神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2006年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2006年12月31日 (日) 晴れ
未明から地震の連続。不穏な大晦日、でも天気は上々、掃除や洗濯、年賀状など最低限のことはどうにか完了。今年もありがとうございました、引き続き来年もよろしくです。
下の娘は今年初めてかな、紅白歌合戦を通しで観て、年が明ける前に就寝。それ以外は特に年越しらしいことはなく、私はひたすら明日から4日間家を空けるための準備に追われている。
正月らしいことは一切せず、全てを忘れて明日からいざ雪山へ、ようやく降って全面滑走可能になったゲレンデへ♪セイゴがいる2度目の正月、今年は少しでも滑りたい。さてどうなるか?どこへ行ってもどたばたの続く我らのこと、落ち着いて楽しむゆとりはなさそうですが…。
というわけで、新年は5日から更新します。行って来まーす。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-31 18:22 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月30日 (土) 晴れ
穏やかな冬晴れ。こうでなくっちゃあ。空気が締まっていて、暮れらしいお天気だった。
下の娘がいたので、セイゴは特に一緒に遊んでいなくても私にへばりつくことが少なく、ラクだった。おかげで年賀状の印刷と換気扇の掃除は完了した。年賀状は書かなければならないのだからこれからが本番なわけだけど…。でもそのほかはあまり事が進まず。何だか今日は、時間に取り残されていたような感覚がある。あれよあれよという間に時だけが先に進み…という感じ。ぼーっとしていたのか?あっもしかしてこれ、ボケ?まずいっ、しっかりせねば。三浦に移住する前、娘達が成人するまでは岩にかじりついてでも死なない、病気もしないと気を張っていた。その考えは今も同様だけど、それより「ボケられない」と自分を戒めなければ。ある意味とても平穏な現在の暮らしに埋没していると、ボケそうだしボケても気付かないかもという危機感がある。ボケ防止を考えなくちゃならない生活。幸せなのかそうではないのか、微妙~。
そして今年も残すところあと1日。いや早かった。この1年をひと言で言い表すとすれば「内省」かな。目の前に続く人生の下り坂をどう進むのか、振り返って省みて過去を踏まえて再度前を向く。きっと来年前半も内省の時期は続き、再び前を向くのはその後だろうな。何だかちっとも楽しそうじゃない展望だけど、結構楽しみな来年。いい加減、子育て中心の日々から開放されたいというのが本当のところでしょうか。
駆け込みのお得意様を最後に年内の発送は全て終了し、直売所の営業も終わった。ダーリンは年末恒例、3夜連続の火の用心出動が明日まで続く。あと1日、がんばってえ。私はいつも掛け声ばかりで申し訳ない…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-30 18:22 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月29日 (金) 晴れ
今日も強風、晴れ。この冬型気圧配置のおかげで、雪山ではじゃんじゃん降っているらしい。正月に行ったら期待通りの銀世界が広がっているはず♪
下の娘を迎えに東京駅へ。電車で行こうか散々迷ったけど、やっぱり車で行った。運よく浜崎橋の渋滞もなく、セイゴは寝続けてくれて、無事到着。帰りは若干渋滞したけど無事帰宅。混まなければ片道80分だから、電車より早い。
心配していた通り、スキーは2日くらいしか出来なかったそうな。しかも1日は猛吹雪で、一番頂上まで行って前が見えないほどの降雪の中を滑ってきたらしい。「コブなかったよ」そりゃあそうだ、お客さん少なくて斜面も荒れないだろう。で、今季初滑りなのに、昨シーズンの最後より上達していたようだ。子どもは不思議だ、別なことをしていても上達するし、寝るだけで翌日上達していたりする。こうなったら、正月はスクールに入れて、がっつりレベルアップしてもらおう。今はまさに伸び盛りだからな、上の娘も小学高学年の時にぐっと伸びたっけ。やる気と体と頭が一致する年齢なんだろう、何をやらせても上達するはず。親としても楽しみだ。
子ども達のスキー指導をしてくれる先生の1人に、ジイジと呼んでいる方がいる。もう少しで80歳になるという、宿で会うとそれなりのおじいさん。ところが滑る姿は、誰も老人だとは気がつかない。ボッコボコの超上級者向け斜面でも、何食わぬ顔で降りてくるそうだ。私も1度ご一緒していただいたことがあり、励ましながら指導してくれて頂上から下までどうにか降りて来られて嬉しかった。子ども達の指導をしてくださるのも、大変ありがたい。年配者へのいたわりと尊敬の気持ちを養う、いいチャンスにもなる。今回も指導に当たってくれたとのこと、お元気そうで何よりだ。それにしてもジイジも妖怪だろうか。なぜあんなに元気でいられるんだろう?
