「ほっ」と。キャンペーン


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2006年11月30日 (木) 曇り一時小雨のち晴れ
昨日はまたすみませんでしたっ。ほぼ予定通りに月経となり昨日は2日目、今日までの3日間については、出血の自己調整がほぼ6割成功しています。それが可能なんだと意識しているだけで、特に力を入れているわけでもない。この分だと、布ナプキン使用を再開する日も近いかも。布ナプの使用感は感動モノです、是非お試しあれ。ここで買えます→http://www.tekuteku.net/index.html
今日は朝から4時間、セイゴを一時保育に預け、1年半ぶりに縮毛矯正パーマをかける予定だった。でも気が変わり、カットとカラーをしてもらって帰宅した。私は自分のクセ毛が大嫌いで、若ーいころからストレートな髪に憧れ続けてきた。縮毛矯正パーマの技術が普及してからはかけ続け、傷もうが何だろうが真っ直ぐな髪に心底満足していた。だからセイゴ出産以降、ウネウネのボリュームアップした髪が許せなかったので、ほとんど引っ詰めて過ごしていた。なのにっ、昨晩は鏡を見ていて、自分のクセ毛が許せると思ったのだ。他者から見たら、どっちだってたいした違いはないのだろう。自己満足の狭い範囲の問題なのに、これほどまでに許せなかった自分は何だったんだろう?いや、急に許せるようになったことの方が不思議かも。で、たっぷりカットしたのでパーマが残っている部分がほぼなくなり、数年ぶりに本来の自分の髪が姿を現した。いやあ久しぶり、元気だった?なんて鏡越しに語りかけたくなるようなワクワク感を味わった。ま、冬場はあまり拡がらないから、春になって湿度が上がったらまた気が変わるかも。それまでは素の髪を楽しみましょう…白髪だけはご免蒙ります。
セイゴは4時間の間、半分以上泣いて過ごしていたらしい。ご飯は機嫌よくペロリと平らげたそうだけど、その後眠くなったものの寝付かれず、途中で靴を履いて帰ろうとしたり、とにかくずっと泣き続け、泣き寝入りしたところでお迎えとなった。4時間はまだ早かったみたい…。来週は午前中2時間にしましょうと促され、そうすることにした。まあ仕方がない、楽しんで通えるようになる日を気長に待ちつつ、用事があるときは都合に合わせて預けるという形をとらせてもらおう。気持ち的にはそれだけで充分助かりますから。
明日から12月。もう今年が終わるなんて早い、早過ぎるっ。でも天気予報では師走寒波到来とのこと、冬野菜はこれからが本番。まさに始まりです。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-30 15:04 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月28日 (火) 曇り一時小雨がぱらつく
昨日ほどの湿気はなく、気温が高く過ごし易かった。過ごすには辛いけど、寒波の到来を心待ちにしている日々。正月に滞在予定の宿のオーナー夫人と電話で話したところ、北信州も暖かめで雪が降ってくれないとのこと。お互い寒波待ち、死活問題ですねと苦笑いした。
今日初めて、午前中からセイゴは一時保育へ。部屋に入った途端に私にへばりついて泣き、離れるのを嫌がったのも今日が初めて。でも昼ご飯を食べ、それなりに遊ぶことも出来たらしい。1時に連れ帰ったらとてもハイテンションで、なかなか昼寝をしなかった。保育園の刺激はセイゴにとって相当のものなんだろう。そしてご飯を食べたり同年齢の子のクラスに行ってみたりした今日の刺激は、また格別だったのかもしれない。
保育園ではスプーンを持って自分で食べようとしていたとのこと、家ではやらせていないことだった。案の定、晩ご飯は自分で食べたがり、手掴みで上手く食べられないとなると口を皿に持っていったり皿を口元に持っていったり、果敢に挑戦していた。辺り一面の汚れようは予想通り、いや予想を下回ったかな。おかずによっては無残な食後の風景もアリだ。まあ仕方ないでしょう、その時期が来てしまったということだわ。本人はとても楽しそうで、好物のサトイモを2つも食べました。
