「ほっ」と。キャンペーン


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2006年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2006年2月28日 (火) どんより曇り 夜になって雨
一昨日の夜更かしがたたり、昨晩は全く起きていられず。ごめんなさいっ。そして今日は旧暦2月の一日、新月でした。
最近はセイゴの昼寝が極端に短くなり、日中に出来ていたことすら出来なくなりつつある。今日はついに、セイゴをおんぶして掃除機をかけた。
夕方、下の娘のピアノの送迎。レッスンの間にaveで買い物するのが決まりで、今日もセイゴをスリングで抱いて急いで買い物。レジを済ませて袋に入れていたら、「高梨さん」と声を掛けられた。行き付けの美容院で働いている人で、休みの今日は彼女とお買い物に来たのだそうな。実はこの出来事、至って普通のことながら、三浦に来て初めて体験したことなのです。だから「高梨さん」と呼び止められるのも初めてだったので、自分が呼ばれているとはすぐに気付かなかったのでした。
以前住んでいた町では徒歩圏内に勤め先があり、仕事も買い物も同じ地区だった。趣味で続けていた和太鼓の愛好会も同じ地区。地区を歩けば知り合いに会うわけです。今は知人はいないし中心街がないので同様のシチュエーションはこの1年半、1度もなかった。以前住んでいた町に行くと誰かしらにばったり会って声を掛けられることもあるけど、そのときは旧姓で呼ばれるし。自分が高梨だったことに、あらためて気付いた瞬間でした。遅っ。
昼寝は短いわラックに乗せると泣くわで、扱いづらくなってきたセイゴ。夕食の仕度や風呂に入るときに面倒を見てくれている舅は困ってしまい、「おんぶしたらどうかな?オレがおぶってみるよ」と言い出した。えーっ、そこまでしてもらったら、いくらなんでも申し訳なさ過ぎる。それなら私がおぶってご飯の仕度をするべきでしょう。そこで「重いしさ、肩や腰が痛くなるからいいよ~」と断ったら、舅は「でぇじょぶだ。抱くのは無理だけどおんぶなら平気だ」と自信ありげに胸を張った。ありがたくて涙が出そうになった。結局、風呂の時間はなぜかぐっすり寝てくれたので、おんぶしてもらわずに済んだ。でも明日はどうかな…。ダーリンが消防団の集まりで留守にするし、申し訳ないと思いつつ、お願いしてしまうことになりそう。そうなったらばっちり写真撮っておこう、ものすごくいい絵になるぞ~。あら私、もう舅に背負わせる気満々だわ。鬼ヨメ…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-28 15:54 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月26日 (日) 大雨夜になって晴れ
ひえ~早く書かないと夜が明けるっ。夜行性ヨメ、今夜も遅いです。
大雨で開けた1日。アルペンは期待の佐々木がポールをまたいでしまい失格、でも皆川が4位はすごい。それでも上の娘は知っている選手の残念な結果が優先してしまい、あまりうれしそうではない。
野菜の発送やネギを巻くのに新聞紙は我が家にとって大切なアイテム。それをばらして畳むのを下の娘の仕事にしているんだけど、指示するといつも嫌そうにやるのが私の気に障る。でも今日、お駄賃をあげるようダーリンにお願いし、娘はダーリンから200円もらうことになってうれしそうだった。高いと思うけど、じゃあいくらなら妥当かとなると難しいので金額はダーリンにお任せした。下の娘は畑にも直売にも出せないので、こういった援護射撃的な作業を嫌がらずに遂行させるためにもお駄賃は必要かもしれない。上の娘は、手伝ったらバイト代と称してお小遣いをもらうわけだし。無駄に買い食いしたりはしない子なので、自分で管理するお金がそろそろあってもいいでしょう。遅いくらいですね。でも私の考え方により、毎月決まった額のお小遣いを上げているのは、今のところ上の娘だけ。それも小学5年からかな。
