「ほっ」と。キャンペーン


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2007年2月28日 (水) 晴れ
晴れて風が強かった。
日帰りでウーファーSちゃん来園。横浜の中心部に住んでいる方で、横浜北部にある農園でときどきアルバイトしているのだという。ときどき来てくれるCちゃんとお友達とのこと、なるほど同じ雰囲気をもった、血がサラサラしていそうな方。聞いてみるとやっぱり肉は食べないそうで、マクロビオティックではなく動物愛護寄りの理由からだそうだけど、マクロの実践者とも通じる、肉を食べない人特有の雰囲気がある。脂ぎったところがなくて、滞りがなく、無駄な重さがないという感じ…。とってもうらやましいんだけどダーリンにも私にもそうはなれない。肉、好きですから。
N田さんも来てくれていたので、お昼ご飯に誘った。N田さんは当園で会うウーファー達にいつも驚くそうで、何より自由さを感じるとのこと。うん、確かにそうです。社会や常識の枠に囚われない価値観や生活スタイル、それを実践するパワー。そのエネルギーの源に肉がないというところが面白い。イメージ的には逆で、肉にはパワーがありそうだからなあ。実際パワーがあるんだろうけど、それを人間が自分のエネルギーに換えるには大きな負荷がかかるということなのかもしれない。だから私達、無駄に重くなるのかも…。そういえば私の生活に無駄、多いです。
N田さんをまたまたお引止めしておしゃべりした。最近、頭の中がもやもやしているのをスッキリさせたくて言葉に出すチャンスを見つけるとしゃべりまくるので、捕まった方は迷惑だろう。先般久しぶりに脳みそをフル回転させたから、底に沈んでいた様々な断片が浮遊し、雑然と散らかっている。今のアタマの中はそんな感じ。何本か見極めたいラインがあり、それぞれがどうリンクするかもまだ大きな問題で…抽象的でわかりませんね。
2月は短い、もう終わるんだな…。月が替わるとツキも変わるという話もあります。3月はあまりゴタつかないことを願いまーす。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-28 18:01 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月27日 (火) 晴れ 夜遅くになって雷雨
穏やかに晴れて日中は暖か。夜、猛烈な雷に驚いた。雨は断続的に現在も降り続いている。
友人がダーリンのマッサージに来訪。ネイルの技術も身につけている友人は、今日は色々持ってきて、ダーリンの施術後、上の娘にペディキュアを塗ってくれた。淡いサーモンピンクにサクラの模様が散りばめられている。春らしい、かわいらしい仕上がりに娘は大喜びだった。最近沈んでいた娘を気遣い、慰めてくれたのだろう。娘よ、感謝しなさい。アンタの母親はイスラム原理主義みたいな強硬手段に打って出るけど、その一方で、こんなに暖かく控えめな励ましをくれる味方もいるのよ。娘は今週、期末試験ナリ。みなさんの心遣いに応えるべく、せめて勉強はちゃんとするように。…と言っても馬の耳に念仏か。
定期的にお手伝いに来てくれていたM君、就職活動に専念するため、とりあえず今日が最終日となった。今までありがとう、がんばっていい仕事を見つけてね。振り返ると、M君に供した晩ご飯の味噌汁は、かなりの割合で白菜だった。下の娘とセイゴが毎日でも文句を言わないくらい好きなので、ついつい回数が多くなった。その白菜もそろそろ終了。食べたくても作れなくなると思うと寂しい。サラダ風浅漬けも好評だったので、なくなるまであと少しの間、あれこれ楽しんでおきたいです。
セイゴは一時保育。連れて行ったとき、新年度からの入園が決定したことを知らされ、思わず万歳した。4月、ようやくセイゴにお友達が出来ることになるんだ…感慨深いなあ。同世代との関わりの薄い生活ともおさらばするわけだ。きっとまた変わるんだろうな、生意気な口を利いたりするようになるかな。どうあれ楽しみだ。そして私も、育児一辺倒の生活から開放される日が来る。まず1番にしたいのは、以前住んでいた町に出かけてお姐さんとランチです。こうなったら春よ来い、早く来いっ。でも待てよ、春から私は何をするんだろう?
