神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2007年4月29日 (日) 快晴
昨日と打って変わって風は穏やか、湿度が低く快晴。ものすごくいい気持ち。大物の洗濯や布団干しなど、午前中は干しまくった。干す側から乾く快感、この時季ならではです。
昼から、晩ご飯のおかずを5時までにTっちゃん宅へ届けるため、調理にかかった。途中買い物へ行ったりセイゴを寝かし付けたりしつつ完了。タケノコ三昧、タケノコ尽くしの献立はまず、下の部分を豚バラ・うずら卵と一緒にこぶし煮、中央をかき揚げ、上の部分をワカメ・キュウリ・しらすと一緒に酢の物、姫皮を蜂蜜風味の佃煮、さらにバラ肉を下茹でしたスープでヒジキと大豆を煮た。以上5品、会心の出来映えナリ。折に詰めてダーリンに届けてもらい、喜んでいただけたとのこと。
Tっちゃん宅のタケノコは、昨年はたくさん出たけど今年はほとんど出ないんだそうな。表年と裏年があるんだろうか。どちらにしても、来年も是非よろしくです。で、我が家の晩ご飯もおかずはもちろん上記5品。食べ過ぎを抑えるためとアクを解毒してもらうため、ご飯は玄米を炊いた。いろいろ出来る炊飯器、嬉しいわ~。がんばった甲斐あってどれも美味、セイゴも驚くほど食べて足りないほどだった。前回同様、姫皮の佃煮とかき揚げは評判がよく、かき揚げは明日また作ってほしいとリクエストあり。幸いタケノコはまだ十分あるので、玄米で解毒しつつ、今だけの味覚をこの際満喫します。
大河ドラマを観てお約束の就寝タイムとなった下の娘、セイゴを従えて2階に上がった。しばらくして、私が台所を片付けてから上がってみると物音がしない。見たら娘が、自分のベッドでセイゴを見事に寝かし付けていた。おっぱいなしで寝かしてしまうとは、ダーリンですら厳しい。セイゴの信頼の厚さを改めて実感した。ベッドを移動させるときに目を覚ましてしまったもののおっぱいを少し飲んですぐにまた寝たので、私はとってもラクだった。どうせならセイゴのいつものポジションで寝かし付けてくれればもっとよかったけど、いや感謝こそすれ文句を言ってはばちが当たる。娘よ本当に助かったよ、ありがとう。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-29 15:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月28日 (土) 晴れのち曇りのち時々雨
午前中はかろうじて日が差したけれど、とにかくすごい風。洗濯は期待しないとしても保育園の布団を干したかったので、ちょっと残念。干しちゃいましたけど。
セイゴは午前中、午後としっかり昼寝した。ルーチンワークを重んじる男なので、朝はきちんと目を覚ます。保育園に通い始めてからずっとそうで、発熱の間も朝はちゃんと起きた。おかげさまで目覚まし時計は不要ナリ。今日も当然起きたけど、休みと分かったのかどうなのか、間もなくまた寝てくれた。保育園では緊張状態が続いていたであろう発熱前に比べると、通園の負荷は小さくなってきたようではある。
連休なので下の娘も在宅。上の娘は友達と横須賀中央へ出掛けてしまった。どこかへ出掛けようにもきっと混雑しているはずだし、天気も悪いし、体調も娘共々いまひとつ。というわけで家から出ることなく1日を終えた。
同じ地区の農家で、ダーリンが消防団で一緒の若いTっちゃんの家には竹林がある。お母さんを早くに亡くし未婚のTっちゃんは何でも自分でやるけれど、料理はさすがにまめではないらしい。そこでこの度、タケノコ料理を差し入れるという交換条件でタケノコを所望したところ、快く掘って届けてくれた。晩ご飯の後に早速茹でたので、明日調理してお届けしなくては。いやあ嬉しい、新鮮な新タケノコが2回も食べられるなんて♪ Tっちゃんはこってり味が好きなので、豚バラとのこぶし煮を作る予定。悪くない取引だと思う、これで毎年掘ってくれるようになると大変ありがたい。私の腕にかかっているわけだわ、がんばろっ。