午後、早めに出て横須賀の百貨店に寄り、買い物してから途中で食事し、上の娘を居候先に送って帰宅。百貨店での目的のひとつに鯉のぼりの購入があったんだけど、さすがにひな祭り前には扱っていなくて、3月8日以降に出直すことになった。ダーリンは鯉のぼりを家族の人数分購入する気満々で、横に綱を渡して下げようと考えている。我が家は周りからよく見えるので、男児誕生を思いっきり誇示しようというわけだ。典型的な日本家屋の前庭に泳ぐ7匹の鯉。すごいぞ~。で、鯉のぼりを立てる支柱は、ダーリンのものがしまってある。それをどこの大工さんに頼んだのか舅に尋ねたら、何とそれはダーリンのものではなく、舅が生まれて注文されたものだったことが分かった。つまり70年前に製作された年代モノだ。こりゃあますますいいぞ、皐月の空に舞う鯉がますます楽しみ♪
セイゴは前回から、私の父に抱かれると大泣きするようになってしまった。私に抱かれていれば顔を見てにっこり笑えるんだけど、直接抱かれてしまうとダメ。いつも慣れる間もなく帰って来てしまうからだめなのかな、もっと長時間滞在すれば大丈夫になるのかも。かわいそうだけど仕方がない。これも一時的なことだから、見守るしかない。
それにしても父の何が気に入らないんだろ?セイゴに聞いてみたいこと、たくさんあるなあ…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-26 15:54 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月25日 (土) 晴れ時々曇り
オリンピックも残りわずかとなってから金メダルに沸き、昨日に続いて今日もTVに釘付けで楽しんだ。それからアルペンの男子回転があり、1回目だけライブでチェック。上の娘は昨シーズンに佐々木明と一緒に写真を撮ったそうで、応援にも力が入っていた。さて2回目はどうか?
上の娘が居候している宿は2度のオリンピック出場経験のある有名スキーヤーがオーナーなので、一流のスキーヤーが出入りすることが多いらしい。今回は女子回転にも関係者が出場している。我が家が正月に滞在したときの精算がまだ済んでいないんだけど、催促しても、オリンピックが終わらなければ余裕がなさそう。こちらはもらう方じゃないから、いつでもいいんだけど…。
今日は観光バスが直売所に寄ることになっていたので、上の娘が手伝った。お買い物ツアーというわけではなさそうだったので売り上げには期待していなかったら、結構お買い上げいただき、娘が手伝いに出て助かった。
下の娘は先日のクッキー作りが面白かったらしく、今日もやりたいというのでお膳立てしてあげた。おいしく出来たのでたくさんもらっちゃったけど、手作りすると分かる糖分、脂肪分の量。洋菓子は特に危険です。でも料理の入り口にお菓子作りが適しているなら、ほかのお菓子も挑戦させてみようかな。そして数年後には私の右腕となって調理を補助してもらう。しめしめ。
セイゴは昨日から昼寝がしっかり出来ず、眠たくてぐずるシーンが多かった。なのでラックに乗せ、泣き喚くセイゴに子守唄を歌ってみたら、すっごく喜んで聞き入り、寝てしまった。うっとりと私を見つめて、やがて眠りに就く…。ありそうで、娘たちのときにはなかった光景。娘たちはおっぱいを飲みながらじゃないと寝付くことはなかったから。セイゴだって先日まではそうだった。ここにきて子守唄の存在意義、ようやく理解できました。でも寝付くまでエンドレスで歌い続けるのって、それはそれで結構辛い。こうやって少しずつ手のかかる子になっていくのかしら…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-25 15:55 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月24日 (金) 雨