当園のサトイモ、今年は不作。どうにか収穫できた分は土に埋めて保存しているんだけど、収穫後すぐ食べたときは「うーんイマイチ」だったのが、日を追う毎に美味しくなってきた。追熟する?としか考えられない。不思議だけれど、だんだんキメ細かくねっとりしてきたのだ。偶然とは考え難い。セイゴに限らず家族全員サトイモ好きなので、来年はもっとたくさん作付けする予定。今年は残念だったね、と話していたのに、収量は残念だったけど味は合格ラインを超えてしまった。本当に不思議、逆じゃなくてよかった^^;)
最近、夕方の犬達の散歩に下の娘が付き合っている。ハリーを脇に付けて歩けるようになったので、面白いらしい。ハリーは体が大きく力が強いことを除けば、ムクより素直で従順だ。自由にさせたときの引っ張り方が手に負えず、またダーリン以外はちゃんと従わせることができなかったのだが、ようやく下の娘が攻略した模様。えらいっ。下の娘は犬の世話も出来る範囲で続けている。もちろん好きだからだけど、「飼いたい飼いたい」で飼ったら世話は最初だけでそのうち親任せ、というケースが少なくないのだから、えらいと思う。そんな娘をハリーも認めてきたということかもしれないな。やっぱり継続は力なり。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-28 15:04 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月27日 (月) 雨のち曇り一時晴れ
朝から日帰りウーファーCちゃんが手伝ってくれ、ダーリンは沢庵漬けの作業が猛烈に捗り大喜び。さらにCちゃんには晩ご飯の後にご案内ハガキへの宛名張りも手伝ってもらい、終日こき使ってバチが当たりそうだ。しかもCちゃんはすばらしく澄んだエネルギーを放っているようで、ダーリンも私もばっちりチャージされたように元気になっている。娘達もCちゃんに惹かれている。今まであったことがないかもしれない、不思議な女性だ。これからも時々来てくれるなんて、大げさだけど夢のようです。
今夜はこれにておやすみなさい~~
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-27 15:05 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月26日 (日) 曇りのち雨のち豪雨
朝から低い雲が厚くかかり、夕方からは雨。自転車でバイトに向かった上の娘をダーリンが迎えに行ってくれた。農家は軽トラックがあるから、自転車ごと引き取って来られて便利だ。
昨晩から猛烈に眠く、体重が1kg増えた。そういえば腰も少し痛い。それらは月経前の典型的症状だ。これほど分かり易い月経前も珍しいな、今回は重いのだろうか…。
その月経について、先日滞在していたウーファーのMさんが面白い話をしてくれた。100年位前まで、女性は月経の出血は、排尿時に一緒に出していたんだそうな。そして丸い綿を押さえる程度の目的で詰めておいたものだから、道端によく梅干のような綿が落ちていたらしい。つまり尿と同様に自分でコントロールが出来ていたということだ。生理用品の普及と共にその能力がすっかり失われてしまったということになる。女性としては、失いたくなかった能力だな~。確かに友人から近い話を聞いたことがあるけど、その時はまさか自分の意思で調整するとは思いも寄らなかった。私はナプキンにかぶれるので布ナプキンを使っていたことがあったものの、結局面倒で現在は使っていない。布ナプキンは肌触りがよくゴミが出ない便利なものだから、出血を自身で調整できればまた使うんだけど…。そこで今回の月経から、意識的にコントロールしようと努力してみることにした。月経とはまだあと10年は付き合わなければいけないのだろうから、少しでも手間を省きたい。上の娘に話したら鼻で笑っていたので、彼女は試してみるつもりがないのだろう。その若さなら、失った能力を取り戻すことだって出来るかもしれないのに…。そういえば尿についても、失禁が高齢者の大きな問題の一つだなあ。尿漏れ対策のグッズがよくなるにつれ、失禁に悩む年齢が若年化し、やがては尿も自身でコントロールできない日が来るのかもしれないぞ。老若男女、みんなオムツ。オソロシや~~
