人気ブログランキング |


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


《ヨメの日記》2006年7月17日 (月) 曇り時々にわか雨 夜になってざあざあ降り
Aちゃんはちゃんと早朝に出発したらしい。ダーリンが5時半に目覚めたときにはもういなかった。えらいっ、新社会人としてがんばっている様子が、こういうところからもうかがい知れるというものです。
万全の体制(大げさ)で家に居たけれど、今日はほとんど電話が鳴らず。ご贈答にお使いくださるお客様はすでにご注文済みの時期だから、これからはご自分で召し上がる方からのご注文やお問い合わせになる。美味しい時なので自信を持ってお勧めできるけど、1件、「いいんですか?送料が高くなり過ぎて申し訳ないんですが…」と折り返してしまったご注文のFAXが入った。何と沖縄県から、スイカ1個とカボチャ1個というご注文なのだ。お品代は3,000円、送料は1,800円にクール料金が加算されて2,110円。ものすごく高価なスイカとカボチャになってしまった。
こういう場合、割に合わないと考えがちだけど、お取り寄せ大臣である私自身を振り返ると、送料がもったいないという感覚は薄い。買物に出かければ交通費がかかるし時間がかかるし、お腹が空いたりお茶したりしちゃうし、帰宅してぐったり疲れてしまったりしちゃう。金額に換算したらきっと送料より高い。しかも置いていなくて取り寄せになったり、取り扱いがなくなっていたりして、狙っていったものが買えない場合も少なくない。買物に出かける楽しさは代え難いけど、定番となっているもの、近所で手に入らないものは通販がいい。そうそう、今日も1件注文しちゃったのです。Aちゃんがお土産にくれたもので、静岡では当たり前にスーパーで買えるという「うす茶糖」。砂糖と抹茶が顆粒状になっていて、水や牛乳で溶かして飲むそうな。これが爽やかで美味♪ ネットで探したら、お茶屋さん自慢の高級品しかなかったので、いただいたやつのパッケージ裏にあった電話番号にかけた。小さい商店独特の雰囲気のおじさんが対応してくれて、「1パックいくらですか?」の問いに「200円くらいです」だって。小売価格は決まってないの?まあいい。とりあえず20袋注文し、送ってもらうことにした。夏の来客にも使えるし、廉価なので気軽に差し上げられるところもいい。さて単価いくらで送られてくるか楽しみだ。
夕方前、一時だけばーっと雨が降った。その時間、畑でスイカを収穫していたダーリンと舅はほとんど濡れなかったんだそうな。畑は自宅より南にある。前線が北にあって、雨雲が南下して降った雨だったから、我が家の自宅と畑の間に雲の端があったということだろう。以前、砂漠地帯を車で走っていて、遠くから雨雲が近づいてきて雨の中に入ってまた遠ざかって行くという体験をしたことがあり、感動したのを覚えている。何だか似た気分。
by takaiku-n | 2006-07-17 13:52 | ヨメの日記
<< 《ヨメの日記》2006年7月1... 《ヨメの日記》2006年7月1... >>