昨日の帯雲の結果かもしれない地震があちこちで起こっている。大きいのが起こらずに、そこそこの規模のやつがたくさん起こってくれれば、ストレス発散となるかもしれない。でも大きい地震の前は小さめのが相次ぐらしいから、やっぱり油断は禁物。お出かけを予定されている方は、心の片隅に置いてください。バッグにはペットボトルのお水を忘れずに。折り悪くそろそろ大潮で、満月が5月2日。月の引力がトリガーとなり、地震が起こるという説があるのです。一方、スイカの花も月に誘われたか咲き始めている。スイカも私も地震も地球の営みだけど、スケールが違うと実感沸かないなあ…。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-28 15:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月27日 (金) 晴れのち曇りときどき晴れ
朝は快晴だったものの、だんだん雲が増えて日中は曇り。そんな朝早くから、シャープな帯雲が大規模に東西に流れていてどきっとした。昼過ぎ、太陽に大きくてはっきりした日暈がかかり、それはそれは不気味な美しさ…。3日以内くらい、また地震が起こる気配。特に西日本の方、備えてください。
セイゴは元気に登園。帰宅後はダーリンと耳鼻科に行き、途中の車内で少し寝たのが幸いしたか、久しぶりに、眠くてぐずることなく美味しく晩ご飯を食べ、風呂に入ってくたっと寝た。これでつねっても起きなくなれば満点。おっぱいを止めるまではそれはないだろう、そろそろおっぱいバイバイのカウントダウンに入ろうかどうしようか。ビールも飲まなくなって2年以上が過ぎ、飲むのを忘れている。だからおっぱい止めたら飲めるぞ~という気分にもならないし、断乳後太るのは間違いないから、ダイエットの覚悟が出来ないと止められない。ある日突然、セイゴから「もういらない」と止めてくれれば一番助かるというものですが。
午後、aveに行った。ところが買うつもりで探したものが売っていなかったのには愕然とした。過去の道具になっていたのか…というのは竹ザルです。あれ、葉物を茹でた後冷ますのには不可欠なのだ。私が使っているものは10年は経っていると思う、大中小の3個セットで買った覚えがある。小は数年前に壊れてしまって、今は中と大。そのどちらも壊れて箕のようになっていて、いくらなんでもそろそろ買い換えないとと思っていた。当たり前にスーパーで売られていると信じていたのに、ショック…。となるとあれは工芸品か?高級品しか手に入らなくなっているのだろうか。大根の鬼おろし用おろし器とか、鰹節の削り器なんかと同様の扱いになってしまったらしい竹ザル、何だか寂しい。
木製の、特に竹製の調理器具は優れています。私は調理に金属やプラスチックのヘラは使いません。菜ばしも木でしょう、まな板も木。落し蓋も中華蒸篭も木製。使い勝手の良さや耐久性、どれをとっても木製の勝ちだ。もちろん最先端の調理器具も使いますが。
今の日本は衛生感覚がどんどん極端になっているから、漂白できたり、汚れが入り込まない材質に変わっているのだろう。でも一方、食品の薬剤には過敏だ。これって、すごく現代的な矛盾です。野菜は無農薬がいいと思いつつ、まな板をハイターで漂白・除菌するのは、正しいようで矛盾していると思う。現代の衛生感覚はある意味自然と敵対しているということ、真面目に考える必要がある気がします…。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-27 15:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月26日 (木) 晴れ