あちこちの引き出しを開けては叱られているセイゴ。今日は文房具の段から鉛筆を持ち出していたので、もうすぐお役ご免になる今年の卓上カレンダーを渡して、お絵かきさせてみた。いや喜んだのなんのって。でも当然のことながら、すぐに床やソファーに書こうとし始めた。新しい知恵をつけてちょっと後悔、でも油性マジック以外なら何とか消せるから、とりあえずは鉛筆で満足してもらっておこう。そろそろお絵かき帳と色鉛筆でも用意してあげようかな。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-26 15:05 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月25日 (土) 晴れ
気持ちよく晴れた1日。朝晩はすごく寒い。
近所に引っ越して来られて間のない主婦のN田さんが、時々お手伝いに来てくれることになった。初日の今日は朝1番から作業に入り、昼休みはダーリンと一緒に我が家へ。初めてお会いした気のしない、穏やかで優しい方だ。家庭菜園経験が豊富なので、ダーリンも貴重な戦力と喜んでいる。ありがたいなあ、Cちゃんも春までは時々来てくれそうだし。1月から3月に行うスイカの接ぎ穂は期待できそうだ。今年は1月2月の冬作が忙し過ぎて、また天候不順も災いし、スイカの苗が育たず危うく数が足りなくなるところだった。年明けは冬作と夏作がかぶるから、ダーリンは大変なのだ。その時季に人材の確保が見込めるとなると、ダーリンの負荷が減る分、今まで考えなかった手厚い作業を予定することも出来る。探したって見つかりっこない、本当に貴重な人材。実はN田さん、この日記を1年位前からお読みくださっていて、ウーフを知り、ご自分もボランティアとしてお手伝いを提案するという気になってくださったのだそうな。
ウーフはホスト登録して丸2年、折々でウーファーに助けてもらい、勉強させてもらいつつ経験を重ねてきた。ようやく慣れてきて、リラックスして受け入れできるようになってきたし、食事を提供することが、私の料理への取り組みにも変化をもたらしたと実感している。ただ長期の滞在者を受けていないこともあり、本当に人手が必要なときに都合よく来てくれるとまではいかなかった。リスクもリターンも大きくはないといったところか。それがここにきて、N田さんやCちゃんのように、最もこちらにとってありがたい関わり方を提案してくれる方々に恵まれている。
大阪の仲買さんから、今年の三浦大根の生育状況について問い合わせがあった。こだわり食材を扱う仲買さんで、美味しそうなものをたくさん扱っているので、昨冬はサロマ湖の牡蠣を頼んでみた。美味しかったな~、何より三浦大根と物々交換したところがよかった。今年美味しそうなこだわりの何かを頼んで、三浦大根で支払える状況になれば助かる。さて今年は何を食べよう?
ここまで書いて、気付いたら大量のスペースキーが挿入されていた。寝てたみたい…ということで、更新が翌日となりましたっ。いつもすみませんっっ。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-25 15:06 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月24日 (金) 晴れ
晴れて、朝から空は筋状の雲に覆われていた。未明に伊豆半島のすぐ東沖、相模湾でそれなりの規模の地震があった模様。先日の千島列島での地震以降、だんだん日本列島を南下するようにそれなりの規模の地震が発生しているのだけれど、千葉の次は三浦半島を跳び越して伊豆近海での発生となった。でもこの先もまだ大型地震が控えていそうな、そんな空模様だ。近場で大きなのが起こらないといいんだけど。遠方の方、ごめんなさいです。
朝から横須賀税務署の署員 2名が来訪し、税務調査された。すっごく腹が立つ。当園は毎年、固定資産税を含めると多額の税金をびた一文滞らせることなく支払っている優良納税者である。それが簡単なことだとお思いか?うちに来る暇があるなら、滞納者のところへ行けっ。この税金泥棒っっ。そう言いたくもなる、慇懃無礼な態度。結局、上記の通り正直に思ったことをお伝えして差し上げた。日々こんな訪問をしている彼ら、さぞ罵詈雑言に辟易していることだろう。無理もない、私のようなえげつない一般市民は決して珍しくないだろうから。ダーリンはやましいことはないにもかかわらず腹を探られるような気分を味わったせいで、へとへとに疲れてしまった。農作業の疲れとは全く別の、精神的によくない疲れ。ちっ、これでいくらかの追徴課税がきたら、泣きっ面に蜂だわ。踏み倒してやるーっ。…いえいえ、そんな悪いことは舅にもダーリンにも出来ません。正直に真面目に淡々と続けてきた日々の営みの結果が現在。これからもそれは続いていくのでしょう。
