい現実。こうなったら、一刻も早く凍るほどの寒さが到来するのを祈るしかない…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-07 15:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月6日 (月) 曇り 夜になって雨
予報通りの天気だった今日、夜に入ってざあざあ降りになっている。
先日の疲れがさらに今日出たらしい。昼近くまで縦になれないようなだるさに襲われて参った。娘達は平常通りの生活に戻ったため、元気なセイゴに寝かせていてもらえず。
セイゴは腕を上げずに歩けるようになった。でも体の脇で腕を振りながらではなく、お腹の辺りに手を下げて歩いている。その姿、体の大きさや体型まで含めて芸達者なニホンザルまさにそのもの…。歩幅もすごく似ている。マクロビオティックによると、人間は受胎した瞬間から生物の進化の過程を再体験していくんだそうで、誕生してから1歳くらいまでに、海から陸に上がった後の進化を辿るとのこと。とするとセイゴは、ついに2足歩行を始めた類人猿辺りにまで辿り着いたか。歩く姿に関しては、まさにそんな感じだ。歯は下の前歯2本だけだったのがようやく上の歯も見えてきて、顔つきがまた変わる日も近い。
何だか今日は、頭の中に霞がかかったような、ぼーっとした状態が続いていて、脳が働いていない感じ。ボケるとこんな感じ?いや~怖い怖い、でも今日に関しては単なる体調の問題でしょう。そう信じてとっとと寝ることにしまーす。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-06 15:17 | ヨメの日記