目が覚めたときにはきれいさっぱり晴れ上がり、こうなると洗濯欲が沸く。セイゴも元気に登園したので、こんちくしょ~とばかりに掃除・洗濯した。今日1日の晴れではないようなので大物は明日以降に回したら、昼過ぎには干上がった洗濯物を取り込んで片付けて完了。跡形もないじゃん、洗濯しなかったかのよう。とてもいい気持ち。
かれこれ10年以上前から育てている(というか何もしていないんだけど)サンスベリアが枯れ果てそうになっている。私は最近はっきりしたことながら植物や自然との対話が苦手らしく、そのせいか植木を買ってもことごとく枯らす。サンスベリアはその強靭な生命力で私の手元にいても増えていたのだけれど、三浦に来たときに植え替えて半分以上を処分したこと、この家は日当たりが悪いこと、冬場寒いことが災いしてしまった。さらにセイゴが鉢植えをいたずらするので居間から非難させたところ、人気のない廊下がよほど寒かったか寂しかったか、朝日だけは当たる場所なので当家の中ではいいロケーションだというのに力尽きたようだ。このままでは見殺しにするも同然、セイゴもそろそろ植木鉢の土をいたずらしなくなったはずなので、瀕死の鉢植えを居間に戻した。さてどうなるだろう?長年の付き合いから私でも感じていることは、サンスベリアは賑やかな場所が好き。TVの音でもいいみたい。居間の窓際はTVも近いので、復活してくれるかも…水もあげますから。
午後3時近くになってようやく、タイル店のオーナーが来訪してくれた。結局事前にみんなで話した通りが一番だったので、施工の話はそこそこにお茶も出さずに茶飲み話をして終わった。とても大きな変化の多かった方のよう、裕福の上に成り立つ波乱万丈というところか。聞くほど優雅ではないのかもしれないけど、いいなあ、うらやましいなあ。…とても明るくておおらかで力強い感じの女性なので、妬んでないでそっちを見習うべきですな。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-26 15:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月25日 (水) 雨
昨日はほとんど曇りか小雨、今日も終日小雨がぱらつく。日が暮れてから雨は上がり、現在は星がひとつ見えている。気温も少しは上がった感じ。明日は暑くなるらしい。
セイゴは昨日、かろうじて36度台に熱が下がったので保育園へ。予想通り元気に遊んだようだ。そして引渡しの時も笑顔で私に手を振った。ブランクは感じなかった。やっぱり発熱していた6日間で、情報の処理が終わったらしいぞ。そして今日も保育園に行ったら、にやっと笑いながら私に手を振った。当分は元気に通えそう…そしてかわいかった二重瞼は、それまで通りの一重に戻ってしまいました。
昼から美容院に行き、その帰り、国道134号から三崎方向に県道を進んで間もなくの右側にあるスペイン産タイルの専門店に行ってみた。出来て間もないお店で看板もない。美容院で話を聞いたのは先月のこと、看板がなくて探してもわからなくて行かれず仕舞いだった。葉山のマダムがこちらに自宅兼店舗を建てたらしい。庭からは小網代の森が広がり、その先は相模湾という景観。大渋滞する引橋交差点からすぐなので、ここに住みたいとは思わない場所なんだけど。オレンジの外観の南欧風邸宅。まさかお店とは思わなかったな。
全てスペインから直輸入のタイルなので、素敵だけどとてもお高い。ちょっとどこかにタイルを貼ろうとすれば、数万円はかかってしまうはず。でもタイルは憧れで、我が家の暗くて忍者屋敷並みの急階段の立ち上がり部分に明るい色を貼り、階段のイメージチェンジを図りたいと思い立った。それだけだって1万円じゃあ収まりそうになく、さらに上下階の洗面台に細長いのを1列貼ったら、やっぱり数万円に至りそう。でもやるんだ。少しでも明るく居心地のいい家にするぞ♪早速明日、店のオーナーにお運びいただき、今日みんなで考えた施工案を聴いてもらうことにした。さていくらになるだろう…。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-25 15:17 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月23日 (月) 曇り
