「ほっ」と。キャンペーン


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2005年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2005年11月30日 (水) 晴れ
晴れて、日中は風があっても洗濯物がよく乾く程度。夜になってから北風が強まり、ごうごういっている。
上の娘はリフレッシュできたのか頭痛はまあまあ改善したとのこと、とりあえず元気に戻っていった。セイゴの散歩も兼ね、ベビーカーを押して駅まで送った。セイゴはほとんど寝ていたけれど、外の風が気持ちよかったかな。
下の娘は9時に就寝する。昨日、ダーリンが犬たちの散歩に出かけたのが8時ごろだったので、2階の部屋で宿題をしていた下の娘の部屋にセイゴを連れて行き、娘のベッドに寝かせておいて洗濯物をたたんだりお風呂の支度をしたり、2階で出来ることをやっていたら、いつもこの時間は一人寂しく2階で過ごすしかなかった下の娘はとてもうれしかったらしい。で、今日も、時間は昨日より遅くなったけど下の娘の部屋にセイゴを連れて行って布団に並べてあげて、私は家事をした。セイゴは相手の顔を見て笑ったり声を出したりするようになったし、おっぱいを飲んで眠くなければご機嫌にしていられる時間も長くなったので、そのまま娘が眠る直前まで一緒にいられて、娘もご機嫌で眠りにつくことができた。家が広いせいもあって、娘はいつも孤独な就寝だったのを、セイゴの存在がだんだん変えてくれそうだ。私も2階でやるべきことが片付いて助かる。もっと早く気付くべきでした。
夜、ダーリンがセイゴを車用の椅子の取っ手にぶつけてしまい、セイゴは左目の目尻を切ってしまった。痛かっただろう、赤く腫れて血も少し出ている。まあ赤ちゃんだから痕が残るようなことはないだろうけれど、たったそれだけの怪我でも、かわいそうで胸が締め付けられる。男の子だし、うちは急な階段やあちこちの高い段差など幼児に優しくない構造だし、敷地内はさらにひどい。この先、怪我の心配は尽きないだろうと思うと、ちょっと思いやられる。歩き始める1年後くらいまでに、危険物の撤去や危険箇所の改善を本気で考えないといけないかも。かなり大変…。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-30 22:14 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月29日 (火) 雨のち晴れ 強風
朝方まで雨が降っていたらしい。その後天気は回復したけど強風が夕方まで。シケっとした嫌な天気。
友人がマッサージに来訪してくれた。このところあまり調子のよくない私。先日の高熱はその前の時に比べて消耗が大きかったから、復調しきっていないところもあるし、抱っことおっぱいで肩が前に入り込んでいる状態が改善せずさらに悪化しているし、家に篭っているから刺激がなくて鬱々としてくる。だめじゃん、産後の回復、劇的とはいってない。友人にそんな愚痴っぽい話をしたら、「つまりさ、退屈なのね?早く回復しようとし過ぎてない?まだ2ヶ月も経っていないんだからさ、しょうがないんじゃないの~。ま、せめて代謝を上げるためにも筋肉つけたほうがいいね」と言われた。なるほど。もともと運動不足気味な上にさらに筋肉が落ちているから、高齢のせいばかりではなく代謝が上がらないわけだ。それに、そう、退屈だっ。刺激がなさ過ぎだ。さくさく動けないしセイゴとスローな時間を過ごしているし産後の回復もまだ道半ばで、確かにどうしようもないけれど、もう飽きちゃったよ~。若いお母さんが育児ノイローゼになっちゃう気持ち、わかる。ま、諦めるしかできることがありません。
上の娘が帰宅した。頭痛がひどくて学校を早退し、いったん居候先に戻ってからこちらに来て、明日の晩、塾に間に合うように戻るという。熱はなく、風邪ではなさそう。つまり神経性だ。我慢しろとも言えず、いいよ、それなら明日学校休んでゆっくりしな、と迎えた。やっぱり近くにいないと、体調面でのフォローができないのが歯がゆい。往復に5時間かけることを考えれば、居候先で寝尽くした方がいいと思うんだけど、それでは復調しないと本人が思っているんだから仕方がない。でも顔を見ても別に憔悴している様子はないんだから、もうちょっと堪えたらどうかね~。発散できない生活を送ると、リセットしたい感に襲われるのはよくわかる。でもそんな生活、わずかな期間じゃないさ。
