神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2006年7月31日 (月) 晴れのち曇り
またもや2日も空けてごめんなさいっ。その間に梅雨、明けました~。三浦ではもう少し前から晴れ続きになっていて、明ける前の晩に神奈川東部で雷注意報。こちらは鳴らなかったけど、雷が梅雨明けの合図なのだそうで、案の定その翌日に明けました。でも猛暑が来ると思いきや、秋風のような北風が吹いて涼しいくらい。1年中こんな気候だったらいいんだけど。
土曜はパワフルウーファーNちゃんがリピートで来訪、同じときに「農耕と園芸」という専門雑誌の記者さんが来訪、昼過ぎには以前の勤め先の若手敏腕社員Mちゃんが来訪。滞在中だったNちゃんもいるからいっきに賑やかになった。記者さんは昼過ぎにはお帰りになり、それでも午後は3名の助っ人がいてくれて、股関節の痛みが続くダーリンにとって、本当にありがたい週末となった。土曜の晩はさらに友人の夫である植木屋氏が来訪、土間でBBQをした。楽しかった♪
日曜は昼まででNちゃんとMちゃんは上がり、パワフルNちゃんは夕方まで手伝ってくれて晩ご飯も一緒に食べて片付けまでやってくれて、お土産にスイカを持って行ってほしかったし気持ちのいい晩だったので、藤沢のNちゃんの自宅までドライブがてら送り届けた。みんな本当にありがとう、またのおいでを心からお待ちしていますです。
昨晩はドライブから帰ってセイゴをさくっと風呂に入れ、すぐに寝てくれるだろうと思いきや泣き喚いて全く寝ず、私は付きっきりで風呂も入れないまま、いつの間にか寝てしまった。今朝のだるいこと~。どうやら、セイゴには刺激が強かったらしい。
不思議なことに、セイゴはMちゃんと因縁があるらしい。ときどきMちゃんを見て何かが走馬灯のように頭の中を駆け巡るらしく、怯えたように泣いた。会うのは2度目だけど、1度目の時にはセイゴはまだ3ヶ月くらいだったから何も特別な反応はなかった。でも今回はものすごく反応した。セイゴにはまだあの世の何かが見えたり聞こえたりするのだろう、そんな類いの何かだったんだと思う。きっと前世で、二人は何かあったんだろう。そうとしか思えないほど、珍しい反応だった。
今日は落ち着いてくれて、夜もとくに問題なく寝付いたセイゴだったのに、1時間くらいで起きてしまい、私が風呂に入っていて抱っこしてあげられなかったから、またもや大泣きした。仕度を整えてさあおいで、とダーリンから抱き取ったら、嫌がってダーリンにすがりつき、しばらくおっぱいも拒否して泣き止まなかった。さてこれは拗ねたのか?私を拒否したのは初めてのこと。「いつまでも抱っこしてくれないお母さんなんて嫌いだ~」というわけか。いやぁそんな感情を持つまでに育っているとは驚いた。つまりもう、セイゴにとって母は何があっても100%肯定できる存在ではないっていうことだ。うーん少し寂しいし、この先手こずりそうだと予感させる出来事だ。強い母と強い姉たちに負けない気の強さを持ち合わせている子なのかも。「くそばばあっ」と呼ばれる日が来る?ただじゃ済まないよ~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-31 13:10 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月28日 (金) 晴れ
晴れていたけど、夕方には房総方面から霧が流れてきて、現在のところ濃霧注意報が出ている。ムクは霧が嫌いらしく、濃霧の夜は吠えることが多い。今夜も先ほどから怯えたように吠え続けている。うるさいよ、でもいい番犬でもあるムクは吠えるのが仕事だから、吠えても叱らない。夜間はそれが仇になることがあり、お隣はきっと苦々しく思っているだろうなあ。いや、お隣に限らず地区の皆さまがそうだろう。ごめんなさい、でも都合よく吠えたり黙ったりはしてくれないので…。こんなに呑気でも許されるのは(許されてない?)農家だからでしょう。ある種の既得権益ですかね。
ダーリンはかなり復調し、午前中は平常通りに作業が出来た。夕方また整体に行ったので、さらに回復している様子。で、整体の先生にお腹周りの筋肉が整ってきていると褒められたそうな。先生はご自分の施術の甲斐ありと思われたでしょうが、いいえ違うんです、それは友人の施術によるもの。もちろんマッサージを受けていることは言いませんけどね~。