最近セイゴの眠りの様子が変わってきて、ちょっと困っている。ちょうどいい時間に昼寝してくれなくて時間も短いし、夜中も何度も起きる。朝方、中途半端に早く目覚めちゃう。おかげでいろいろ予定通りにいかない。で、今朝は5時に目覚めたのでそのまま起きちゃえばフィギア女子を見られたんだけど…。寝直したので起きられず、ダーリンが結果を知らせに上がってきてくれた。まさかの金メダルにはびっくり!今日1日に何度も演技を見たけど、文句なしでしたね。美しかった~。イナバウアー?かっこよくて見とれました。やっぱりオリンピックは、その競技をやっているわけでないとメダルがなくては楽しさ半分というわけで…。
夕方前、上の娘が帰宅。セイゴの子守りも頼めるということで、晩ご飯を早めに済ませ、またぞろ家族揃って美容院へ行った。ダーリンがカットで私がカラー、5人で押しかけて2人しかやってもらわないんだけど仕方がない。だからお客さんのいない時間帯を狙って行くようにはしているけど、今日もお一人先客がいらして、年配のご婦人だったからあまり気にされなかったとは思うけど、我が物顔で大騒ぎの私たち、かなりご迷惑でした。
戻ってからフィギア女子の放送をみんなで観た。コルクマットにごろごろ出来るようになったので、TV前のスペースがとてもリラックスできる場になっていい。そのあと上の娘が小学生の時のビデオなんかを観たりして、時間が遅いというのにすっかり寛いでしまった。
セイゴは上の娘が踊っているのを見て猛烈に喜んでいた。あんなにはっきりした意思表示は初めて見たかもしれない。自分も足をばったばたしていたけど、あれはもしや踊っていた?てっきりぴょんぴょんとジャンプしているんだと思っていたけれど。歌を歌ってあげると喜ぶし、こりゃNHK教育の「おかあさんといっしょ」を観せたらさぞ喜ぶんだろうな。新生児の記憶を留めるためにもTVは控えようと考えていたけど、無理そうだな~。結局また今回もTV育児になってしまいそう。
今日はこんな雨模様で寒かったのに妙に気分がハイなのは、きっと金メダルのせい。オリンピック好きの私にとっては、とてもいい1日でした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-24 15:55 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月23日 (木) 薄曇り時々晴れ
昨晩はコンタクトレンズをつけたまま、靴下を履いたままセイゴと一緒にくたばり…。来てくださった皆さま、ごめんなさい。
今日は私が一番好きな温度、湿度の日だった。気持ちよかった~♪晴れ具合はいまひとつだったけど、明日以降はあまり晴れそうにない予報だったので、大物の洗濯や布団を干したり。そして懸案だった、換気扇の掃除をした。何ヶ月ぶりだろ?
11月に来園したウーファーのMちゃんが、魚焼きグリルなどの油汚れには重曹がいいと話していたので、最近は揚げ物をやった後の鍋なんかに使って重宝している。重曹は洗面台とかに使っていたけれど、油を吸って固まってくれる感じが何ともいい。で、換気扇のフィルターの掃除にも活用してみたら、今までで1番きれいに落ちたのには感激。どんな高級洗剤よりも落ちるよ、絶対っ。セイゴをラックで揺らしながらの掃除だったけど、満足のいく結果になってニンマリ。使い方のコツは、濡らす前に振りかけることです。
セイゴと地べたで遊べるように注文したコルクマットが昨日届き、早速敷いてみた。ソファーの前に約2畳分。予想通り、まずダーリンと下の娘がごろごろして大喜び。でも消毒なのかコルク本来の臭いなのか、まだ臭くてセイゴを転がして遊ぶにはちょっと…。それでもごろごろしながら寛げるスペースが誕生したのはうれしい。明日上の娘が戻ったら、マットに直行して転がるだろうなあ。で、上の娘のときに買った木製でタイヤのついたアヒルのおもちゃを出してきてあげたら、セイゴは目を輝かせていた。おもちゃ箱も出してこようかなあ。タイヤがついている木製で、乗って遊べるやつがあって、喜ぶことは分かっているけど床が傷つくから出さないつもりだった。でも宝の持ち腐れも何だし、そのうち出してあげよう。床よ、ごめん。