あれ?娘の状況は今の私と似てるじゃん。飽きちゃった~なんて言ってるくせに、他者のことだと堪え性がないとか言っちゃってぇ。まさにあの親にしてこの子、無我夢中で前進できない母娘なのでした。いや~情けない。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-29 22:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月28日 (月) 晴れ
穏やかに晴れて暖かな1日。夜になって、急に強風が吹き始めた。どうやら天気予報通り。明日の晩から寒気が南下してくるらしい、いよいよ三浦大根販売に向けて期待が高まります。
実は我が家ではすでに大根は青首ではなく、三浦大根を食べている。まだ青首より少し大きい程度だから、抜いてしまうのがもったいないけれど、育ち具合を見るために抜き、それを食べる。で、今日、今季初めて三浦大根でおろしをやったら、青首とは全然違って滑らかで辛味がちゃんとあって、すっごくおいしかった。まだシーズン始まっていないくらいなのに、すでに青首をぶっちぎる味、食感、色の白さ。今年もイケます。皆さまお楽しみに♪
晩ご飯のあと、居間のベッドに寝かせていたセイゴがやたらに機嫌がよく、ダーリンと舅がオムツを替えたりあやしたり、セイゴの虜になっていた。清の字つながり3人、なんとも微笑ましい。でも下の娘は少し妬けるらしく、そのうち割って入ってセイゴを抱っこして車用のベビーシートに移してしまった。本人わかっちゃいるけど、そりゃあ面白くなかろう。ときどきそんな場面が見受けられるのは、分かり易くて返って安心する。ひねくれ者の下の娘だけに、感情や要求を子どもらしく出した時にはほっとする。遠慮や諦め、不安を貯めてきた娘だけど、少しずつでいいからそういうネガティブな感情を発散してほしいものです。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-28 22:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月27日 (日) 晴れ
穏やかに晴れて暖かい。干し大根のご注文が入っているけれど北風が吹かないと大根は乾かないし、寒さが厳しくならないと三浦大根は大きくならないから、過ごし易さも手放しでは喜べないところ。
上の娘は昨晩遅くまでかけて総合の課題の骨格を決め、今朝もいつもなら寝つくすところを早めに起きて、自己PRの検討に入った。私が中学生のとき、こんなことやった覚えはないなあ。自分の長所や実績のPRはとても難しい。悩み多き思春期の子ども達には余計に難しいだろう。というわけで文章の作成には全面的に協力したのだけれど、「セイゴはいい子ね~」とスローな毎日を送っているその頭で同時に難しいことを考えるのは、思いのほか混乱してきて大変だ。あらためて考えると、乳児と小学生、中学生を同時に面倒見るなんて、離れ技を強いられている。気が張っていれば同時にいくつか別次元のことをこなすのも可能だけれど、乳児の世話に緊張は禁物、だらんとリラックスした状態で頭を使うというのが難しいのだ。育児も侮れないわ。
昼ご飯は、ご贔屓のおすし屋さんへ。産後初めてで、セイゴの顔を見せるはずが、ずっと寝ていて寝顔のみのお披露目に終わった。でもおかげでゆっくり食事が出来てよかった。お味噌汁は伊勢海老の頭入りで、三戸の防波堤の脇でたくさん釣れるんだそうな。そこって、いつも犬たちを放しに行っている所じゃん!釣り人をよく見かけるけれど、伊勢海老目当ての人もいるんだなあ。釣り好きのダーリン、かなりうらやましそう。
夕方前に出て、上の娘を実家に送り届けた。娘は来週末は用事があって三浦に帰って来ない予定、このところ頻繁に往復しているからダーリンも下の娘もお疲れ気味だっただけに、ちょっとほっとする。よくセイゴの面倒を見てくれるから、多少は残念…
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-27 22:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月26日 (土) 晴れのち曇り

昼前、友人が2歳の息子を連れ、授乳便利グッズやお下がりなどを持って来訪。産後の来訪は初めてで、たった2ヶ月ぶりくらいのご無沙汰だというのに、ちょうど上手にしゃべり始めた2歳児の激変には驚いた。顔まで変わっちゃって~。つい10日ほど前にはおっぱいも卒業したとのこと。まだまだ未練たっぷりで、夜になると欲しがるというが、我慢もできるようになっているそうな。えらいぞ。セイゴは今まで出会った一番若いお客様の存在に大いに反応していた。1年後には一緒に遊べるようになっているはず。楽しみ~。彼女の6歳になる娘は実家のご両親と四国旅行中とのこと、一緒に来ると下の娘と仲良く遊んでいるのだが、今日は下の娘、2歳児の面倒をよくみていた。弟が出来て、小さい子の面倒を見ることに対して意識が上がったかもしれない。
