人気ブログランキング |


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


《ヨメの日記》2007年3月2日 (金) 曇りときどき晴れ
上の娘は試験最終日ながら、彼女の教科は今日試験がなかったので実質休み。午後から、ドライブがてら藤沢にあるベトナム料理店にドレッシングを買いに行き、帰りがけに鎌倉に寄ってお菓子を買い、aveに寄り、耳鼻科に寄り、書店に寄って帰宅。海沿いを走っているときは、西に傾きかけた太陽が覗いていたので景色は抜群。でも夕方までに全ての用事を終えて帰宅しなければならなかったため慌しく、のんびりできなかったのはちょっと残念でした。ほんの気晴らしにはいいドライブだった。
しばらく前から、三浦海岸から三崎口にかけての線路沿いの通りで河津桜が満開を迎えている。途中を少し入った小松ヶ池公園をメイン会場に桜祭りが開催されているらしく、桜が開いたころから花見客が通りを行き交う姿を見かける。その数が日毎に増え、そろそろ見頃を過ぎているのに客足はかなり多い。三浦海岸駅前の、今や姿を消しつつある昔ながらのスタイルの喫茶店でアルバイトしている上の娘は、なかなか仕事を円滑にこなせるようにならないので、花見客で賑わうと捌き切れないらしい。通常のお客さんとは筋の違うお客さんで賑わうため、オーナーとしても戸惑う面もあるだろう。で、明後日は三浦マラソンが開催される。スタートは三浦海岸のようなので、お店はさらに混雑するだろう。案の定、娘はシフトに入らなかった。私がオーナーでもそうする。娘もシフトから外れてほっとしていた。美容院のスタッフが5キロコースに出場するそうなので、それなら一緒に応援にでも行こうかな。
夜、ダーリンがTVで放送する映画を観たので、私も一緒に観た。何となく遊んでいたセイゴはすぐに眠くなって纏わり付いてきて、私の髪を引っ張り、止めなさいと言っても止めない。ちっ、男児はこんなころから乱暴なんだと思うと腹立たしい。結局、強く叱ったら泣いてぐずっておっぱい飲んで寝てしまった。おっぱいを止めたら、このお約束のパターンはどうなるんだろう?ぐずるの部分が時間的に大幅に伸びることになるんだろうか。それじゃあTV聴こえないじゃん…。というわけで、おっぱいは親側の都合のよさも手伝って止め難くなっている。幸せそうな、満足気な様子を見ていると決断できないというだけじゃないのだ。そのままズルズルと3歳近くまで飲ませたのが娘2人。すでに3人合わせて7年の授乳キャリアを持つ私は、おっぱいのエキスパートでもある。その記録をどこまで伸ばすのか、そろそろ考えた方がいい時期に来た。保育園に入って落ち着くだろう6月か7月、その辺りが潮時だろうか。おっぱいは自然卒業がいいと唱える方々もいる一方、他の哺乳類を見ると、たいてい親から止めているのだからその方が自然とも言える。さてセイゴの場合はどうなるのでしょう。
by takaiku-n | 2007-03-02 18:00 | ヨメの日記
<< 《ヨメの日記》2007年3月4... 《ヨメの日記》2007年3月1... >>