人見知りの強いセイゴが、東京駅で娘を待っているときは別人のようだった。周りの人に愛想を振りまき、あちこちどんどん1人で探検に行く。「バイバイ」と声を掛けられて手を振り返す。ちょっと意外だったなあ。人見知りは終わったんだろうか?ならば保育園で楽しく遊んでよーっ。
下の娘が不在でセイゴもつまらなかっただろう、復調して娘が帰宅して、ようやくいつもの生活が戻ってきた。よーし明日は年賀状と換気扇の掃除が目標だっ。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-29 18:23 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月28日 (木) 晴れ
何もかもが飛ばされそうな強風の吹き荒れた1日。
セイゴは一時保育。でも5分しか先生から離れて遊べなかったそうで、また今日も先生が交代でおんぶに抱っことなってしまった。それでも「セイゴくんは泣いていてもご飯ちゃんと食べるのよ~」と笑われるくらい、食欲はあったそうな。
ネギだけ鍋は大成功。アジア風でちと味をきつくし過ぎたけれど、予想通りの感じに仕上がり、ネギを満喫できた。次はかつお出汁に酒と塩で薄く味をつけて煮て、ポン酢やゆず胡椒で食べたい。土鍋のふたを取ったときのインパクトがかなりイケてます。鍋一杯にネギの切り口が並んでいる様子は思わずヨダレが出る感じ。是非お試しください。
Nちゃんは明日の朝早く、実家の奄美大島に帰宅するので、今夜もお泊り。いろいろおしゃべりできて楽しかった。ダーリンは消防の強風警戒で出動。「地域の安全より今は自分の生活を護りたいよ」と苦笑い、うーん確かに…。3人分くらい働いているこの年末、本当によくがんばっているダーリンです。
セイゴを寝かしつけるとき、今日はハイテンションでなかなか眠ろうとしないセイゴが何やら手遊びのようなことを得意げにやっていた。テレビの真似か、保育園で何か見て覚えたんだと思う。とても嬉しそうに自慢げにやって見せてくれて、何なのか分かってあげられないのがもどかしいと思いつつ褒めてあげた。この先、いろいろ覚えてはやってくれるんだろうな。下の娘がきのこの歌を保育園で覚えてきて大きな声で歌う姿を思い出す。か行とさ行が言えなかった下の娘、「ちっちっちのと」と歌っていました。それももう7年くらい前なんだわ。そしてまた1年が終わろうとしている。あまりの速さに気が遠くなる…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-28 18:23 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月27日 (水) 晴れ
未明に雨が上がったら、春が来たかと思うような生暖かさ。終日ストーブが必要なかった。
セイゴは昼寝時間が減ったものの私の後を追ってへばりつくことも減り、歩く様子もほぼ元に戻った。2階のベランダで楽しそうに過ごしていたりNHK教育の子ども番組に見入っていたりと、1人で過ごす時間も戻ったので、娘の不在をなんとか凌いでいる。娘達はどう過ごしているんだろう?とインターネットで雪山の積雪状況を見たら、下の方はオープンできないほど雪が少ないとわかった。残念、スキーは楽しめていないのかな。明日はがっつり降るようだけど、降ると危険で滑れないのが豪雪地帯の悲しいところ。まあ仕方ないでしょう…。
晩ご飯に湯豆腐を作っていて、はたとネギ料理を思いついた。明日試してみるその献立は名付けて「ネギだけ鍋」。小さい土鍋に3センチくらいに切ったネギを縦にびっしりと並べ、出汁をはって煮崩れないように弱火でコトコト柔らかくなるまで煮るというもの。和風でも洋風でもアジア風でもイケそうだ。当園のネギは今年も太くて甘いので、ネギを満喫できる調理法はないかなあと考えていたところにこのヒラメキ♪いいぞ~。でも10日前に思いついていたら、もっと早く風邪が抜けていたかも…。ネギといえば民間療法では風邪に効くと言われている代表格。体調下り坂の方、是非お試しください。
