神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2007年5月11日 (金) 晴れ
穏やかな晴れ。強風が吹き荒れて被害があったとニュースになったけれど、そうじゃなくても風の強い三浦にあって、今日は穏やかだった。でも強風のおかげだろうか、夜は久しぶりにとってもクリアな星空が臨める。昨日は更新できず、申し訳ありませんっ。
昨日は湿気た強風、夕方前から宵の口まで土砂降り。予報通り。まだ日差しのある朝のうちに、予定通りピアノが到着した。アップライトながら通常のものより大きいらしく、広い我が家の居間にあってもどーんと存在を主張している。さて娘達はどんな反応を示すだろう?私は弾けないから、楽器としてよりインテリア的な要素に目がいき、カバーはどうしよう、裏の壁面をどうしようとそっちにばかり考えがいった。今までは南伊豆の友人より購入したネパールの織物を掛けていた壁。あれこれ試したところ、その織物をピアノのカバーに転用し、2階のホールに掛けていた絵を壁に掛けるのが一番合っているという結論を得た。壁に絵を掛ける用のフックを取り付けなければならないから、それは追々ダーリンにお願いすることに。で、2階に絵を掛けていた場所には、ずっと仕舞い込んでいた絵を引っ張り出して掛けた。その絵はそれまで掛けていたものと同時期に購入したもので、実家にいたころ以来、雰囲気に合わず飾っていないから娘達すら知らない。昔、仕事で付き合いのあったイラストレーターの個展で買った、イラスト的な要素の強いものなので、娘達が年頃となってみると不思議と室内にマッチした。とても気に入っていた絵なので、飾れるのはとても嬉しい。帰宅した娘達もピアノに感激し、さらには新しく目にした絵も大いに気に入った様子。作者もこの絵が今更日の目を見ているとは思いも寄らないだろうなあ、知ったら喜ぶだろうな。当時は著名なイラストレーターのアシスタントをしていて、その後成功した方なので、ネットででも調べて連絡を取ることも可能かもしれないな。ちなみに2階から居間に格上げされた絵は版画で、「ハッチポッチステーション」「夕方クインテッド」の人形のデザインをしている方の作品。ステキです。
今日は朝からマッサージの友人のもとへ出掛け、夕方帰宅した。調子の悪い私を気遣ってくれていて、ありがたい。一緒にかなり長い散歩をしたので、早くも足が筋肉痛に…。そして夜、上の娘の小・中学時代の仲良しが泊まりに来た。娘の嬉しそうなこと!明後日まで滞在してくれるので、明日の晩は何か美味しいものを作りたいです。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-11 15:10 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月9日 (水) 晴れ
晴れて暖か、というより暑い。でも真夏と違い、家の中はひんやりしていた。この家の1階が快適なのは、梅雨までのこの時季だけ。
下の娘のお弁当デーだったので、いつもより早起きして作った。娘はお弁当が大好きで、力作・非力作どちらだとしても喜んでくれるので作り甲斐がある。
昼前、マッサージの友人が来訪。いつも何かしらお菓子を作ってきてくれる友人、今日はシュークリームを持って来てくれた。美味しかった♪私も挑戦したいと思いつつ未だ実行できないまま。やっぱり向き不向きがあるのかなあ、友人は料理はそれほどやらないところをみると、料理と菓子作りは違うのか。
午後、ダーリンが友人に施術してもらっている間、どうにもだるくて私は休ませてもらった。でも調子は余計悪化し、晩ご飯の支度が辛かった。一方とても気持ちのいい夕方だったので、下の娘とセイゴはダーリンと犬達の散歩にのんびり出掛けた。戻ったセイゴは、ムクのリードをしっかり持って歩いての帰還。ムクはセイゴの指示ではなくダーリンの指示に従っているわけだけど、セイゴとしては自分ががんばっているつもりだ。最後の最後にムクがちょっと先走り、セイゴは転んで泣いてしまったけれど、そのくらいのことで「え~んお父さ~~ん」とはならなくなったのが逞しい。