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-27 18:02 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月26日 (月) 晴れ
晴れ。洗濯物や布団が気持ちよく干せた。
滞っている家事はなかなか片付かない。日々溜まるものだし、広いし、旅行後だし、セイゴはぐずるし…と理由は数え上げればいくらでもある。だからといって汚いまま、散らかったままを容認できないので、落ち着けない状態が続く。つくづく、家事は溜めるべからずと思い知る。は~。
セイゴには蜜蝋のクレヨンを買ってあげてあって、お絵かき帳もある。セイゴはそのクレヨンが掃除機の次くらいにお気に入りなのだが、最近、それをいろんなところに仕舞い込んでくれるので、片付ける時1色、2色見つからない。本人に尋ねても当然知らぬ存ぜぬだから探すしかない。少し前までは落ちているのを拾えば済んでいたものを、引き出しや家具の裏やゴミ箱の中など探しまくり、今日はとうとう1色、見つからないままとなった。気になるんだな~こういうのが。そのうち出てくるさ、と思えないタイプのものなのだ。きちんと掃除をした暁には出てくるかもしれないと思えば尚更、家事の滞りが腹立たしい。
昨日Nちゃんから戴いた中に、肝心なものを書き忘れました。それは青パパイヤ。奄美大島ではどこにでも育って実を結ぶので、ちっとも大切にされていないんだそうだけど、この辺りでは買おうと思っても手に入らない貴重品だ。昨日は半分をベトナム風のサラダにしたら大好評だったので、今日も残り半分をサラダにして平らげた。味はほとんどなく、繊維質でゴボウといい勝負。なのに千切りにして味をつけると、たまらなく美味しい。ダーリンと上の娘に特に好評なので、また食べたいけど売っていないからどうしよう。Nちゃんのお母様にお願いし、三浦野菜と交換で送ってもらおうか?と考え中です。
まだ2月だというのに、ついに桃が開花した。例年なら桃は2月下旬に枝を切り、暖かい室内に活けておくとひな祭りに開花する。今年はその必要がなく、桃の節句にちゃんと咲いていることになる。本来のひな祭りは旧暦なので、今年でいえば4月19日。ひと月半も早く季節が進んでいるわけだ。三浦大根も葉の付け根に蕾が育ってきたから、来月に入ったら大根畑は薄紫の花畑に変わるだろう。複雑な心境…。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-26 18:03 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月25日 (日) 晴れ
晴れて強風。午後からは少し治まる。
3日間、北信州へ行って来ました。初日は快晴。千曲川を挟んで斜め前方に我らのホームゲレンデがよく見えた。暖かくて雪質は例年の3月下旬並み、予想より混雑していたのには驚いた。大学生が休みということかな。規模は小さめながら中・上級者向けのコースが多いことで知名度の高いゲレンデだというのに、いるのは下手くそなボーダーばかりだったのにはがっかりした。そこで座ってるんじゃないっ!と叱り飛ばしたくなるようなモラルの低さにもまた呆れるばかり…。私は後ろから制御不能の暴走ボーダーに激突され、危うく大怪我をするところだった。でもなぜか無傷。
暖かさに油断し、薄着にさせすぎたせいで夜には洟垂れ小僧になってしまったセイゴ。2日目の夜にはまた高熱を出し、3日目は雪だったので私と2人ホテルでお留守番だった。ホテルがチェックアウトを昼まで延ばしてくれたので、午前中しっかり眠ったおかげかセイゴは熱が下がり、鼻水と咳以外は元気そのもの。その間ダーリンと娘達は、足手纏いがいない分しっかり楽しんだ。
下の娘は上の娘に最上級コースに連れて行ってもらい、しっかり降りられたことで少し自信を付けた様子。リーズナブルでアットホームなとてもいいホテルだったことが何より幸いし、おかげさまで全員大満足の3日間となりました。
今日は昼前に元ウーファーのNちゃんがボーイフレンドを連れて来訪。旅行後のごった返したままの室内でも、楽しくおしゃべりできたし、畑のお手伝いもしてくれたし、賑やかにご飯を食べられてよかった。