舅は昨夜、親戚の人寄せに呼ばれて出かけた。そちらにはセイゴとほぼ同時期に生まれた男の子がいるので、舅はセイゴとその子を比べて、我が孫の方が…と思っていたらしい。親バカならぬ祖父バカだ。あれがああだった、これがこうだったと満足気に話していた。ふふふ、そりゃあ我が孫の方がどんなだとしてもかわいいものだから。贔屓に見てもらって、セイゴも本望でしょう。
夜、借りていたDVDを返却しにウーファーNちゃんと下の娘も一緒にTSUTAYAに行った帰り、犬達を漁港に放しに行った。霧に霞んでいるわりには真上は晴れて星がきれいに見えていて、でも街灯が邪魔ではっきり見えない。そこでうちの畑の一角に移動して見上げたら、天の川まで見ることができた。東京育ちのNちゃんは普段は光害で見えない星空に感激。下の娘より幼いくらいの印象のあるNちゃん、星空に目をキラキラさせている様子はまさに印象通り。純粋な心を維持しているのでしょう、うらやましい限りです。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-28 13:47 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月27日 (木) 曇りときどき晴れ
昨日は友人宅からの帰宅が遅く、すっかりくたびれて書けませんでした。ごめんなさいっ。
昨日は快晴、晴れると多少は湿度も下がるから洗濯物が乾いたけど、時間がなくて吊るして置いた分は夜戻ったら湿気ていた。ちっ。今日は梅雨空に戻るということだったけど降る気配もなかった。でも湿度が高い。木がふんだんに使われているし床の下は地面という古い日本家屋である我が家、何もかもが湿気にやられている。かといって冷房をつけるほどの気温には至っていないところが難しい。全てがカビだらけになる寸前…これってどうすればいい?
先日、NHKでワーキングプアを特集したドキュメンタリーを観た。悲惨な現実にショックを受けて以来、ちょっと考え込んでいる。ダーリンと結婚しなかったら、明日は我が身と言えないこともない事態。この先、娘たちがそうならないとは限らないわけで、そのとき私は、後ろ盾として助けてあげられるのだろうか。これからの時代、私が若いころのような職業選択の自由や労働スタイルの選択の余地はないのだろう。となると、ちょっとした選択の誤りや考えの甘さがきっかけとなり、その日暮らしが精一杯の生活から抜け出せない人生へと向かってしまい引き返せないことは十分考えられる。専門的な技術や資格を身につけることが一番いい対策と言えそうだけど、それが本人の目指す将来ではなかったら勧めても無駄だし。上の娘など、あとたった3年弱で社会に出るというのに、口先ばかり達者で、日々の生活態度を見ていると大丈夫だと安心できる要素はない。いつの時代も親とはこんな心配をしてきているのだろう、でも自分が育ってきた時代よりよくなるはずのない現実を考えると、もっと真剣になってくれ、と本気で考えてしまう。
ダーリンはようやく痛みの峠を越えたようで、今日はおかげさまで少し楽になって仕事もできた。折しも女性のウーファーが来園し、ネギの植え替えが捗って助かっている。週末にはパワフルウーファーNちゃんがリピートしてくれることになっているし、本当にありがたいです。身体が資本。当たり前だけど元気に働ける身体を築いておくこと、それが何より大切なのだから、ダーリンにも娘たちにもセイゴにも、私がしてあげるべきことはたくさんあるということかな。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-27 13:47 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月25日 (火) 曇り
治まらないダーリンの股関節の痛み…。結構深刻。ぎっくり腰よりはいいと本人申しているけど、何もできずに横になって痛みを堪えるしかできないぎっくり腰に対して、何とか動いて出来ることがある分、休まらずに回復が遅れるということもあるかもしれない。どちらがマシか、選択に困る話だ。明日も午前中に整体、夕方から友人宅へ施術してもらいに行く予定。明後日からウーファーが来る予定なので、受け入れて大丈夫か少し心配。
セイゴは今回の発熱の数日前に、ついに下の前歯が姿を現した。そういえば歯が生えるときに熱が出るというのも、智恵熱と同レベルでまことしやかに言われていることだ。因果関係はもちろん皆無だそうだけど、セイゴはまさに教科書通りの成長過程を辿っているという感じ。ボツボツもすっかり消え、絵に描いたような突発性発疹は幕を閉じた。