セイゴは今日もお休み。未明に大ぐずりしたせいで、午前中は私も不調でとにかく寝る。
ここまで引っ張って、はたと気付いた。年末とパターンが似過ぎているのだ。これは単なる体調不良ではなく、成長の一段階かもしれない。年末の高熱10日間は、一時保育というセイゴの人生最大の試練を乗り越えた途端に発生した。今回はその次、保育園に毎日通うという試練を受け入れ、朝泣かずに手を振れるようになったその日に発生。耳鼻科には今日も連れて行ったけど、鼻詰まりもたいしたことはなく、喉も赤みが引いているようだ。つまりたいしたことはない。まあ発熱も暮れに比べれば低いけど、長引いている理由は風邪ではなく「疲れ」ということなのだろう。ひと言で疲れと言うと簡単だけど、この5日間家にいて、セイゴはすっごく変わったと感じている。いや育ったと言った方がいいか。これだけ短期間にぐんっと育ったのでは、さぞ疲れただろう。よくがんばっているね。
分かり易いというか反応が出易いというか、単純なのは男の性分でしょうか。今夜は熱は上がっていないようなので、さて明日はどうなるかな?楽しみというか何というか…。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-23 15:18 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月22日 (日) 晴れ時々曇り
雲の多い晴れ、でも引き続き強風が吹き荒れ、洗濯物は外へ出せず。
セイゴは元気一杯、でも高熱が続いている。38度台。就寝直前はほぼ39度あった。明日も保育園お休みか…。年末に熱を出したときもゆっくりと上がって結局40度だったけど、似たようなパターンを感じる。やだな~。
熱があると瞼が二重になるセイゴ、ここ数日は両目共に二重瞼のかわいいお顔。「ずっとそのままならいいんだけどね~」なんて娘達にも言われちゃって、体調不良とセットでなければもちろんその方がいいと私も思う。
晩ご飯に、炊飯器のお手並み拝見というわけで玄米を炊いてみた。さすがにガスで圧力鍋を使って炊く方がもっちりして美味しいけど、十分イケる。脂っこいおかずも要らないし、よく噛むから量も少なくて済む。経済的健康的なことこの上ないのは分かっているけれど、今のところまだ日々玄米食という気にはならないな。おかずが貧弱な日は玄米という感じでいってみます。
食事はヘルシーだったのに、食後に大竹農園のイチゴをマスカルポーネ、ラズベリーソース、さらに今日は蒸しパンみたいなのをちぎって一番下に敷いた豪華高カロリーデザートを食べてしまったので、相殺されて余りあった。みんなが大皿にせーの!でスプーンを伸ばすので、戦いに近い様相を呈す。セイゴも気持ちだけは負けていないし大好きなのでよく食べる。どうやら5月に入ってもイチゴは手に入りそうなので、この戦いはしばらく続けられそう。最近2キロ体重が増えた原因のひとつになっているとすれば、自重すべきかとも思うけど…体調不良でも太る、この現実。中年以降は、代謝が落ちると痩せずに太るという悲しさ。ああ無情。
大河ドラマを観ていたら、セイゴは怖いらしく呼んでもTVの前に来なかった。先週はどうだっただろう?気にしていなかったはずだなあ。ドラマの内容的には似たようなものなのだから、雰囲気で怖いと感じるようになったのはごく最近ということになる。能や狂言などの言い回しを怖がるのは以前からあったけど、さらに理解度が増したのだろう。で、その後のニュースで統一地方選挙後半戦の結果をやっているのを観て、一緒に万歳していた。この万歳、当選者の事務所からの中継以外で見ることはなくなったなあ。なのに幼児に教える芸に万歳が入るのは、近頃では老いた私くらいでしょうか。衣服を脱がせるときに便利だから教えちゃうんだけど、実は死語?