N ちゃんは実家の奄美大島から送ってもらったサトウキビとタンカンをお土産に持ってきてくれた。竹科だというサトウキビ、ナマの姿は初めて見ました。その皮を歯で裂くようにぐるりと剥き、内側の繊維を噛むと、綿アメそっくりの甘みが口一杯に広がった。ああこれが砂糖になるんだ、と実感できました。砂糖に加工する以外は、噛んでエキスだけ味わうか潰してジュースにするしかないとのこと。試しに煮物に入れてみようかと思う。エキスが出て、いい甘みがつくだろうか?糠床に入れてみたらどうかな?糠に砂糖は聞いたことないけれど、サトウキビなら問題なさそうな気がする。タンカンの皮も糠床に入れるつもりです。
日曜夜8時は大河ドラマ必見の私達、食後はTVにかじり付いたまま、ロクにご挨拶もせず送り出してごめんなさいっ。また是非来てね。明るく元気でたくましいNちゃんが、今日はさらにキラキラして見えました♪
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-25 18:03 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月21日 (水) 晴れ
穏やかな晴れ。
朝1番でセイゴを一時保育に預け、美容院へ。スタッフの1人が今月末で辞めるので、その方に会うのはきっと今日が最後になる。私は地元に友達がいなかった分、美容院はいい気晴らしの場なので、スタッフの皆さんにはとても親近感を感じている。その中のお1人がいなくなるのは寂しい。でも独立するということなので、是非がんばってほしい。で、お別れを言っていたら店主が「コイツもうここに来ることはありませんよ。そんな暇ないだろ?」と冷やかした。自分も独立してまだ数年、いかに大変かを物語る重みのある言葉。一緒にがんばってきて、また10年来の友人でもあるその2人は、当分会うことなくお互い別々の場でがんばることになるんだな…。20代30代はそんなものですね。女性も家庭に入ると、出産や育児で古い友人とは距離の空く年代。人生で最も進み甲斐のある上り坂でもあるわけで、すでに上り終えてしまった私としては、いいな~うらやましいな~~とちょっと思うのでした。
明日から 2日間、上の娘が入試関係で自宅学習となるので、北信州までスキーに行ってきます。ETCカードは2枚用意済み。それを駆使して割引をフルに使い、高速料金を節約します。検討したところ最も効率よくドライブするには、朝6時前に関越自動車道の練馬インターを通過すること。つまり4時には出発しなくては。というわけでダーリンも子ども達もとっとと就寝、私はこれからまだおにぎりを握ったり自分の荷物をまとめたりするので、今夜は寝られそうにありません…。
次の更新は日曜になります、行って参りますっ。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-21 18:04 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月20日 (火) 雨
雨の1日。本来の2月らしい寒さのなか、灯油のストックが底をつきかけていたことに気付いて青くなった。暖かい日が続くと、こんなことも忘れちゃうのかな。幸い三浦市農協組合員である我が家は、農協に電話1本で灯油の配達をお願いできる。時間が遅くなったため配達は明日になるけど、それまでは何とかもつので大丈夫。
午前中からセイゴは一時保育。雨だから外遊びはできないけど、だからこそ家にいたら退屈してぐずりまくるはずなので、大いに助かった。今やセイゴは、にっこり手を振って私を送り出せるようになり、本当に安心だ。今日はその間ヒーリングへ。ここ最近の事件の影響はいい方に出ているようで、胃の状態が悪いほかは調整が進んでいるみたい。生命エネルギーの話を書き始めたらきりがないので止めますが、エネルギーの調整にご興味がおありの方はご連絡ください、ご紹介します。ちなみに「オーラの泉」(観たことないけど)とはかなり違います、念のため。
むしゃくしゃしている上の娘をもぐら叩きに連れて行ってあげる約束が発展し、娘の友達も含めて、例のごとく家族みんなでどやどやとゲームセンターに出かけることになった。下の娘は連れて行ったことがなかったので、かなり喜んでいた。ダーリンは敢えて行かないけど嫌いじゃないらしく、あれこれ楽しそうだった。でも肝心のもぐら叩き系はなかったので、ちょっと残念。