下の娘は今日と明日、小学校の水泳指導。娘の小学校にはプールがないので、3年と4年のみ中学校のプールを借りて、夏休みに2日間の指導がある。プールのない小学校があるとは驚いたけど、夏休み前には雨天や低温で入れないことが多いものだから、必要ないという気もする。それに海が近いから、昔は水泳指導する意味がないと判断されていたのかもしれない。でも今時は子どもたちだけで海に泳ぎに行ったりということはさせない以上、海が近いからといって泳げるようになるということはない。まあ今年、娘はスイミングスクールに通い始めたおかげで、少しは泳げるようになっていて楽しんでいるようだ。明日は快晴との予報だから、今日より楽しめるんじゃないかな。
上の娘は明日がマリンスポーツ講習の最終日。今日はシーカヤック、明日もカヤックとシュノーケリングがあるかも、とのこと。バイトも行ってヘトヘトに疲れて帰ってきたけど、もともと体を動かすのが好きで運動神経もいいだけあり、楽しんでいるようだ。日に焼けたくないからと万全の被服対策を講じていたものの、暑くて着ていられなかったのだそうな。明日は焼けると大変だぞ~。
ダーリンが犬の散歩に行けないので、数ヶ月ぶりに犬たちを放しに三戸に出かけた。ちょうどBBQ客の来ない猟師さんの縄張りがあり、そこでこっそり20分くらい遊ばせた。犬たちは大喜びだったけど、猟師さんたちの道具類に水がたまっているせいか、蚊がすごくてひどい目に遭った。でもダーリン4箇所、一番刺され易い私3箇所、2人ともアトムカードを見に着けていた。一方アトムカードを持っていなかった下の娘は14箇所!間違いありません、アトムカードは蚊除けになります。なぜかについては、まるでわからないけれど…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-25 13:48 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月24日 (月) 雨時々曇り
ダーリンは午前中に久里浜のカイロプラクティックに行き、昼から私達も一緒にマッサージの師匠である友人宅へ。友人は最近、股関節と肩関節の調整法を編み出していて、左の股関節に詰まりのある私も調整してもらうことができて、なんともいいタイミングだった。でもダーリンの痛みは、しっかり残ってしまっている。明日またカイロを予約しているのと、友人にも近日中に再度施術してもらうように頼んでいて、それでなんとかなってくれればいいんだけど…。習慣になっていたぎっくり腰が出ないと喜んでいたのに、夏は収穫が短期間に集中するということもあり、何かしらの不具合がどこかに出るということか。ダーリンの場合、体重が重いことが諸悪の根源にある。かといって運動やダイエットなど、これ以上負荷をかけるような生活をダーリンに強いるのは現実味がない。いい解決策はないだろうか。そりゃあ何もせずに痩せられるわけがないのは百も承知なんですけどね…。
セイゴはボツボツもほぼ消え、今日はほとんど平常に戻ってくれた。私の右瞼の腫れも、プロポリスのおかげでほぼ完治。ダーリンも早く痛みがとれて復活しますように。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-24 13:49 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月23日 (日) 土砂降りのち小雨
セイゴの夜中に寝ない症、改善せず…。身が持たん、ダーリンも目が覚めてしまって辛い日々。ダーリンは右足の股関節に痛みが出てしまっていて、それが今日の午後には悪化してまずい状況。明日は友人にマッサージをしてもらいに行くしかない。
セイゴのブツブツは早くも改善していて、まだあるけどずいぶんいい。昼寝もたっぷりした。平常に戻る日も近いはず、頼むよ~、夜中もちゃんと寝てよお。