セイゴは午後、一時保育へ。さすがに今日は私がいなくなることがわかったらしく、部屋に入ったらしがみついてきて、先生が抱き取ったら大泣きに。でもダーリンや娘達に「見ていない隙にいなくなるのはよくないよ、どうせ泣くんだからちゃんと言って出てきた方がいい」と言われていたので、その通りに出来てよかった。迎えに行ったら、先生と園庭で私の迎えを待ちながら、通り過ぎる電車を眺めたり、落ち葉で遊んだりしていた様子。私に気付いて泣いたけど、大泣きには至らず。私が去ることだけじゃなく、迎えに来ることもちゃんと理解できたんだろう。それが分かれば、保育園の楽しさに目が向けられる日も近い、はず。これからも週2回のペースで預けていく予定です。
夜、上の娘の友達がお泊りに来た。そのお母様からいただいたお菓子が、不二家のホームパイ。デリシャスパイという名前に変わっていて、かわいい缶に入っていたので開けるまで気付かなかった。ホームパイは、上の娘が小学生の頃はよく大袋を買って常備していたものだ。美味しいし手軽に食べられるし、2枚ずつの個包装が便利。当時を思い出した娘と私、早速いただきながら「これ、涙が出そうな美味しさだね」「うん、わかる」心が少し温かくなる懐かしさだったのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-24 15:06 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月23日 (木) 曇りのち雨
朝から降るはずの雨は夜になってようやく本格的になった。現在はざあざあ降り。おかげでダーリンはMさんと一緒に昼までにやるべき作業を終えた。そしてM さんは、ほとんど休む間もなく帰っていった。常にじっとしていることなく、前進あるのみの行動力には本当に敬服する。三浦半島に移住してくることになったら、いいご近所付き合いをお願いしますね。
セイゴの下痢は一向に治まらない。予防接種の影響だろうか?お尻が赤くなってかわいそうだ。すぐ泣くし、すぐおっぱいを欲しがるし、寝付きが悪いし夜中に何度も起きるし明け方に大泣きするし、お腹が痛い様子もないけど調子が悪いんだろうか。一時保育がスタートした余波?どちらにしても、鬱陶しいことこの上ない。いっそのこともう断乳しようかという気も起きる。冬場は止めた方がいいから、来春から夏までの辺りで考えているけど、こうもしがみつかれるとね~。3人目にして初めての男児はさぞかわいかろうという大方の予想は、ここまできてもハズレだ。女児だったらもっと鬱陶しかったかもしれないのでアタリの可能性もあるにはあるが…。そうやって私がセイゴをウザがっていると、ダーリンはセイゴの気持ちや行動がわかるんだそうで、身につまされている。申し訳ないが、ウザいものはウザい。そう、子育ての最大の壁は、常に変わらない愛情を持ち続けることかもしれません。
昼ご飯に、ウーファーには常に人気の私の得意料理「牛肉ゴボウおこわ」を作ろうと思ったら牛肉がなく、蒸し豚肉とゴボウのおこわを作った。ちまきのような味わいで、牛肉に勝るとも劣らない美味しさだった。隠し味にナンプラーを使ったあたりが、アジアンな感じになってよかったかも。で、おこわ作りは炊飯器任せなんだけど、コツを見つけた。それは、もち米を浸水する時間を30分程度にすること。料理の本にはひと晩浸水すると出ているので、いつも最低1時間は浸水していた。でもそれでは柔らかくなり過ぎて、具材と合わせているうちに粘りが出てしまう。蒸篭で蒸せばそうはならないのかもしれないけど、炊飯器の場合はさっさと炊いてしまった方がいいとは気付かなかった。今回は時間がなかったことが幸いした。つまり、ますます簡単になるということです。負荷の減るコツを見つけたときは、得した気になって本当に嬉しい。そうそう、葉物野菜を茹でたあと水に取ると、香りが抜けてしまうことも最近分かりました。ルッコラをお浸しにする場合は特に、香りが大切なので気をつけましょう、そしてその方が簡単です。