夜遅く、Nちゃんが到着した。明日手伝ってくれるので、ならば今夜のうちにというわけだ。職場の忘年会のあとだというのに、飲んだ気配もない涼しい顔。奄美大島出身のNちゃん、土地柄に似合ってお酒にはめっぽう強そうだ。それにしても頼もしい、Nちゃんの来訪。近い将来、京急沿線に引っ越しておいでよ~~と耳元でささやき始めた私達なのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-27 14:49 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月26日 (火) 雨 夜一時ものすごい雷
12月ってこんなに降るっけ?と首を傾げたくなるような大雨の1日。
セイゴは今日も普段よりたっぷり寝て、機嫌よく食欲旺盛、完治といえるでしょう。は~長かった。私もほぼ完治、今日は2回くらいしか鼻をかまなかった。ただ眉間の頭痛は残っている。一番回復に時間がかかっているのがアタマとは、何とも象徴的な…。先日NHKの認知症スペシャルを観て以来、脳の萎縮に不安たっぷりです。
年内お届けご希望のお客様からのご注文がたくさんあり、嬉しい悲鳴をあげている。なぜだろう?昨年までとは全く様子が違い、ネットをご利用になってご注文やお問い合わせくださるお客様が増えている。「面倒臭い買い物カゴシステムを止めたからご利用し易くなったんじゃない?」とは私の推測。お取り寄せ大臣である私は、オーダーのし易いサイトが好きだ。入力欄が少なく、商品はいちいちクリックしなくても一覧にまとまっていて見易いのがいい。定番商品のリピートならメールでささっと頼めるのが一番。というわけでそんな私の要望に近いメールフォームをダーリンに作ってもらったのが現在のフォーム。野菜セットを前面に押しているところも気軽にご注文いただける要因になったのかも。さて真相はいかに?この傾向が今後も続いてほしいです。
三浦大根のみずみずしさが足りない気がしていたのが、ここ数日前からぐんとよくなった。ほかの野菜についても同様で、暖かい日があるとはいえ夜間特に寒さが厳しくなっていることが幸いしているようだ。ただ1月中旬までは、大根が配送途中に割れる事故が増えるということでもある。案の定、数日前からご連絡いただくようになった。ピークになると包丁を当てただけで下までピキッと割れてしまうほどになるから、配達員さんもかわいそうではある。大根がそんなにデリケートだとは知らないだろうから…。
年賀ハガキを買いに初声郵便局に行った。当園は小さな初声郵便局にとってVIPだ。だからすごく対応がよくて、ほかの郵便局に行く気がしない。今日も予め頼んでおいて出かけたら、局員さん3名が揃って腰を上げ、丁寧にご挨拶してくださって恐縮するほど。ところがまたうっかり所持金が足りず、取りに戻って出直した。そして局員さんは同様のご対応。2度もやらせてしまいました、いやホントに恐縮です。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-26 14:50 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月25日 (月) 晴れのち曇り 夜になって一時雨
早朝、娘達は雪山へ行ってしまった。娘達の寝具類を引っぺがして洗濯。しばらくは2人分の洗濯物が出ないのは嬉しい。帰ってからまとめて出るだけの話だけど、日々の雑事は多少減る。