夕飯前、下の娘がセイゴを遊ばせているときのこと。セイゴはビデオやDVDの機器が置かれている棚をいたずらするのが好きなんだけど、いつも「いけない」ときつく言われて触らせてもらえない。そうしたら、下の娘が遊んでいて自分を見ていないのを横目で確認しつつ、本人的にはこっそりといたずらを始めたのだ。その知能犯ぶりにみんな大笑い、でもそこまで知恵がついていたとは驚いた。今回の発熱でついた知恵は、歓迎できないものが多くて嫌になっちゃう。親の都合に合った「いい子」でいろとは言いませんけどねえ、嫌なものは嫌なのよ、親だって。周囲からは男児はかわいいぞ、メロメロになっちゃうぞと散々言われて産んだけど、どうも私に関しては娘に対してとさして変わらない程度の愛情しかないみたい。母親に対する愛情は娘からとは比べ物にならないほど強い気がしますけど…。だからきっと、これからだんだん厳しく躾けていくことになるんだろう。さてどんな戦いの日々が来るのやら、幸い私一人で躾けるのではないから、あまり戦わずに済みそうだけど。セイゴよ、覚悟をおしっ。
急に雨がどっと降り続いてしまい、夏野菜たちが苦しんでいる。舅曰く「水に酔っ払っている」。すごくよく生育していただけに、どうなっていくのか心配だ。間もなくメロンが終わるから、それがせめてもの救い。で、明日で旧暦の夏が終わります。この夏は旧暦の気象予測「炎早少雨で耐え難い夏」は完全に外れたようだ。明後日の新月から旧暦では秋で、しかも今年は閏7月が入るので秋が長い。これからも豪雨や台風が多くなると、秋は野菜が全国的に不作となるのではと心配する。5月6月の日照不足はどうにか切り抜けたものの、次こそ手強い。三浦大根は早くに種を蒔いて、蒔き直しがきかないものだから、蒔くタイミングやその後の天候が鍵を握る。さてどうなるのか?まずはダーリンの体調建て直しが先決です。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-23 13:49 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月22日 (土) 曇り
今日は私の4○回目の誕生日。こんなに過ごし易い誕生日を迎えたのは記憶にない。開けるかと思った梅雨はまだ居座っている。涼しいのはありがたいけど、豪雨の被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
熱が下がったセイゴは、胸、お腹、顔にブツブツブツ…。つまり今回の発熱は、突発性発疹だったということだ。3度目にしてようやくかい?本当は生まれて最初にやるべきだったのに。発疹はむず痒いのだろうか、昨晩は寝付きが更に悪く、泣いてばかりいたし、今日の日中もずっと機嫌が悪かった。
発熱を境に知恵がつくと感るセイゴ、今回はどんな変化があるだろうと期待していたら、なんと反抗期が始まった。ちょっとしたきっかけで摂食を拒否して怒り出したり、抱っこを嫌がって暴れたり、でも下ろすと足にへばり付いて泣いたり、そっくり返って喚く。明確な意思や希望があるのにまだそれを表現できないから、意に沿わないこちらの行動を怒っているように見える。1歳を過ぎたころからじゃあなかったっけなあ、この感じは。夏休みで下の娘が相手してくれて刺激が増すから、夏の終わりにはさらに成長しているだろう。さてどうなっていくんだろう?楽しみなような、怖いような…。
下の娘はお隣りのグループに混ざって三戸浜で海遊び&BBQを満喫し、真っ赤に日に焼けて帰ってきた。海が近いのに私達は直売の多忙とセイゴを理由に連れて行ってあげないものだから、今年は海遊びは初めてだった。そういえば犬達も泳ぎに連れて行ってないなあ。暑くてカンカン照りの日がまだないというのもあるけど、すっかり犬達の調教もサボっているから、呼んでも戻って来ない危険があるしなあ。8月に入ったら一段落するので、億劫がらずに海に行きたいです。セイゴも海体験させないと。
でも夏の海岸は、BBQやりっ放しのゴミがすごくて憂鬱になるのだ。昨夏は毎晩行っていたから、そのひどさには本当に呆れた。海辺で生活する方々が心を痛めているその気持ちが少しは分かった気がする。自分達くらいはいいや、という考えはやめて、ゴミは持ち帰りましょう。首都圏に近い海だからこその問題です。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-22 13:50 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月21日 (金) 雨のち曇り