保育園と犬の散歩でがっつり活動したセイゴは、9時前にはおっぱいを飲んで寝る寸前。おっぱいが十分ではなかったらしいセイゴにぐずられても「もうだめ」と突き放したら、セイゴは下の娘に泣きつき、そのまま娘のベッドにもぐり込んで眠ってしまった。いいなあ、この2人。9歳も離れた兄弟なのに、とっても仲良しだ。おっぱいを止めたら、セイゴはもっと娘に懐いていくだろうか。夕方一緒に遊べる時間があるのは娘が小学生のうちだろうから、あと1年半、兄弟らしい時間を過ごしてほしい。大人になったセイゴが幼児期を振り返って「姉に遊んでもらった覚えない」と思わないでほしいからなあ。それより「母に遊んでもらった覚えない」は可能性大。いいんです、役回りは人それぞれですから。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-09 15:11 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月8日 (火) 晴れ
晴れて暖か。いい気持ち。翌朝書いてます^^;;)
午後、上の娘を学校で拾って横須賀中央近くの合同庁舎へ。夏休みにオーストラリアに行くことになった娘、パスポートの申請が必要だった。自分の力で自分ひとりで行くんだと息巻いていたくせに肝心の下準備が何もできていなくて、国内の社会常識すらないのにどうするの?と思うわけだけど、知らないと怖いものがない。そこで「地球の歩き方」を買わせて読むよう言い渡してから1ヶ月は経過したかな。ここに来てようやく重い腰が上がってきて、まずはパスポートだと理解したらしい。住民票や戸籍謄本を取るところからとまどい、いちいちお金がかかる事に驚き、自分の知識と想像力の欠如を思い知りつつある娘。旅行代理店なる商売が成立するほど、個人で旅行を企画・遂行するのは面倒で大変なんだもの。それを社会を知らない子どもがやろうというのだから、下手をすると私が代理店と化す危険が大きい。それを食い止めるべく、出来るだけ手出し金出しはしないよう自分を戒めている。今日はついでがあったので連れて行ってあげたけど、保護者の署名が必要だったので行ってよかった。
ついでのひとつに車屋さんがあった。我らが乗用車はワンボックスタイプで、リアウィンドウの真下は死角となる。そこも見えるようにミラーをつけてほしいとダーリンに訴えていたのだけれど、ダーリンは自分が困らないものだから重い腰を上げてはくれなかった。でもセイゴを保育園に連れて行くようになると、その死角に園児がいないという保証がないのは文字通り命取りとなる危険があるわけだ。そこで再度訴えた結果、車屋さんに相談に行くことになったのだ。ところがいろんな事情が重なり、死角を消すには20万円近い出費が見込まれると分かった。それはどうだろう?人命には代えられないとはいえ…。その帰り道。ちょこっと買い物をする間、ダーリンには路上駐車して車内で待ってもらうことにした。そこでダーリンは車を歩道に寄せてバックしたところ、真後ろにあった低いポールにドカンと追突。まさに死角にあったそのポール、ダーリンは青い顔をしてひと言「子どもじゃなくてよかった…」。そう、これが怖いのよ~。タイムリーなプチ事故に、死角の恐ろしさを再認識したのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-08 15:12 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月7日 (月) 曇りのちときどき薄日が差す
予報ほどの天候の回復はなく、青空が臨めないまま日が暮れた。
GW中に納品してもらったタイルを今日、ようやく貼り終えた。暗く殺風景だった階段スペースはかなり明るくなり、よくなって嬉しい。それがそのタイル、カットしてもらったその仕上げがひどかった。オーナーは三浦の人ではないというのに、三浦で言うところの「とんちゃくない」タイプで、スペイン産タイルを扱うだけありラテン的おおざっぱな人らしい。カットの断面がガッチャガチャなのだ。それをそのまま納品できるんだから、気にならないんだろう。これはないだろう?と思ったけど、あまり細部が気になる場所ではないので諦め、でもそのせいでピタッと合わせることができず、それが悔しい。詰めの甘い仕事はいやだな…。今回はいい勉強をしたと思って今後に活かします。