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-22 15:18 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月21日 (土) 晴れ時々曇り
晴れのような曇りのような、ずっと強風で今もゴウゴウ唸っているけれど、湿度が高くて洗濯物はなかなか乾かず乾く前に汚れたみたい。ちっ。
セイゴは未明に39度を軽く超える高熱が短時間出たらしく、寝ぼけた状態で辛そうに泣き喚き、今朝まだ38度代ながらちょっと抜けたみたい。昼前、下の娘も喉が辛そうだったので2人まとめて耳鼻科へ連れて行き、そのまま買い物へ。帰っておとなしくしていろと叱られそうですが、セイゴは元気が余っているので多少は疲れさせないとこちらが持たない。で、2時過ぎに帰ってからセイゴを昼寝させようとがんばったものの、ちっとも寝ようとせずに寝たのはこちらばかりなり。熱が下がったわけではないのに、なぜ?仕方がないので夕方ダーリンが犬達の散歩にセイゴも連れ出し、ようやく寝たら今度は起きない。9時ごろ、無理矢理起こして晩ご飯を食べさせる。
晩ご飯に、タケノコを豚バラ肉とウズラの卵と一緒にこぶし煮にした。これが食べたくてタケノコを待っていたようなもので、あっさりした新タケノコを最高にこってり食べるこの献立、毎年1回は是非やりたいのだ。こってり味が好きなダーリンは、こうなったら自分でタケノコを掘って来ようと思い立ったらしく、竹林のあるご近所で頼めそうな家を検討し始めた。我が家にも竹薮はあるけれど、そこは孟宗竹ではなく真竹なので、細い破竹のようなタケノコしか取れないそうだ。以前住んでいた団地の敷地が竹薮に面していて、時季が来ると娘に掘って来てもらい、オーブントースターでそのまま焼いて食べたものだ。掘り立てはアクがなく、柔らかくて美味しい。細いタケノコもそうやって食べると美味しいらしいから、今年は我が家の真竹も炭焼きにして食べる予定。6月くらいになるそうなので、しばらく先ですが。やっぱりこの年に1度の楽しみのためにも、山椒の木を植えるべきだわ。あれがないと木の芽和えが出来ないもん。大き目の苗木を植えれば来年から芽が使えるだろうから、今年植えよう。いっそのこと孟宗竹も植えるか?いや、それだけは止めておきます。
9時からTVで放映した映画「海猿」2作目を観た。下の娘もどうしても観たいと言うので特別に夜更かし許可。私は風呂、上の娘は部屋で何だかんだ、ダーリンはセイゴにご飯を食べさせたりというわけで、がっつり観たのは下の娘のみ。でも後半は全員が集合して観た。有り得ないでしょう?という内容だから多少はシラケつつも、「ハルマゲドン」よりずっと現実味があって楽しめた。下の娘は手に汗握り、食い入るようだった。途中で入れるチャチャが妙に冷静でおばさん臭く、下の娘のリアクションを聞くのがまた面白かった。一方セイゴも切迫したストーリー展開が分かるらしく、私や下の娘にへばりつきながら彼なりにマジで観ていたのが笑えました。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-21 15:19 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月20日 (金) 晴れ 午後になってときどき曇り
うーんまた更新できず…朝が早いと夜も早い。ならいっそのこと翌朝書けって気もしますが、一夜明けると温度が下がるんですねぇ。よっぽどエキサイティングな1日を送ったのなら翌朝くらいが文字に起こすいいタイミングかもしれませんが、こうも平坦な日々だと、翌日じゃあ思い出すのも苦労する。それは老いのせいもあるか。というより、まだ生活のペースがそこまで追いつかず…。
昨日は発熱でセイゴは保育園お休み。熱は徐々に上がるものの38度そこそこで、その程度の熱ではぐったりしないセイゴに振り回された。私もいい調子とはいえなかったので、出来るだけ一緒に寝ようとするもののセイゴが付き合ってくれず。
今日は下の娘の遠足だったので、さらに早起きしてお弁当作り。セイゴは昨日よりさらに少し熱が高く、それでも38度台を推移した。元気だったけど、さすがに病人だけあって今日はよく寝た。就寝もすんなりで、先ほど目を覚ましたとき、かなり高熱が出ているようだったから、ようやく39度台に入ったのだろう。毎度お馴染みの40度まで上がらなければ治らないのだろうか。それならいっきに上がっちゃってよ~。年末はたしか、上がり切るまでに1週間近くかかったっけ…。
午前中に耳鼻科に連れて行ったおかげか、単に熱が上がって水分が不足しているせいか、鼻水は減っているので寝苦しそうではない。早くよくなってね、お互いのために。
近所からタケノコをいただいたので、下茹でした。暖冬のせいだろうか、昨年に比べて細長い気がする。柔らかさは問題ナシ。さてそこで、念願だった炊飯器を買いに野比の家電量販店へ出掛けた。セイゴ発熱だけど、病院へ行くよりラクですから。我が家の炊飯器は壊れているわけではないけれど、炊き込みご飯がうまくいかず、普通の白米すら美味しく炊けなくなっていたので、この際玄米だって炊ける最新型を買おうと決心した矢先だったのだ。そしてやりましたタケノコご飯、でも味付けと水加減に失敗したので、炊飯器がどうなのかは分からず…。感覚がまだ掴めないから仕方がなかったかな。白米だの玄米だの、明日以降あれこれ試して楽しみます。やっぱりお米が基本、おいしいご飯を食べよう!