昨朝まで39度台が続いていたセイゴ、一昨日の晩はまともに眠れずおっぱいにしがみつき、私もまともに眠れず、昨日は使い物にならず。幸いセイゴは昼過ぎには下がり始め、夜また38度まで上がったけど、どうやら今回は経過が速い。そして今日の晩には平熱に下がった。まだ私にしがみつくし夜もしょっちゅう目を覚ますけど、それも数日で回復するだろう。続く発熱と多忙などが重なって行かれずにいた三種混合の予防接種、そろそろ本気で連れて行かないと…。
眼科に行けず寝不足の私の右目は悪化の一途を辿り、昨日は開けているのも重いほど瞼が腫れ、真夏の夜の定番みたいな顔になってしまった。で、そうだと思いついて夕方前にプロポリスをつけたら、なんと効いている。昨日は腫れはひかずとも、痛むポイントがはっきりと浮き上がってきた。今日は腫れもひき始め、病院に行かずに様子を見ようという気になった。これで治れば儲けもの、多分大丈夫。久しぶりにプロポリスの効果に恐れ入りました。
今日から娘達は夏休み。下の娘が在宅なのは猛烈に助かる。私が下の娘を頼りにして存在を歓迎するってこと、今までなかったことだから、セイゴが生まれたおかげで母娘の関係が改善したといえるのかもしれない。下の娘としても、母から肯定されていることがはっきり分かる状況は、すごくいいことだろう。上の娘と私の仲間意識のような感覚は、下の娘が生まれて発生したものだったのだな。これから下の娘とも同様の感覚を共有していくことになるわけで、それが娘にいい影響があると信じたいです。明日、下の娘はお隣りに誘われて三戸海岸に遊びに行ってしまう。朝からセイゴと2人、キツいな~。でも楽しんできてね。
上の娘は今日から来週にかけての平日、学校のマリンスポーツ講習。この寒い雨の中、シュノーケリングしたそうな。で、帰って1時間ほど昼寝してバイトへ。夏休み中、寝ているかバイトに行っているか遊びに行っているかになるんだろう。腹立たしいことこの上ないけど、あてにせず、最初からいないと思えばまだ腹も立つまい。春までの1年半、本当にいなかったときには、中学生だったしそれなりに心配も多かった。今は高校生だし短時間ながら毎日顔を見るから、どうぞ自己責任で行動しなさいと思えるかな。
数日、買い物にも行かずに家に居るせいか、閉塞感たっぷり。明日はでられるといいなあ。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-21 13:50 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月19日 (水) 土砂降り 夜になって曇り
夕方近くまで降り続いた雨、朝の土砂降りは特にすごかった。文字通りバケツをひっくり返したような降りで、娘達はそれぞれ、ダーリンに送ってもらって通学。
セイゴは午前中は38度台だった体温も夕方からまた上がり始め、今回も40度達成。40.2度をピークに、40度前後を彷徨っている。かわいそうに午後からは朦朧とし、しっかり眠れない状態が続いている。気温と湿度と気圧の乱高下が災いしているんだろう。食事はちゃんと食べられるのが救いだ。明日の朝には下がっている、という感じではないので、あと丸1日は熱との戦いが続きそう…。お問い合わせに備えて在宅しているのだけれど、結果的に在宅を余儀なくされてしまった。とにかくセイゴ、がんばれ~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-19 13:51 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年7月18日 (火) 雨のち曇りのち雨
連休明けとはいえ普段の平日とは違い、下の娘が給食がなくなって昼に戻ってきたから何となくラク。でも私は昨日から右目が痛いと思っていたら今朝から瞼が腫れてすごいことに。そしてセイゴが夕方より、またもや39度の高熱を出している。機嫌がよく食欲があり、元気に動き回っているというのに熱だけ高い。また同じ症状…。明日どうなるのか、ちょっと心配。また40度を超えるのかしら、でも前回と比べて、熱への耐性は上がっているように見える。急に猛暑だったのにまた涼しくなったりしたせいだろうか。直売のヤマは越えているのがせめてもの救いかな。
私の瞼も明日次第では病院に行くべきだろうけど、セイゴがこれじゃあバイキンだらけの場所には行けない。さすがにアトムカードでは治らないだろうから、せめて下がった抵抗力を上げるべく、もう寝まーす。
[PR]
by takaiku-n | 2006-07-18 13:51 | ヨメの日記