11 時から一時保育の予約を入れていたのだけれど、今日のセイゴは眠くて仕方がないらしく、昼まで断続的に寝続け、連れて行ったのは1時。2時間後に迎えに行ったら、泣いてはいなかったけどずっと抱っこにおんぶだったらしい。背中で寝ている時間もあったらしい、昼まで寝たのに。で、迎えに行ったとき数組の母子が遊びに来ていたので、私達もそのまましばらく滞在した。私がいればセイゴは楽しそうに遊んでいる。いい気なもんだ、でも今日はまだ本調子ではないだろうから仕方がない。
帰宅してまもなくダーリンが戻り、しばらく事務作業をしたあと一緒に美容院へ。私は次の一時保育の時にカラーの予約をしてあるから、今日はダーリンがカットするのにくっついて行っただけ。ところが美容院に到着するまでの5、6分のうちにセイゴは寝てしまい、そのまま車内でダーリンが終わるまで眠っていた。私は一緒に車内にいて、することがないので最近持ち歩いているノートを取り出し、自分がどうなりたい、どうありたい、何がしたいというようなことを思いつく限り書き出してみた。2ページに渡り、出てくる出てくる…。現実味のないものが大半ながら、遠慮なく厚かましく書きたい放題書いているうちに、核心に迫るものが浮かび上がってくるのを期待しつつのワークなのです。家にいるとそんな個人的なことをしている余裕がないので、ちょうどいいヒマ時間となった。
その後、お馴染みのおすし屋さんへ。切れなくなった包丁を研いでもらいたいという下心もあり。久しぶりのお寿司は美味しかったし、セイゴが食べるようになったので結構ゆっくり出来て嬉しかった。今年はエルニーニョの影響か、夏過ぎからもう魚が上がらなくなったらしい。だから品薄となってものすごい高値が続いていて、大都市ならその高値で売れるけどこんな田舎じゃそうはいかないと大将はこぼしていた。一方、今年の野菜の安値は箱代にもならず、利が薄いという点で、畑も海も共通しているとは興味深い。一次産業だめじゃん、日本人の食卓はどうなっていくんだ?
帰宅後、風呂に入ったらセイゴはまた眠くなってひと泣きし、あっさりと就寝した。今日は寝る日だったセイゴ、これも回復の1段階なのでしょう。泣き喚く日が2日、食べまくる日が2日、そして寝る日が今日。ということは明日も寝る日かな?だと嬉しいな~~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-25 14:51 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月24日 (日) 晴れのち曇り
朝起きて洗面所の鏡の前に立ち、ぎょっとしてしばらくフリーズした。首筋に2ヶ所、真っ赤な痣があるではないか。昨晩、目を覚ましておっぱいを飲んだセイゴは30分と空けずにまた目覚めてぐずり出したので、「おっぱい飲んだばっかりでしょ?あげないよ、寝なさい」と言い渡した。そのまま一緒に寝たんだけど、ぐずぐずのセイゴが私にベタベタしてきたところまでは覚えている。その後、おっぱいをもらえない腹いせ?に首を吸ったか…。娘達には笑われ、ダーリンも「オレの女だって宣言されちゃったな」とニヤニヤしている。いや恥ずかしいのなんの、今日は外出しなかったからいいけどさ、早く治ってくれーっ。回復力の衰えた肌が憎いっ。
上の娘は今日も直売を手伝い、今季一番の売り上げに貢献した。明日から丸々2週間、雪山で働きながらスキー三昧の上の娘。耳はほぼ回復したようなのでほっとしているけど、悪化したら痛がっている場合ではない。「また激痛が襲ったら、潔くバファリン買って飲みなさい。それで当座は凌げるから」と伝えてある。自己管理の大切さを痛感しているはずなので、今回の中耳炎は彼女にとっていい薬になったかもしれない。薬を飲みたくない者の薬が病とは皮肉な話。