セイゴは久しぶりの保育園を満喫したようで、迎えに行ったら満面の笑顔で遠くから両手を振って駆け寄ってきた。ずっとご機嫌だったみたい。娘達も元気&楽しそう。親としては何の問題も心配もない1日だったというわけだ。ダーリンも髪を切って男前が復活、ご機嫌だ。残るは私自身が復調するのを期待するのみ。早く寝よっ。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-07 15:12 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月6日 (日) 雨
朝っぱらからざあざあと夜まで降り続いた。こんなにまとまった雨は久しぶりだ。この雨で、ルビー色に完熟したサクランボはお仕舞い。発酵寸前まで熟した実はパンパンなので、みんな割れてしまうだろう。あっという間に終わりだな、まだたわわに実をつけているけれど、残りはヒヨドリさんどうぞ召し上がれ。
連休なので気にしていなかったけど、明日から普段の生活に戻るのだと思ったらセイゴの体調が気になる。洟の垂れ具合が結構すごい状態が続いていて、まるで改善しない。特に朝は、夜の間に溜まったらしき分がくしゃみと同時にどばっと出るのでぎょっとする。検温していないけれど多分、微熱も続いているように感じる。保育園を休ませるほどのことはないと考えているけれど、いやな感じだ。こうやって1年の半分を洟垂れで過ごすような数年間が訪れるということなんだろうか。それもいかがなものかと思うけど、もし投薬したら治るのかといえば絶対に違うと確信している。先日、耳鼻科で会った同じ年頃の男の子も、ちっともよくならなくてずっと通っているそうな。薬が弱い?とその子の母親は顔をしかめていた。そんなものだ。やがて抵抗力がついてくるのを待つしかないと信じ、出る都度拭き取ってあげるのが最善だと思う。
夕方、洗濯機の糸くずフィルターが破れていることに気付いた。どうにかしなくては明日洗濯ができず、大問題だ。そこでいつも利用する家電量販店に電話して在庫を確認したところ、置いていたので、すぐ買いに出掛けた。これ、かなり驚きだった。この類いの付属品は、取り寄せがほとんどだというのが今までの認識だから。ちなみに3件電話して置いていたのは1件なので、認識は間違っていないだろう。本当に助かったし、店の品揃えに感服した次第。
GWを過ぎると夏っぽい日が出てきて、蚊が出てきて、梅雨が視野に入ってくる。そのころにスイカの収穫が始まるんだ、もうすぐだわ。でも体調が万全ではない日々が続いているので、前向きにいろいろ期待できない今の状況。気温につられて運気も上がるといいけれど…ちょっと厳しい。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-06 15:13 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月5日 (土) 晴れ
晴れて風が強いのに霞が濃く、千葉は薄っすら、大島はまるで見られず。今日が本番の鯉のぼりは強風に煽られて高く泳ぎ過ぎ、早めの撤収となった。
午前中、渋滞を縫って買い物へ。三浦海岸でコーヒー豆、松輪で豆腐と油揚げ、いなげやで諸々。私は自宅より南方へはあまり行くことがないので裏道などは未だに知らず、手の空いたダーリンに連れて行ってもらえたので助かった。
松輪の豆腐屋さんは本当にのどかな田園地帯にあり、どうせ田舎ならここまで徹底してほしいものだと肯きたくなるような場所にある。おじさんが威勢のいい健康そうな方で、おじさんを拝見していると豆腐は健康食品だと実感できる。美味しいのでちょくちょく行きたいものの、ちょっと遠いし南方面へは足が向かないので、すごいご無沙汰となった。で、目に付いたのがおぼろ。冷奴を食べるつもりだったからおぼろに変更して買い、焼き豆腐と、油揚げをまとめ買いした。最後はおじさんの決まり文句「ゴマ豆腐は要らない?」ええ、おぼろがありますから。ゴマ豆腐はおじさんのご自慢なので、ちょくちょく行くならたまには買ってあげないとご機嫌を損ないかねない。次の機会に、いやその次かな。