上の娘は昨晩遅くまで泣き喚いたりめそめそしたりとぐずっていて、今日は寝不足で半分死んだような顔をしている。ずっと親に甘えることなくがんばってきた上の娘、家庭環境が安定したことと新天地に馴染めないことに加え、今回の事件もあって、小さい子のように駄々をこねて私に甘えている。弟が生まれたことで、15歳だって赤ちゃん返りがあるだろう。知能が発達している分だけ複雑に入り組んだ形で表面化している一方、ぐずって駄々をこねてみるという幼児並みの手段にも挑戦しているかのようだ。抱え込んだまま大人にならずに済むなら、今のうちに散々甘えてくれればいい。最近ようやく、本気でそう思えるようになった。エネルギーの調整が進んでいるおかげかもしれない。私にとっては目に見える大きな進歩です。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-20 18:04 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月19日 (月) 曇りのち晴れ
晴れたのは昼。午前中は寒かった。
昼前、PTA役員の方と一緒に高校へ。まだしばらくは行く必要がありそうで、その後はPTAの活動をするために行くことになりそう。上の娘が今後2度と不利益を蒙らないためにも、できる協力はしなくては。ま、楽しいPTA活動が出来る日はもう少し先になります。
下の娘の金魚の糞であるセイゴ、娘の言葉も真似するようになった。最近は男の子らしくなってきて、えばったような素振りや乱暴な仕草が目立ってきているので「そのうち変身!とかやるんだろうね」と話していて、下の娘がいい加減に「変身!」とやったら早速セイゴも「ヘーン…」と真似して大喜びしている。カッコいいポーズをとりたいのって、男の本能だったのね~。間もなく働く車に夢中になり、その先には戦いごっこが待っているだろうか。戦いはハリー、あんたが相手しなさい。
夕方は下の娘のピアノの送迎&aveで買物。日が長くなってきたことを実感するのがこの時。毎週同じ時間に同じ場所へ行くのでよくわかる。先週くらいから、レッスンが終わるまで、先生宅の前の公園で遊べるくらい明るさが残っている。本格的な寒さのないまま冬が終わるなんて信じられないけど、日は伸びているし、庭の桃の木も蕾が膨らんでいるし、梅は満開だし、冬は来ないで終わるんだ。ああ、物足りない…。とはいえ、こうなると春が待ち遠しい気がしないでもない。
その春になったらセイゴは保育園に入園できるのか?通知がまだ来ないこと、そろそろ気になるなあ。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-19 18:04 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月18日 (日) 雨のち曇り
昨夜から降り続いた雨は昼ごろには上がり、薄日が射すほどに回復した。
接ぎ穂当日は晴天で暖かく、翌日以降は曇り空。これは接ぎ穂にとって、なかなかいい天候らしい。あまり晴れると温度が上がり、返って温度管理が難しくなるそうだ。つまり今回はちょうどいいので、成功率が上がるかも知れない。スイカの栽培は近頃では苗を買う家が増えているそうな。種から栽培し、接ぎ穂をするよりロスが少なくリスクも小さいからだろう。そんな時代の流れに乗らずに当園が接ぎ穂を続けるのは、スイカ栽培に対するダーリンのこだわりだろうか。いや舅のこだわりかな。1度止めてしまうと勘が鈍って2度と戻れなくなるから、可能な限り続けていかれればいいなあ。手先の細かい作業なので、老眼には確かに厳しい。でも舅のように熟練していけば、もっと年老いても出来るのかもしれない。私も毎回参加して、当園のこだわりを支えていきたいです。
セイゴは意思表示が急にハッキリしてきた。おっぱいを飲む際、左右どちらを飲むかについて細かく要求するようになっている。確かにおっぱいは、飲み初めから飲み終わりまでの間にどんどん味が変わっているらしい。途中で左右をこまめに変えた方がいいという説を聞いたこともある。でも娘達のときは、それぞれ3歳近くまで授乳を続けたけれど、こんなに細かい要求をされたことはない。またセイゴは掃除機が大好きで、片付けてあると出してくれとせがむ。ほかにもあれをとって、これがほしいという要求がやたらに増えている。それらの方法が全部一緒で、指差して「キレイ」と言うのだ。セイゴのおしゃべりはこの「キレイ」と「リロリロ」がほぼ全てなので、何を言いたいのかわからない場合の方が多いんですが…。
天気が悪く、日曜日だったので、娘達が家にいた。セイゴは姉達がいて嬉しかったらしく、居間にみんなが揃っているとき、辺りをぐるぐると走り回っていた。これ、幼児が必ずやる行動です。嬉しくなったり楽しくなると、幼児はなぜかぐるぐる走る。セイゴはまだがっつりおっぱいを飲んでいるけれど、乳児から幼児にステップアップしたんだな、そう実感しました。