昨日の日記に、ダーリンが大根ステーキと紅辛大根の味噌汁を写した写真をUPしてくれました。きれいなピンク色の味噌汁がお分かりいただけるかどうか…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-23 15:07 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月22日 (水) 晴れのち曇り
昨晩も更新せず、すみませんでしたっ。昨日は友人が来訪し、セイゴを一時保育に預け、久しぶりにマッサージをしてもらった。私は特に左の股関節が弱点で、気をつけていてもずれてくる。ほかには仙骨が上がってしまう、肩周り、首…数え上げればきりがないものの、概ね崩れにくくなっているので、施術は急を要さないところまで整っている。ほぼ1年前のひどい状態を考えると別人のよう。産後の回復を利用した骨格矯正は成功したといえます。今後も時折、整えてもらえば大丈夫かな。それに、セイゴを気にすることなく施術を受けられたからよかった。そのころセイゴは前回より更に遊んでいられる時間が長かったようだけど、それでも迎えに行ったら先生におんぶしてもらっていて、私の顔を見て大泣きになり、抱っこしたらすぐにおっぱい要求。まだ先は長い。
友人の施術は全身の筋肉を動かすので、自覚はないけどすごく疲れるらしく、眠くて起きていられなかった。今朝も起き上がれなかったんだけど、起きてからはすごく元気に活動している。
午前中は気持ちよく晴れたけど、午後から雲が厚くなって夕方にはどんよりしてしまった。Mさんとダーリンはキャベツの定植を終えられなかったそうで、明日の早朝、多少の降りなら畑に入ってやり終えてしまおうと話していた。Mさんは明日までなので、途中で投げ出して帰るのは気が治まらないようだ。ダーリンだけなら諦めてしまうところを、Mさんの熱意に押されて朝飯前の作業に踏み切るダーリン。ウーファーの方の意欲、行動力にこんな形で助けられることも珍しくない。Mさん、感謝、感謝です。
晩ご飯に、今シーズン初めて三浦大根のステーキを作ってみた。みずみずしさはトップシーズンに比べればまだこれからだけど、十二分に美味しかった。やっぱり三浦大根じゃないと!と、悦に入る私達。お味噌汁には紅辛大根を使ってみたところ、ピンク色に染まった汁が不思議な美しさの、美味しいお汁に仕上がった。洋風のスープに使ったら面白いかもしれない。サラダ用の大根だって、サラダ以外に活用すると意外な美味しさを発見できるものですね。
a0157306_1592518.jpg

明日は祭日なので、下の娘はいつもよりちょっとだけ夜更かし。いつもの就寝時間にセイゴを伴って2階に上がり、しばらく2人で遊んでいたあと、私が上がってから3人でボール遊びをした。順番にパスするのだ。セイゴはすぐにルールを理解し、パスする順番を逆にしてもちゃんと自分が投げる相手を間違えずに出来た。そのうちダーリンが加わり4人になっても、ちゃんと順番にボールをパスして遊べた。1歳1ヶ月って、こんなに遊べたっけ?とちょっと驚いた。自分がやりたいようにやってしまって、ルールを理解するというレベルはずっと先だったんじゃあないかなあ。追いかけっこやかくれんぼなどが早くからできたのは驚かなかったので、その次の段階に入っているだけのことだろうか。手放しに成長を喜ぶというより、ちょっと末恐ろしい気もする。… 単なる親ばかでありますように。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-22 15:08 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月20日 (月) 雨のち曇りのち雨のち曇り
雨は早めに上がり、風が強かった。雲が厚く、夜には再び雨。でも今は星がきれいに見えている。今日で旧暦9月は終わり、明日の新月から神無月、冬の始まりだ。旧暦の冬は来年2月17日までなので、春の訪れは遅いということになる。さてどんな冬になるのでしょう。
昨日電話のあった横須賀在住のウーファーCちゃんが来園した。長身でとってもおしゃれ、スローな雰囲気がなんともチャーミングな、肩の力の抜けた魅力的な女性だった。ファンになりそう。3月末で大学を退学して別の道に進もうと考えているとのこと、それまでの期間、週に2回くらいは来園してくれそるとのこと。ものすごく嬉しい♪どうぞよろしくお願いします。