下の娘はお友達宅でクリスマスパーティ&下の娘の誕生パーティをしてもらい、朝から夕方までお邪魔して、本当に楽しい時間を過ごして帰宅した。お礼の電話をしたら、春ごろに比べて我が娘の顔つきが優しくなったのが嬉しかったと言っていただき、私も心から嬉しかった。荒れていた娘の心を温かく見守ってくださっている方がいらっしゃったこと、心底ありがたい。娘の心が和らいだのは、セイゴとの関わりのほかにも、そんなお友達やご家族あってのこと。周囲の人に支えられて成長しているのは、上の娘に限らず下の娘も同じなんだ。この三浦で、私の後ろ盾はないも同然のなか人間関係を築いている下の娘は、本当によくがんばっている。これからもその調子でね。
セイゴはほぼ完治。食欲は今日もすごくて、昼寝もたっぷりしたし、夜も穏やかな笑顔のまま眠りに付いた。ヨタヨタと歩く様子が頼りなく、すぐに転ぶのを上の娘がひどく心配しているけれど、いいウンチが出ているし、食欲、機嫌共にどんどん復活しているのだから、どこかがおかしくなったわけではないだろう。来月また検診があるので、お医者さんに聞いてみよう。敢えて受診する必要はないと思うんだけど…。
明日から5日間下の娘も子どもキャンプ参加のため、上の娘と一緒に雪山へ。つまり2人まとめていなくなり、5日間は姉のいない日が続く。さてセイゴは退屈と寂しさをどう凌ぐのか?せっかく復調したのに、今度は退屈で私にへばりつく日々となりそう。私に年賀状が書ける日は来るのか。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-24 14:52 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月23日 (土) 晴れ
穏やかな晴天、日中は暗い1階でも暖房がいらないくらい暖かかった。
セイゴは順調に回復しているようで、今日も散々泣いたけど、夕方に少しは下の娘と遊べたし、晩ご飯は驚きの三杯飯。就寝後も昨晩よりは熟睡できている様子で、ようやく安心した。もうぶり返すことはないだろう。私はまだ副鼻腔の炎症と、それに伴う頭痛に苦しんでいるけれど、それも日々回復の方向にちゃんと向かっている。
上の娘が、雪山に行きっ放しとなる前の今日と明日、直売を手伝っている。今日から大竹農園からイチゴを委託されているので、直売所はイチゴの香りでいっぱいだそうな。大竹農園は年明けからイチゴ狩りを営業するんだけど、その前に収穫されている分は販売先がほとんどないとのこと、もったいない話だ。イチゴはものすごく経費がかかるので安くは売れない、だからバカ売れはしなかったようで残念。でも余った分からダーリンがひと箱買い取ってくれたので、私もご相伴に預かったらその美味しいこと!香りが高くて甘くてコクもあり、そして何より見た目がとても美しい。誰よりイチゴが大好物の上の娘、1パック近く食べてしまった。明日も出してくれるそうなので、三浦にお運びの方は是非、野菜に加えてイチゴもお試しくださいませ。
下の娘の10回目の誕生日。一緒にケーキを受け取りに行き、その往復でセイゴは寝ていたので、娘とおしゃべりしながらドライブを楽しんだ。遅くなってしまったので帰りはちょうど日が沈むころ。雲ひとつない西の空が赤く染まり、田園風景とその先の海、三日月と富士山のシルエットがすばらしくきれいだった。