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-20 15:19 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年4月18日 (水) 雨
またもや更新できず2日…。開いてくださった皆さま、申し訳ありませんでしたっ。
月曜は保育園にセイゴを引き渡したころに雨が降り始め、その後は断続的に降り続けて今日で3日目。昨日は夕方から私はまた具合が悪くなり、今日の夕方までこちらも断続的に横になって過ごす。低気圧は敵だ、それにしても最近は体調不調が多い。セイゴが日中不在になってやりたかったことができるようになり、懸案事項のトップにランクしていた掃除関係は随分進んだ。でも体調が悪くては何も出来ない。どうも年末からよくないなあ…。そしてセイゴも本日午後に発熱、明日はお休みすることになるでしょう。ついに来たか、でも40度ではなく現在のところまだ38度台前半。これから上がるのか、でも上がるときは早いのが今までのパターンなんだけどなあ。保育園ではだるそうにしていなかったから引取りを依頼しなかったとのこと。そりゃあ37度台なんて屁でもない子ですから。熱に強い利点は発熱自体での消耗が少ないこと。体が発熱してリンパの戦いを後方支援している最中に消耗が少ないということは、戦いを終えたあとの回復が早いということだ。今回がどんな感染症なのか分からないから、明日以降どんな症状になるのか読めないけど、そう重くはなさそう。入園して今日まで、休まずによくがんばったと感心するくらいだから、今週一杯休むくらいがちょうどいいのかもしれない。
昨日セイゴの身体測定があり、体重がようやく10キロを超えていた。1歳半、下の娘とだいたい同じペースだな。他の子と混ざっていると同じように見えるから、身長も平均的だろう。言葉もだんだん日本語っぽくなってきた。もちろん何を言っているか分かる言葉はまだ少しだけど。今一番上手に使える言葉は「あーあ」。何かを落とした時に使っている。でも落ちちゃった時に使ってほしいんだけど、故意に落としても使うのでムッとくる。ベビーカーから靴を落として「あーあ」、テーブルからスプーンを落として「あーあ」。拾えという意味だと解釈しているらしい。「ねんね」にしてもおっぱいをほしい時に使うところをみると、何かをしてもらうための言葉を獲得するのが最初だということのようだ。こちらとしては「お母さん」とかを最初に言ってもらいたいわけだけど…。自分で出来ることが少ないのだから、当然といえば当然か。
下の娘は新しいピアノの先生のところへ通い始め、今日で2回目。楽しいと喜んでいる。そしてもしかしたら、我が家に本物のピアノがやってくるかもしれない。先生宅のご近所で、不要のピアノを処分したいと言っているそうなのだ。中古だってピアノは高く売れるし、古いと返って材質が今よりいいから、中古ピアノの方が人気がある場合だってある。その辺りの事情をご存知ない方なのか、業者に売るのが面倒臭いのか、タダでいいらしい。菓子折と移設費用で済むなら、是非いただきたい。毎年の調律費用もかかるけど、安い電子ピアノで練習を続けることと比べれば雲泥の差だ。いやあ実現したらすごいぞ♪しっかり練習して活用してくれぇ。
[PR]
by takaiku-n | 2007-04-18 15:20 | ヨメの日記