滞在中のウーファーMさんは、家庭菜園的な形で農業をしつつ生活できるところを1年以内くらいに見つけたいと考えているのだそうな。それなら横須賀が最適だという話になった。なぜなら様々な国家規模の施設、企業があるので三浦市に比べて遥かに財政基盤がよいこと、海あり山あり丘があり畑も多いこと、都心部まで京浜急行で乗り換えなしに小一時間で行かれること、aveのようないいスーパーがあることなど。私だって横須賀市に住みたいくらいだ。そこで雨で畑に入れないということもあり、下の娘のピアノの送迎に合わせてドライブがてら横須賀市内を案内した。横須賀市に移って来るなら、うちも何かと協力できることがあるだろう。千葉の外房か茨城を考えていたようだけど、さてどうなるでしょう。
ウーファー滞在中はウーフの問い合わせが入るというジンクスがうちにはある。Cちゃんからの連絡も然り。そして午後、また1件電話が掛かってきた。ところが本人からではなくゲストハウスのスタッフの方からで、本人は日本語が話せないから代理で掛けている、受け入れ可能かという問い合わせだった。当園はある程度の日本語が話せることを条件にしているけれど、それも場合による。それよりも自分で連絡してこないような方はお断りする、と伝えた。受け入れてもコミュニケーション面で上手くいかないことが目に見えている。はっきり言って、呆れて二の句が告げない。国籍を問わず、いい方もいればダメな方もいることを再認識した。
セイゴは妙に機嫌が悪かった。Cちゃんに遊んでもらい始め、少し経って急に大泣きし始めてから夜まで、ずっといい子じゃなかった。もしや友人Mちゃんに続き、Cちゃんにも過去の因縁があったりする?と思わず頭をよぎったけど…。ちょっと下痢気味なのも関係あるかもしれない。明日はまた一時保育だから、熱なんか出さないでよ~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-20 15:09 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年11月19日 (日) 曇りのち雨
このところ、更新が出来ない日が多くてすみません…。全て原因はセイゴにあり。布団に入ってから眠りに就くまでの時間が長過ぎるっ。夜中に目を覚まし過ぎるっっ。保育園効果だろうか?歩き始めて運動量がさらに増えて、ぐっと重たくなったので、熟睡の度合いも上がると希望的予測をしていたのに、ちょっとがっかり。親の思い通りに事は運びません。
朝のうちから雨がちらつき始め、いつの間にか本降りになり、今は嵐のよう。私より1歳年下のウーファーの女性Mさんが来園したものの、午後は畑に入れなくなってしまった。農業を本気で学び、実践したいとお考えの方なので、暇を持て余すのは辛そう。木曜までの予定なのに明日も雨のようで、ちょっとかわいそうだな。
そんな雨だろう明日の午前、横須賀在住の19歳の女性ウーファーが遊びに来ることになった。大学の授業やアルバイトがあるため夕方までしか時間が取れないので、日中だけ手伝いをしに行きたいと電話があったのだ。近いからちょくちょく来てもらえそうだし、もちろん大歓迎♪ほかにも同様のお申し出を近所の主婦の方からいただいていて、もう少しで大根の出荷が始まるこの時期、強力な助っ人の出現となりそうでワクワクする。
ダーリンのリクエストに答え、下の娘とプリンを作った。でもまたスが入り…。先日のNHK「ためしてガッテン」で美味しい作り方をやっていたところによると、土鍋を使うんだそうな。今日は豚肉を蒸したのでそのまま蒸し器を使ったため、温度管理にまた失敗したというわけだ。また陶器の型を使うのがコツとのこと、2度蒸して2度目には陶器の型に入れたものを混ぜたんだけど、確かにそちらの方が滑らかに仕上がっていた。ちっ、耐熱ガラスのプリン型を10個も買ってしまったばかりなのに悔しい。それでも前回よりは格段にうまくいったので、次こそはより滑らかなプリンを提供できるでしょう。プリン大好きのダーリンとセイゴのためにも、また挑戦しまーす。
[PR]
by takaiku-n | 2006-11-19 15:11 | ヨメの日記