今日は都立高校の試験だったので、都内の公立中学に通う上の娘は2時間授業、しかも映画鑑賞だったそうな。確かにほとんどの生徒が受験に行ってしまうから、授業は成立しないわな。そして明日と月曜は期末テスト。都立を受験した子は気が抜けて試験どころではなかろうに。その試験も形だけなのだろう、娘ものんびりしている。これが終われば、いよいよ卒業に向けたカウントダウンが始まるのかな。卒業式まで1ヶ月弱、早かったような長かったような…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-23 15:55 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月21日 (火) 曇り
楽しかった8日間が過ぎ、何だか脱力していた1日。午前中はリフォーム会社よりアフターケアの担当者が、1階トイレの不具合の件で来訪。午後はさくさく動けないまま夕方になり、下の娘のピアノの送迎。晩ご飯の仕度はちゃんと出来て、お腹一杯食べたら元気が戻ってきた。
夕方前、ピアノに出かける仕度をしていたら、ベッドに転がしておいたセイゴが真横向きになっている。つまりあと半分で寝返りだ。ベッドの柵を上げていなかったので、もし寝返っていたら落下していたところ。いやはや、油断は禁物でした、そろそろまじで危ない。気をつけます。
居間のPCスペースはかなりすっきり片付いたけど、道半ばでもあるので、使い勝手を更によくするために注文していた雑貨が今日、届いた。それが想定通りのすばらしさだったので、ご満悦で更なる片付けを実行。冬シーズンは間もなく終わってしまうから、使い勝手のよさを実感するのは数ヶ月先になる見通しだけど、いい具合に片付いたことがすごくうれしい。ぼちぼちでも夏までは時間があるから、まだまだ出来るはず。上の娘が移転してきても散らかさないようにさせないと。だけどそのあと少ししてセイゴが動くようになるとどうなるか…。刃物と舅の薬箱さえ手の届かないところに移せば、あとはやりたいようにやらせるしかないかな。でもそうもいかないよなぁ、う~ん…。嫌なことは考えないことにします。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-21 15:56 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月20日 (月) 曇りのち冷たい雨
昼前から冷たい雨、午後には本降りになり、寒い1日。
朝方ムクがまた脱走。ダーリンは激怒してムクをボコボコにしてしまい、朝からすっかり自己嫌悪に陥ってしまった。この先、どう調教していくか検討し直さないと。やっぱり防犯にも役立つから、敷地内を柵で囲いたいなあ。朝開けて夜閉じればいいんじゃないかと思うんだけど。ときどき公道と間違えるのか、見知らぬ通行人が入り込んできたり、通り抜けする輩がいるので、そんな人間の防止にもなるんだけど…。
Y君はしっかり夕方まで手伝ってくれて、晩ご飯を食べてから帰っていった。昨日Aちゃんが去り、今日Y君が去り、たった1週間の賑わいだったのに、「なんだか穴が開いたようだね…」とダーリンと意気消沈した。あっという間に感じたけど、ずっと前から居てくれたような存在感。とにかく楽しかったし助かりました、感謝です。今後は3月中旬に短期で1人、4月に10日前後で1人、すでに来園の予定が入っている。今年の夏作もウーファー抜きには語れないシーズンになりそう。楽しみです。
旧暦カレンダーをめくっていて、重大な事実にようやく気付いた。今年は閏(うるう)月が入っているのだ。閏7月、新暦にすると8月24日~9月21日。昨年に比べて1ヶ月近く秋が長いことになり、また水害が懸念されるらしい。さらに冬の訪れが、昨年より20日も遅い。つまり来シーズンは、気をつけないと三浦大根が天候の要因で全滅しかねないということ。それ以外の冬野菜も虫や腐れにやられる危険性大。こうなったら一刻も早く民間気象予測を調べないと。三浦大根が食べられない冬なんて、無事に越せませんからね。