午後、友人の植木屋一家がサクランボ狩りに来訪した。下の娘と先方のお子さん2名はさーっと外に出てしまい、嬉しくてのぼせたセイゴはぽつんと取り残されてしまった。その後も常に出遅れるセイゴは、一緒に遊ぶ気満々なのにうまく混じれず、1テンポ遅れて1人、みんながもう止めた遊びを反芻するという状況だった。それはそれで楽しんでいたんだろう、ぐずってまとわり付いてくることはほとんどなく、風呂は4人で一緒に入り、とても嬉しそうだった。そんなこんなで昼寝をし損ない、晩ご飯の後間もなく就寝。よく遊びました、お疲れさま~。
晩ご飯に、アサリの炊き込みご飯を炊いた。いや美味しかったこと、美味しいアサリとはこんなものかと唸りたくなる美味しさだった。作ったことも食べたこともないからレシピに忠実に作ってみたのもよかったのかもしれない。でもアサリ本体には全く味を付けずに最後に加えるのだから、新鮮じゃないと話にならないだろう。またもらえるといいな、アサリ。これで好物がひとつ増えました♪ そうそう、おぼろもすっごく美味でした。また明日もおぼろだけ買いに行こうかな。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-05 15:13 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年5月4日 (金) 晴れ
晴れて暖か、ちょいと湿度は高めかな。
4日も更新せず、お読みいただいている皆さま、本当に申し訳ございませんっ。一昨日は昨日の早起きに備えてとっとと就寝。昨日は終日出掛けていたので、セイゴを寝かしつけた時点で力尽き、顔を洗う余裕もなし。その前2日間は体調不良により更新不可でした。体調不良は続いているので、しばらく更新が不安定になる可能性高し…。せっかくセイゴが保育園に通い始めて時間的には余裕が出来つつあるというのに、皮肉だ。
昨日は遠出したので、ETCの早朝夜間割引を利用すべく朝5時に出発するつもりだった。それが5時25分となり、それでは6時に東名の横浜町田インターを通過するのは不可能と諦めた。ところが道路は順調、これはもしや?と期待したけれどインター通過は6時01分、ああ1分で割引を逃すくらいなら、がんばって2分早く出発すればよかった~と落胆。でも出口で料金を確認したら、ちゃんと割引が適用されていた。もしかしたら5分くらいの猶予時間帯を設けているのかもしれない。そうしないと「俺の時計では間に合っていたんだぞっ」なんていうクレームが絶対あるだろうからな。とにかくラッキーだったし、後で聞いたら昨朝は東名高速下り線、大渋滞だったそう。もしあの時間に出ていなかったら、割引はおろか目的地に辿り着くことすらままならなかったはず。早起きは三文を遥かに凌ぐ得だったのでした。
裏庭のサクラの木は毎年たくさんのサクランボを実らせる。甘くて美味しいので、ヒヨドリと分け合いつつ楽しんでいる。そのサクランボが今まさに最盛期。5日前にはまだ酸っぱかったのに、あれよあれよという間に完熟になった。下の娘に少しまとめて収穫させて娘のお友達の家におすそ分けしたら、お礼にアサリとメカブをたくさんいただいた。わらしべ長者になった気分♪ そのアサリ、ベイサイドマリーナに近いどこだかにツテがあり獲って来たものだそうで、純粋な天然物。潮干狩りできるところはアサリをまいている場合が多いらしいけれど、そういうニセ天然とは違う。小粒なのに実はしっかり入っていて、味も香りも濃くてとっても美味しかった。一部を酒蒸しにし、残りは蒸して殻を外した。明日は炊き込みご飯にしてみるつもり。こんなに美味しいアサリを食べたことがないので、アサリは好物というほど好きではない。なのでご飯に炊き込んでみようと考えたことはなかったし、外で食べたこともない。さてどんなお味に仕上がるだろう? タケノコ三昧の次はアサリ三昧、体調は悪くても新鮮な海の幸山の幸には恵まれているGWなのです。
[PR]
by takaiku-n | 2007-05-04 15:14 | ヨメの日記