私が家事・風邪・看病の3Kに追われて一杯一杯になっているため余計、ダーリンはいつもより遥かに多くの働きを余儀なくされている。夜中の3時から起きて事務作業に当たる日々。残念ながらその影響も少しはあって、お届けに事故が目立っている。ご迷惑をおかけしたみなさま、本当に申し訳ございません。で、今夜、新たなミスを自ら発見したダーリンは深く落ち込んで眠りに就いたけど、幸いその後お客様とメールでご連絡が取れた結果、ミスについてはフォローの範囲内だからと快くご容赦くださり、再発送しなくてもいいことになった。あまりの嬉しさにダーリンを起こして伝えたところ、寝ぼけたまま「ありがてえ…」とうめいたダーリン。どんなに忙しくても心を亡くさずにがんばっている、そう感じました。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-23 14:52 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年12月22日 (金) 曇り
今日もセイゴは母に抱かれていなければ生きていけない男だった。9日間の闘いによる消耗は、そう簡単には癒えないようです。よたよたと歩く姿も病み上がりそのもので、すぐに転ぶ。しかも甘えん坊ぶりが増し、いただきますが出来なかったりという症状として表れた。面倒なことこの上ない。犬達と一緒で、条件付きで暫定的にOKラインを下げたつもりが本人はそうとは解釈せず、一方的にOKラインを上げるのは理不尽だと言わんばかりにダダをこねて我を通そうとするわけだ。鬼のような母と姉達がそんな甘えを許すはずもなく、哀れセイゴは彼の回復と歩を同じくして、元の木阿弥に落ち着いていくのでしょう。
それにしてもセイゴは強かった。脂肪による蓄えは非常に少なかったのに、抵抗力、自己回復力の高さは驚嘆に値すると思う。下の娘もかなり痩せ型ながら、すごく丈夫だ。一方、上の娘は痩せ型ではなく、強くはない。3人とも私の手で人口乳は与えなかったけれど、上の娘と下二人との最大の違いは出産から退院までの過ごし方で、総合病院で生まれた上の娘は病院側から人口乳を与えられてしまった。その後の乳幼児期も、上の娘の時は簡単に抗生物質など、一般的に言うところの薬に頼る育児をしていたので、下二人とは大きく違っている。上の娘の育児で疑問を持ち始めたのが現在の育児方針のきっかけだから仕方がないけれど、成長するにつれてスタート時期の差が開きつつあるように感じられ、複雑な心境だ。
薬といえば、これも薬の範疇だろうか。ヒーリングの先生に勧められて取り寄せたフラワーエッセンスが届いて使い始めた。フラワーエッセンスといえば、現在の形はイギリスのバッチ博士が開発したのでそちらが本家本元だろうけど、先生に紹介されたのはアメリカのもの。現在リサーチ中のものも含めて500種類くらいのエッセンスが販売されているらしい。ハンドブックも併せて購入、花の写真がきれいで、読むだけで癒される感じがする。これハマりそうだな~、私好みだわ。今回購入した3種類のうち2種類は誰が使っても問題ないタイプなので、ダーリンや上の娘も早速試して面白がっている。心身の状態に合わせてその時点で必要なエッセンスを選んで使ってみる、なんていう楽しみ方ができれば心豊かな感じがするなあ。そう、依存してはダメなんですよね薬物に。薬が治してくれるのではなく、自己の回復力をサポートしてもらうというスタンスを忘れずにいなければ。そこを間違わなければ、薬は利用価値が高いということかもしれません。
恵比寿様のご帰宅を祝うお膳を用意するのが20日だったのに、全員がコロッと忘れていて、おそれながら今夜になって用意した。買ってきた鯛を煮て、うどんを添えるというもの。その鯛がびっくりするほど美味しく煮えて、我ながら感動した。皮が破れずきれいな見た目、味はしっかり、食感はふんわり。煮汁は以前の稲荷講の時に使ったものをいただいたやつだからベテランの味付け。恵比寿様もこの鯛に免じて、2日遅れのお膳を召し上がってくれたと信じたい。
[PR]
by takaiku-n | 2006-12-22 14:53 | ヨメの日記