人気ブログランキング |


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


《ヨメの日記》2006年8月31日 (木) 快晴
予報通り、うきうきするほど爽やかな秋晴れ。
午前中、マットとジェンに愛車の車内清掃をお願いした。そして3時間後、期待を遥かに上回る結果に。ハリーの毛だらけで常時犬臭く、ゴミだらけの車内が、まるで新車のようにきれいになったのだ。感激のあまり、車の販売店に連れて行かれた幼児のようにはしゃいでシートに座ってしまった。うん、彼らにはメンテナンスの才能があると思う。マットは病院に勤務してリハビリなどを指導するセラピスト、ジェンは製薬会社の営業だったそうだけど、帰国したら2人で清掃の会社を起こしたらいいと本気で思う。
庭といい車内といい、時間ではなく結果をものすごく出してくれた2人、午後から明日一杯は好きに過ごしてもらうことにした。日本を出国してからの予定がうまく決まらず、何よりも中国入国のビザ受給に予想外の手間がかかることが分かり、どのルートで旅するのが一番いいのかを検討する時間が大量に必要になったのだ。ネットを使って調べまくっているけど、安心してそんな時間が作れることは彼らにとっても大きなメリットだろう。農作業を体験することが目的ではなかった2人とはいえ庭掃除や車の掃除は申し訳なかったと思っている。でも私達も彼らの旅には貢献していると思うから、ここはお互い助かったということで勝手によしとしておこう。
NYに住んでいた2人に、911のときどうだったかを聞いた。マットは現場から6マイルしか離れていない病院に勤務していて、当日と翌日は、全スタッフが万全の体制で怪我人が搬送されてくるのを待っていたんだそうな。ところがほとんど搬送されてこなかった、死者ばかりだったから…。何とも生々しい話で胸が痛む。
ファミレスのバイトばかりでいっぱいいっぱいになっていた上の娘、学校が始まっても生活が立て直せないどころか体調まで崩しつつあり、あまりの自己管理の出来なさ加減に、このままでは本業が成立しなくなると判断した私がタオルを投げ入れた。ファミレスのバイトを辞めるか授業料をバイト代で支払うかの2択を迫ったのだ。娘はあっさりバイトを諦めることにして、そう決めてみたら自分でもほっとしたんだそうな。考えると実行不可能なスケジュールを組んでいる自分に危機感は抱いていたものの、バイトを辞めるという道を思いつかなかったんだそうで、そこは15歳の浅はかさだと自分でも感じたとのこと。そのせいか今夜は喉とリンパの痛みを訴えているにもかかわらず、最近のカリカリした様子がなく、時間的余裕の大切さを再確認した。この4ヶ月、無茶をしてでも得たものはたくさんあったろうから、それを踏まえ、実行可能なスケジュールを組み直すものと期待している。いや、今までよりはマシという程度のスケジュールを…。
by takaiku-n | 2006-08-31 06:41 | ヨメの日記
<< 《ヨメの日記》2006年9月2... 《ヨメの日記》2006年8月3... >>