ひょんなことから当園の野菜とおっそろしくよく合う味噌を見つけ、最近はそればかり使っている。でも上の娘を送迎するときに途中で寄る町でしか買えないので、ついに製造元に直接注文した。野菜と一緒に送れるので、今季は手遅れにしても来季以降は販売する予定。添加物なしの、甘みとコクが絶妙な鹿児島の麦味噌です。これから当園にご注文をお考えの方、よろしければ同梱します。1kgで500円です、うまいです。かれこれ10年くらいは前から私が沖縄から取り寄せて使っている鰹節も、販売する方向で検討中。野菜を美味しく召し上がっていただく加工品、ほかにもいろいろ紹介したいなあ。実は私、もともとお取り寄せ大臣なのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-20 15:56 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月19日 (日) 曇り
どんより曇り空。それでも風が北風ではないから、冬の寒さとは違う。いつの間にか梅が咲いていて、下の娘が食卓の上に小さな枝を飾った。
Aちゃんは1週間の滞在を終え、昼過ぎ帰っていった。このままずっと居てくれたらいいのに、本気でそう思ってしまうほど我が家に馴染んでくれて、頼りになる存在でした。帰ってしまって寂しいよ~。Aちゃんはとってもタフで、この4日後にネパールに旅立つのだそうな。その後、就職までの短い間に接いだスイカの様子を見に来てくれるかもしれないとのこと。気をつけて行って来てね、また来てくれる日を楽しみに待ってます。
Y君は明日までの滞在。彼も3日といわず3週間、いや3ヶ月居てくれたらいいのにと思う逸材。今日は短時間ながら直売も手伝ってもらい、予想通り人気を博していたらしい。夜、舅がすごく疲れた顔をしていたので早めに休むよう勧めたけれど、舅は私がお風呂に入っている間のセイゴの面倒をみる役割に使命感が強く、いつものように「でぇじょうぶだ、平気だ」と言い張る。でもY君が遊ばせていてくれるよ、と説得して休んでもらうことが出来た。彼ならお任せできると思ってくれたみたい。実際、ダーリンが犬たちの散歩から戻るまでの間、セイゴはご機嫌に抱っこしてもらっていたらしい。さっすが~。
今年も大好評だった白菜オレンジクイーン、今日ついにネット販売を終了した。「今まで食べた白菜で一番美味しかった」とまで絶賛していただいた白菜なのに、出回らないのはなぜだろう。ダーリンの推測では、カットして販売したとき黄色くて、美味しそうに見えないからではないかとのこと。この冬は白菜も大根も悪いのに高くて、だから余計に好評でした。つきましては野菜セットもこれで終了にします、また来年よろしくお願いしますっ。なお、今月中はほかの野菜はお届けできる予定。来月に入ると、三浦大根とキャベツがまず終わりそうです。
今はまだハウスの中に留まっている夏の作物たちも、来月には順次畑にデビューすることになる。どうかお天道様、味方してください…。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-19 15:57 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月18日 (土) 曇り
晴れるはずだったのに、昨日より雲が厚い。ハウスの中も寒いくらいのなか、昨日接ぎ残した分を昨日のメンバーで接いだ。でも午前中は草の勢いがあるので、そう悪い感じはしない。きっとうまくいったはず。昼には無事終了した。
友人は2歳の下の子Sくんを伴ってきたので、我が下の娘が一緒に遊んだ。さらに今日から3日間滞在のウーファーY君が抜群の子守り能力を備えていたので、下の娘まで大喜びで遊んでもらい、Sくん共々かなり楽しい1日になったみたい。
