「ほっ」と。キャンペーン


神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2005年8月31日 (水) 晴れ時々うす曇
今日はハリーの6回目の誕生日。骨付きの肉でもお祝いに買ってあげようかと話していたのに、けろっと忘れて何もしてあげず。まあ本人はわからないことだから、次にaveに行ったときにでも買ってあげよう。ムクは9月19日で、もしかしたら私のベイビーと同じになるかもしれないな。
下の娘はいよいよ夏休み最終日。掃除機をかけてもらったので、ご褒美といっては何だけど、「サウンドオブミュージック」のDVDを借りてきてあげた。ピアノでエーデルワイスを習い始めたので、観せておこうと思ったわけ。よく考えると、私もテレビで観たことがある程度で、しっかり全部を観たことがないことに気づいた。175 分もある超大作だったのね。娘と一緒についつい観てしまい、結構感動した。娘も途中で飽きることなく観終わって、感動したみたい。でも終わり方が中途半端だと感じたらしい。確かに、トラップファミリーはその後どうなったんだろうと考えてしまう気持ち、わかる。歴史を知らないから、背景が理解できないだろうからなあ。どちらにしても、いい映画でした。
明日は9月1日、防災の日。9月4日に新月となり、満月・新月・半月は前後2日くらい、地震が誘発される危険が高まるといわれている。また、台風などの低気圧は震源地に吸い寄せられる傾向があるらしい。で、列島の太平洋側は大地震の起こる危険が高まっていて、新たに発生した台風14号はなんとも嫌な進路を辿りそうな気配。もし4日前後、台風が接近または上陸したら、その直後が危険です。台風対策と併せて、地震への備えも忘れずに~。そうそう、明日はNHKスペシャルで地震を取り上げるみたい。観ましょうね。
畑には、いよいよ三浦大根の種が蒔かれた。台風の上陸は今後、ご免こうむりたいところ…。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-31 23:18 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月30日 (火) 晴れのち曇りのち雨
上の娘が去り、どっと疲れが出てだるだるの1日。下の娘のピアノの送迎があったので何とか出かけ、頭から血の気が引きつつaveで買い物もし、帰ってきて雨が降り始めてから洗濯物を取り込み、1時間ほど休憩。ダーリンが戻ってから一緒に晩ご飯の支度をし、この2週間ほどの間にすでに5回は作っている献立をまたやって、おいしく食べてようやく元気が出た。終わりかけの不恰好な完熟トマトを5個も6個も櫛型に切って、安い牛肉と一緒に炒める簡単料理。コツは肉にまず水をまぶしてからしょう油と片栗粉をまぶしておくこと、肉もトマトも炒め過ぎないこと。味付けは焼肉のたれ。トマトの酸味が生きていて、まじうまいです。最近、つわりでもないのに酸っぱいものが食べたくて、あとは肉も食べたくて、ちょうど打って付けな料理というわけです。お試しあれ。
妊娠前半はどちらかというと魚が主に食べたかったけれど、後半に入ってからは肉が食べたい。あと、今は梨。みかん以外の果物を好んで食べなかったのが嘘のようにスイカを食べたし、少し前までは桃が食べたかった。そろそろブドウも食べたくなってきたし…。お酒を飲まないのが一番の理由だろうけれど、胎児の食の好みと関係しているという意見が多いから、ベイビーは何でもよく食べる子になるのでしょう。太らせないようにしないと。
自己管理に長けた下の娘は、新学期のスタートを意識して、今夜は通常通りに9時ごろ就寝した。明日の朝は6時半には起きるはず。明後日からはまた、片道40分かけて通学する日々が始まる。夏休み中全く同級生と遊べなかったから、新学期は楽しみなんじゃないのかな。
下の娘が早く寝て、上の娘もいないという夜は久しぶりで、妙にのんびりした気分だったので、犬たちの散歩がてらダーリンとドライブに出かけた。あと少しで、こんなのんびりした夜は数年は来なくなる。若さもないのに、またゼロから母親業ができるのか?この期に及んで、ふっと不安が頭をよぎりました。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-30 11:23 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月29日 (月) 晴れ
上の娘は今日で夏休み終了。明日から学校が始まるので、夜、引越し並みの大量の荷物とともに居候先へ送り届けた。明日提出しなければならない夏休みの宿題には終わっていないものが一つならずあるらしく、今夜は徹夜に近くなるらしい。全く、観たいTV番組を外すことはないのに、受験生が宿題すら終えられないってどうなの?クラスメイトに「明日の時間割は何だっけ?」とメールで尋ねたら、時間割とともに「宿題を全て持って行くんだよ」と書いてくれたので、ありがとう、じゃあねっと返したら「宿題は全部やって持っていくんだよ」と念押しされたそうな。やっていないことがバレバレなのだ。これほどまでにやるべきことをやれないで、高校に入って何をやるというのさ?本当に腹立たしい。上の娘にはいいところがたくさんあるが、悪いところもまたたくさんあり、久しぶりに長時間一緒に暮らして、悪いところがやたらに目に付いて疲れた。いなくなってほっとしたと言っても言い過ぎではないかも。よくも昨年の夏まで一緒に暮らしていられたもんだと不思議になる。お互い、この1年の間に変わったことがたくさんあり、離れていて変化にあまり気がつかなかったということかもしれない。とにかく今夜はどっと疲れが出た。もう寝ます、おやすみなさ~い。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-29 11:24 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月28日 (日) 晴れときどき曇りのち雨
