神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
大豆レボリューション 募集始まってます
5月1日より、2010年度の大豆レボリューションの募集が始まっています。

昨年度より参画している大豆レボ、私たちに大きな意識の変化をもたらしてくれました。
がつん!という形ではなく、じんわりじっくり、優しく力強い変化の後押しでした。

農業を営む側、消費する側。
その分け隔てをなくしていこう、というのがNPO法人トージバの提唱する半農半Xという暮らし方。
「自給率4割のまま、気づいたらみんなある部分は自給している、それが目指すところ」
初めてトージバ代表の渡邊さんと話したとき、そう仰っていました。

で、日本人の食の基本は米と大豆。
大豆は地大豆が全国津々浦々で栽培されてきたものの、今や量産型の改良種に駆逐され、
栽培面積も激減し、地大豆は絶滅しかかっています。
そんな地大豆を休耕田で栽培し、収穫し、味噌作りもやっちゃおう!というのが大豆レボ。
オーナー制です。
だけどオーナーは出資するだけじゃあなく、栽培にも関わる。

昨年度がスタートする前、私たち自身は
「交通費を払って都市から三浦まで、農作業をしに来てくれる人が果たしているのか?」
そこが一番の疑問でした。
すでに5年の実績があった大豆レボの他のテイケイ畑の様子を聞けば、毎回賑やかに作業が
行われているらしい。本当だろうか。
みやもと山ご夫妻のように、農だけではない別の魅力があるからなのでは?
うちにその魅力が備わっているだろうか?
うちは休耕田でやるわけじゃあないから、経済的に大丈夫だろうか?
ま、駅から近いから、来てもらうのは比較的ラクかな~。
…などなど、不安と期待を抱えていました。

1年後の今、不安はほとんど残っていません。
この1年、どれほどの援助と勇気と喜びを、レボのメンバーからいただいたことか!

今年は昨年度から居残りしてくださるオーナーさん約5組と、新規募集の20組のみなさんと一緒に楽しく大豆を育てていきます。
買えば簡単な食料ですが、播いて育てなければ食べられないし、特に穀類・豆類は収穫しても脱穀・選別しなければ食べられません。
当園は全て手作業で進めますから、脱穀・選別はとても大変です。
そんな作業も、みなさんでやれば楽しくできます。
そして手にする大豆のありがたさ、嬉しさは、お金じゃあ買えません。
まさにプライスレスな価値を食に感じていただける、意義深い活動です。

あなたも半農半Xを大豆レボから始めませんか?
お申し込みはコチラ↓
http://www.toziba.net/daizu_revo/
[PR]
by takaiku-n | 2010-05-08 23:45 | イベント&出店
5月9日(予備日10日)スイカの接ぎ穂やります
5日の2000人で手つなぎイベント、すばらしかったですね◎
そのご報告は追ってさせていただくとして。

5月9日援農を募集しますっ。

突然で申し訳ない…明日です。
でも清が今しかないと言い出すので、やるしかありません。
お手伝いいただける方は
takanashi@takaiku-n.com
までメールでご連絡ください!
10日なら参加できる、という方もご連絡をお待ちしていますっ。

作業内容は、スイカの接ぎ穂です。
カミソリでスイカの双葉を切り、冬瓜の双葉に接ぐんです。
手先の細かい仕事ですが、未経験全く問題なし、そんなに難しくはありません。
スイカのエネルギーをダイレクトに感じることができます。

ハウスでの作業なので、暑くなります。
調節のできる服装でご参加ください。
長靴、軍手は不要です。が、埃だらけになるので汚れてもいい服装で。

昼ご飯は、持ち寄り可能な方は是非お願いします。
こちらでご飯は炊きます。
みやもと山の平飼い卵がありますから、めっちゃ美味しいTKG(まごはん)ができます♪

集合は9時、16時終了を目指します。
時間のある方は、17時前後より清の夕暮れ湿地ツアーにご参加いただけます☆
(この場合は長袖、長靴が必須です)

よろしくお願いしますっっ!
[PR]
by takaiku-n | 2010-05-08 15:29
2000人で手つなぎ もうすぐ開催です!
当園近くの北川湿地を守るために、今のうちにできることをしよう。
そんな思いから始まった今回のイベントは、開催間近ですっ。
是非、大勢の方にご参加いただきたいです。

開催後は当園自宅を開放します。
休憩、交流、情報交換にお使いください。

湿地の保全活動を続けていらっしゃる横山さんには、プロジェクターを使って
写真や資料を観つつお話していただきます。

居間のテレビでは、葉山の真名瀬開発を食い止めた「知りたいかい葉山」の
カメラマン佐藤正治さんが撮影した美しい映像を流します。

利用料は大人・小人ともに1人300円、車は1台500円で駐車OKです。
(いただいた一部は保全活動に寄付します)
ただ駐車スペースに限りがありますから、車の方は事前にご連絡ください。
連絡は
takanashi@takaiku-n.com
までお願いします。

いったいどのくらいの方がいらっしゃるのか、
それが分からないので…ゆっくりのんびりしていただけるのか不明ですが、
腹ペコのみなさんのために、お食事を販売します。
今回、営業があるから参加はできないけれど参加したい!という飲食店さんより
おかずの鍋参加をいただいています。
また、出店の方もいらっしゃいます。

鍋参加
葉山 griot マレーシア風鶏のスパイシー煮込み
鎌倉 ソンベカフェ トムヤンクン
三浦 充麦 コロッケサンドほか
長谷 一花屋 カレー
大田区 カフェ油揚げ 大豆ひき肉のチリコンカン風
三浦 たかいく農園 葉タマネギと厚揚げの煮込み

出店
秋谷 岡くん 砂糖不使用のアンバーリンチョコレート
葉山 廣瀬SWAN珈琲
秋谷 タオカフェ マクロビスイーツ
横浜 焼き鳥屋いち 焼き鳥ほか
三浦 スーさん 三浦・三戸の海で獲れた鮮魚
千葉 みやもと山 玄米餅、平飼いたまご
三浦 マロくん オーガニックビール、寺田本家の自然酒・五人娘
三浦 たかいく農園 野菜

どれも数に限りがありますから、売り切れご免です。
ただお米はみやもと山さんの無農薬無化学肥料のお米を60kg用意するので、
おかず完売でもお握りに完売はない!はず。

お弁当・水筒ご持参でいらっしゃるのが一番間違いないと思われますが、
手ぶらで来ても何とかなります。
ゆっくり楽しんでいってくださいね。
(売り上げの一部は保全活動に寄付されます)

今回は早朝、みやもと山ふみちゃんと息子さんが駆け付けてくれます。
千葉県匝瑳市から!大型炊飯グッズ一式、携えて来てくださるんです。

匝瑳市にはゴルフ場がないそうです。
みやもと山のご主人が全て反対し、匝瑳市にはゴルフ場ができない。
その意識の高さ、ご苦労には本当に本当に敬服します。
見習いたいです。

有機栽培は、人間の都合でこれ以上自然を傷つけないために始まりました。
さらには周辺の自然も大切にしなければ、持続できないんです。
自分のため、人間のためだけでは本当は誰も続いていかない、その限界が
近づいてきている。それを肌で感じます。
時すでに遅し、と言わず、諦めないでやってみよう。
そう思ってこれからもがんばります。

当日、たくさんの方が手をつなぎに来て下さるよう祈っています。
[PR]
by takaiku-n | 2010-05-01 13:00 | イベント&出店