夜、近所に住んでいて我が家と縁の深い看護士さんが、セイゴの顔を見に来訪してくれた。一緒にご飯を食べて、セイゴに布団を掛け過ぎだとアドバイスしてくれたり、現在勤務中の老人病棟でのエピソードを話してくれたり、勉強になるしとても楽しかった。
賑やかなのが好きなセイゴ、終始ご機嫌だったけど、私たちの方がペースが狂い、その後はばたばたしてしまった。上の娘があやしてくれたりで助かったけど、上の娘、この週末にやらなければならないことが実はたくさんあったのに出来ず仕舞い。このまま放っておいては投げ出してしまいそうだったので、何とかアドバイスしてやる気にさせて、現在、居間でPC相手に総合学習の課題に奮闘中。
セイゴは寝る前、ダーリンと一緒にベッドに入って、機嫌よくしていた。そばについていなくても眠る直前まで大丈夫だった。今日は誰かしらが見てくれていて、ほとんど泣くことがなかったセイゴ。いつもこうはいかないけど、おっぱい以外のことなら私でなくても問題なしというのは、大所帯の中で愛情たっぷりに育っているからだろう。我が息子のことながら、幸せな環境がうらやましい。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-26 22:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月25日 (金) 晴れ
セイゴ「2時までコース」第2夜。いい加減にしてぇ。
ウーファーのMちゃんは、夕方まで仕事して、晩ご飯を食べずに帰っていった。明日仕事で、9 時に福島にいなければいけないのだという。ひょえ~大変!介護関係の営業をしているそうだけど、営業職ってやっぱり大変…。飄々、淡々とした方でした。住まいは京急沿線とのことだから、また来てくれるといいんだけど。
上の娘が帰宅。最近、読書が好きになってからいろいろ読んでいる娘、先日の漢字テストで、今までではあり得ないくらい書けたのだそうな。自分でその理由を読書だと分析し、読書の利点を再認識したとのこと。だから言ったじゃないっ。「自分で気づかないとだめなのよ~」なんて呑気に言っちゃってるけど、気づくのが遅いっ。受験目前のこの時期、優先順位を意識した時間の使い方が出来なきゃだめじゃん!まあそれすら言っても聞き流されるだけ。親って空しい。これは明らかに遠回りしていると思うけど、他人の言うことを鵜呑みにしたり、受け売りで理解した気になるよりはましだろうか。答えは10年後、いや20年後。
助産師さんから聞いたのだけれど、生まれたときの髪型が将来の髪型だそうな。産婦さんの夫が床屋さんで、その人が言っていたと。本当かな?ちなみにセイゴはM字ハゲだ。つまり30代で剃り込みが深くなり始め…ってことかしら。でもダーリンはこの説に懐疑的。舅もその先代も髪はあるし「てっぺんハゲの赤ちゃんなんかいないじゃない」うーん、それもそうだ。でもこの説は男の子を持つ友人も知っていたので、広く知られる定説なのかもしれない。真贋やいかに。こっちの答えは30年後ですかね。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-25 22:17 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月24日 (木) 晴れ
日中、生きているか心配になるほどよく眠ったセイゴ。心配は別の意味で的中し、夜、お風呂から上がって、さあ寝てくださいとなってから2時間、絶好調で覚醒されてしまった。いつも全てが終わってからセイゴをお風呂に入れるので、お風呂から上がった時点ですでに夜中。機嫌よくあちこちを見回し、手足をばたつかせている姿に、お前、そんなに長いこと機嫌よくしていられるのかよ?と呆れる私。当然ダーリンは力尽きて隣でいびきをかいている。4回ほど寝かせようと試みたものの失敗。そりゃあそうだ、眠くなければ寝ないわ。