夕方前に友人も一緒にaveまで買い物に行き、戻って晩ご飯の仕度。そのうちウーファーの2人が帰宅、やがて全員帰宅し、ふっと見ると、居間のあちこちで、それぞれがいい感じに役割を担って過ごしている。ダーリンはPCコーナーで事務仕事。ソファーの前では子ども達をY君が遊ばせている。最高齢の舅が最年少のセイゴをあやしている。Aちゃんはお風呂を使い終えたら食卓の仕度を始め、友人は私の調理をサポート、など…。ダーリンはその光景が、とてもうれしかったようだ。大家族っていいな、そんな感じだったみたい。いつもは広くて寒いばかりの居間が、今日は存分に活用されていたのもうれしい。
2人のウーファーはどちらもこの春に大学を卒業し、就職が決まっている。2人とも奨学金で大学に通ったので、これからしっかり働いて返していかなければならないそうな。農業に対する興味は違うけど、仕事に入る前に短期間でも体験しておきたいという動機は同じのよう。大事な接ぎ穂の時にいてくれて本当に助かった。2人ともこれから忙しくなるから、また来てねと気軽に送り出せないのが寂しいけど、スイカの成長を見に、是非また来てほしい。ちなみにY君、ジャニーズばりの甘いマスクで体育会系の礼儀正しさ、そしてイマドキらしい素直さ。直売を手伝ってもらったら、中高年の奥様から絶大な人気を集めそう♪ほかに頼みたい作業があって店番を頼めないのが、ホント残念です。
セイゴはSくんに釘付けだったけど、同じ視線をY君にも送っていた。つまりY君のことを大人だとは思っていないんだと思う。子守りの達人は、どこかいい意味で子どもの部分を残しているのかも。舅も然り。いや舅の場合は、年老いると子どもに戻るってやつかな。何はともあれ、セイゴも楽しそうだった1日なのでした。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-18 15:57 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2006年2月17日 (金) 曇りときどき薄日が差す
第2回スイカの接ぎ穂を実行した。天候はよくない覚悟で始めたけど、ふたを開ければ薄曇りで接ぎ穂日和の範疇。スイカと台木にする夕顔の育ち具合もちょうどよく、とてもうまくいった。
今回も友人が手伝いに来てくれて、Aちゃんと女3人、ぺちゃくちゃしゃべりながらの楽しい接ぎ穂。理系の大学・大学院を卒業というだけありAちゃんはやっぱり接ぎ穂が上手にできて、さらに早くて、前回経験者の友人も手早く、予定通りの量をこなして本日は無事終了。セイゴはあまり寝てくれなかったけど大泣きもせず何とか持ち堪え、私も4時まで手伝うことができた。あとは明日で何とかなる。今回はいいぞ~、絶対美味しいスイカになる。順調に育てば6月下旬から7月上旬に収穫となる予定。今から楽しみ♪
最近はよく「ごろんごろんよ~」とセイゴを転がして遊んでいるけど、自分から寝返りを打とうとする様子はなかった。それが今日から、自分で転がろうと体をひねるようになった。いよいよだ。居間に置いているベビーベッドはコンパクトサイズなので、寝返りを打つ十分なスペースがない。このままだと自分で転がってベッドの柵にぶつかり、泣くのが目に見えている。自由に転がして遊べるスペースを居間に確保するため、コルクのシートか何かを調達しようと話してはいるけど未だ何もしていない。早く調達してあげないと。ソファーの前に2畳分くらいがいいかな。きっとセイゴ以上に、ダーリンや娘たちがごろごろして活用するんだろうな。ああ、畳を敷くという手もあるか。琉球畳で2畳分くらい敷いておけるもの、探してみてもいいな。とにかく早く、だ。
夜、私が風呂に入っている間にセイゴは30分大泣き。疳の虫はどうにも手がつけられないので、舅がババを引いた形となった。舅には申し訳ないけど、これで夜中に泣かれる心配は減ったので助かった。今夜もすっと眠りに就いたセイゴ。寝しなに夢を見ているのか、ケラケラ笑っていた。明日もあるんだから、今夜も母をちゃんと寝かせてよ~。
[PR]
by takaiku-n | 2006-02-17 15:57 | ヨメの日記