上の娘は夕方前からバイトに行き、気が晴れたような顔をして帰宅した。最近はかわいそうにへこんでいたから、穏やかに笑っている娘を見るのは久しぶりだったかな。母親にとって我が子の笑顔は何よりです。言うと陳腐だけど本当です。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-18 18:07 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月17日 (土) 曇りのち雨
2月17日 (土) 曇りのち雨

朝から雲が厚くて寒く、夕方過ぎには雨が降り始めた。
昨日は接ぎ穂第2回、前回も来てくれたウーファーのMさん、M君は朝一番から参加してくれ、また仲良くなった高校PTAのお姐さん2名も駆け付けてくれたので、昨日のうちに今回の分は無事終了。今日に持ち越していたら、この天気で全く接げなかったはずだから、本当に助かった。みなさま、ありがとうございますっ。さらにセイゴもすっかり保育園に慣れたため、朝9時から午後3時まで預けることが出来たので、私もほぼフル稼働した。
今日は久しぶりにゆっくりした気分…だったのも束の間、昼過ぎに喧嘩の関連で新たな問題が発覚したとの連絡を貰い、夕方近くにはお姐さん方が来訪し、空模様と同じく暗雲立ち込める心境となった。一連の事件の背景にはこの地域の旧体質があり、それはきっと全国の農村にも通じるものなんだろう。私は生粋の都市生活者なので、閉鎖的な農村の感覚には驚かされることが多い。今回についてもそうだ。都内から1時間で到着してしまうほど首都圏に近いところにあるが故に表面化した諸問題。2 年半ここで過ごし、両方の感覚を知った私としては、農村の側が変わらなくてはならない部分が多いと実感する。ダーリンは変わりたいと願っている。さて今後、ダーリンと私はどう地域に関わっていくのか?楽しみというか、憂鬱というか…。
セイゴに新しい表情が加わった。困ったような顔。もしかしたら、保育園でいつも面倒見てくれている若い保育士さんの表情かもしれない、どこか似ている。セイゴの信頼が厚い証拠だろう。このところ一時保育をお願いする回数が増えているしなあ。こうやって、新しいステップを上がっていく様子が見えるのは楽しい。バタバタしていたらあっという間に育っちゃった、という娘達と違い、ゆっくり成長を見ていられるのが嬉しい。
1歩地域に分け入った感のあるこの10日間。そして今日は、旧暦の大晦日なのです。つまり明日は旧正月。旧暦の来年はどんな年になるんだろう…どうかいい1年になりますように。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-17 18:07 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2007年2月15日 (木) 晴れ
昨日に続き、猛烈な風。でも南風ではないので、外に出ると寒かった。
戦い疲れて脱力していたかったけれど、事件はまだ解決していないので今日も対応すべきことがあり、屋内に溜まった汚れを一掃することは出来ず。それでも何日ぶりかでちゃんと料理してゆっくり晩ご飯を食べられたのはよかった。
上の娘は私が買い上げた喧嘩の一部始終をよく吟味した上で、今日、学校側から誠意あるお話をいただき、わだかまりを溶く方向に向かい始めたようだ。よかった、それが何よりだ。高校への期待値は低かったので余計、先生方の生徒を想う姿勢を知って感服した次第です。本当によかった。今後は私も、建設的にPTA に関わっていきたいと思います。
セイゴはここ数日のばたばたの影響か、せっかく久しぶりに家でゆっくりしているというのに十分昼寝せず、就寝後も熟睡していない。仕方ないかな。
落ち着く間もなく、明日は第2回接ぎ穂を決行する。とりあえず決戦は終わっていてよかった。怒りを体内に溜めたままでは接いだスイカが健康に育たないだろうからな…。ダーリンは最近、本気で心身の健康に気を使っている。健康こそが美味しい野菜を栽培する鍵、肥料より何より、それが大切だと実感しているようだ。
支離滅裂でごめんなさい、明日の接ぎ穂でスイカの生きようとするエネルギーを分けてもらうことにします。せっかくの生きる力、吸い取り過ぎないように気をつけまーす。
[PR]
by takaiku-n | 2007-02-15 18:07 | ヨメの日記