赤ちゃんはみんなそうだと思うけど、生まれてすぐから、天井や壁を見つめてとてもうれしそうにしたり顔をしかめたり、あれは何を見ているんだろう。私は絶対、あの世が見えているんだと思っているんだけど、ならばあの世の何が?ご先祖様が様子を見に来ているのか、自分の過去生が走馬灯のように見えるのか。セイゴは無駄に泣くことがあまりない子なので、ベッドに寝かせておくと、目をパッチリ見開いて誰かと交信しているようなことが多い。しゃべれるようになる2歳くらいに、物は試しで尋ねてみるつもり。そうそう、誕生の瞬間を記憶しているかどうかも、TVの影響が出る前に尋ねると、聞きだせることがあるそうです。興味のある方は「誕生を記憶する子供たち」(著者も版元もわかりません。アメリカの研究者の報告を翻訳したものだったと思う。初版は15年位前)をどうぞ。ちなみに娘たちから聞き出すのは失敗しました。残念、今度こそ。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-24 22:17 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月23日 (水) 晴れ
爽やかに晴れたんだけど、雲がなんとも不穏。10月以降年内には大きいのが来るぞ、なんて地震予知のサイトには書いてあったけど、10月も不発、11月だってもう終わりそうなのに来ていない。あまりエネルギーを貯めずに、こまめに揺れて力を開放してよ~と思うけど…。地震以前に自壊の恐れすらあるマンションのニュースなんかやっているのを聞くと、震度6弱程度でも人災ですごいことになりそう。
今日から3日間、またウーファーが来園。横浜在住の会社員の女性で、旅行とか農業とかが好きというわけではないらしく、うちが第1件目ではあるけど、あちこち行きたいからまずは近場でお試し、というわけでもないらしい。家でもよく働いてくれてすごく助かるんだけど、逆に申し訳ないような。ちゃんとモト取ってますか?って心配だなあ。明日は大根の出荷に、夕方前に観光バスが1台直売所に立ち寄ることになっているので、来てくれてホントに感謝、感謝。
午後、下の娘のお友達が遊びに来て、セイゴは再び仲間入りしたくて大暴れ。眠たくなっても両手両足をばったばた動かして泣き喚き、なだめるのに苦労した。年の近い兄弟がいれば、そろそろ遊んでいるのを見ているだけで機嫌よくしてくれていたりするもんだけど、それが期待できないのが残念なところ。我が家が賑やかなのは夕方から夜のごく短時間で、1日のほとんどが静かなんだもの、つまんないだろうな。今はまだ寝ているからいい、でも春までにはこれじゃ済まなくなる。はあ~。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-23 22:17 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月22日 (火) 穏やかな晴れ
昨日までのような寒さは一段落。
おっぱいは復調に向かったらしく、今日はセイゴもがしがし飲んで、元気な顔に戻った。しこってしまったところはそう簡単にはすっきり戻らないけれど、多分もう大丈夫。水分の摂取だけは気をつけないと。
下の娘が帰宅するのを待って、買い物へ。戻ってからもなんだかんだでいつもとは違う夜のスケジュールとなったのでセイゴを寝かしつけるタイミングを逃した。現在、居間のベッドで熟睡中、さて2階に移すときにぐずらず寝てくれるかな?
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-22 22:18 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年11月21日 (月) 曇り時々薄曇り
未明に雨がぱらついたらしい。ぬれた路面がなかなか乾かない、曇りがちで寒い1日。居間に、昨年導入した業務用灯油ストーブが登場した。
おっぱいが復調し切らないなか、今日のセイゴは覇気がなく、何となくぼーっとしていて、ぐっすり眠るでもなくぐずるでもなくご機嫌でもなかった。なので買い物に出たかったけど止めておいた。セイゴはまだ病気にかかるような月齢ではないけれど、体調の良し悪しはあるように見える。でもぐずって大泣きして手に負えない時の方が心配がない。幼児が頭を打っても、すぐ泣いたら大丈夫なんていう話があるけれど、それと似ている。覇気がないのは漠然と不安。
夜、ダーリンが冷蔵庫で出番を待ちくたびれていた缶ビールとグラス2個を持ってきて、勧めてくれた。200cc程度なら飲んでも平気だなんて、いや~知らなかった。アルコールは体を温めるから、少量なら返っていいんだそうな。飲んだ気がしない量でも、9ヶ月ぶりのビールの味、感激…。体も少しはぽかぽかする。思わず笑みがこぼれる。幸せ~。
上の娘には「これを機に一生お酒止めれば?」なんて地獄のようなことを言われているけれど、いや、それはちょっとね。でも水代わりに飲むのではなく、こんな風に味わって飲むようにするべきだと思いました、はい。
[PR]
by takaiku-n | 2005-11-21 22:18 | ヨメの日記