昨晩窓を開けて寝たら、朝、寒くて目が覚めた。日中もクーラーをつける必要がないまま、夜になったら雨が降り出し、今夜も心地よく眠れそう。
私が決めた出産予定週間に、上の娘の修学旅行が入っていることがわかった。その直後が下の娘の運動会。時間的に可能なら娘たちも立ち会わせたいと考えているだけに、それでは都合が悪い。もっと早めるか、遅らせるか?ベイビーは歓迎されたいに決まっているから、みんなの都合が合うときにちゃんと出てくるはず。もう少し検討する必要がありそう。
ダーリンは昼過ぎまで、約2週間後のお祭りのための屋台磨きへ。そのあと、上の娘を馬に乗せてあげるために4人で出掛けた。上の娘は明日、居候先に戻るので、今日は馬に乗る最後のチャンス。ソレイユの丘に行くつもりだったけど、高くても払ってあげるからちゃんとしたところに行こうとダーリンが言ってくれたので、以前見学に行ったことのある乗馬クラブへ行くことにした。そこのオーナー婦人がとてもいい印象だったのだ。
ソレイユの丘は、乗馬に適した、気質のおとなしい種類の馬を揃えていて、馬場も広いし価格も安い。でも指導員が若い子ばかりで、しっかり指導料を払うとなると、ちょっと不安。ダーリンの太っ腹なひと言がなければ行かれなかったけれど、乗馬クラブへ行って大正解だった。娘の素質に合わせてばっちり指導してくれ、最後には駆け足を体験させてくれて、乗馬の楽しさと難しさをしっかり垣間見せてくれた。おまけで下の娘も乗せてもらい、楽しかったみたい。で、料金はソレイユの3倍だったけれど、騎乗時間も3倍、つまり割りは一緒。決して習い事のように頻繁に乗せてあげられる金額ではないけれど、費やしてもらった甲斐はあった。ダーリン、ありがとう。
晩ご飯のあと、上の娘がいる夏休み最後の夜なので、4人で三戸浜の漁港に犬たちを放しに行った。風が涼しくて気持ちよく、人もいなくて、娘たちもムクもよく走り回っていた。ハリーは草むらの探索に忙しいので、一緒に走るということはなかったけど。そして今夜も、2 匹ともじゃぶじゃぶ海に入って遊んでいた。4人と2匹の夜の海岸は、これが最後かなあ。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-28 11:24 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月27日 (土) 晴れ
今回の台風では落ちなかった体調だけど、今日はよくない。体の動きが鈍くて、夜になったら足首がなくなっているほど浮腫んでいる。歩かないとだめなのだろう、でもスーパーにすら行かれなかったくらいで、今日はほとんど歩いていない。明日は歩かないと。これからは生まれちゃったとしてもいいんだ、くらいの気持ちでいないとね。お腹の中での育ちすぎは困りますから、ホント。
晩ご飯のあと、ダーリンと下の娘と3人でドラッグストアへ行き、そのあと犬たちを放しに海岸へ。土曜ということもあって、先週までのような混雑振りは全くないものの行き付けの三戸浜は犬を放せる状況ではなく、前回、ムクが猫に追いかけられた場所へ。幸いキャンパーはいなかったので放したら、最初ムクは車のそばから離れず、ちょっと怖がっている様子だった。でも私たちも車外に出て砂浜に誘導してあげたら次第に慣れ、帰るころには元通りになっていてよかった。家に戻って、またハリーも土間に入れてあげたら、今夜はムクが落ち着かないらしい。どうも2匹の力関係や感情的なものがよくわからず、いいのか悪いのか判断つかないことがある。
真夜中、ハリーが唸りながら吠え始めるということもよくある。何かに警戒しているらしいが、見回しても特に異変はなく、出て行って撫でてやると落ち着く。その程度で落ち着くなら、あそこまで唸って吠えることはないだろうに、と思うのだけれど。で、たった今もそうだったが、今夜はまた鳴き始めてしばらく治まらなかった。地震を察知して吠えてくれるんなら助かるんだけど、その実績が全くないから、今回も違うでしょう。そうそう、明後日くらいまでは要注意のようです。台風が通過したあとは地震が起こり易いらしいし、今日は半月。どうせ起こるなら、上の娘が三浦にいる間にしてほしい…。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-27 11:25 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月26日 (金) 曇りのち晴れ
未明、台風は当園の畑(通称シバラヅキ)の上を通過して東京湾に抜けていった。三浦半島も三浦市の辺りは幅が5キロないため、台風が通っても上陸とは言わないのだそうな。畑に張ったビニールは見事に剥がされたけど、実質的な被害はなかったと言っていいみたい。台風シーズンはこれからが本番、10月が終わるまでは油断できない。だからこの辺りでは種や苗が流されたり飛ばされたりしないよう、寒冷紗というネットを畑にかける習慣がある。9月10月ごろは、三浦の畑はその寒冷紗で真っ白に覆われることになる。今年はこれからいくつの台風に悩まされることになるのかしら?どうぞ大きな被害が出ませんように。残念ながら、祈るほかにできることはない。
午後から、うわまち病院での最後の妊婦検診へ。貧血の再検査に問題がなければ、これでうわまちに行くことはないはず。もし早産だった場合を尋ねたところ、その兆候は全くないし順調そのものだから、まずそれはないと鼻で笑われた。ベイビーはすでに2200gほどあるのだそうな。上の娘が巨大児で生まれてきたという経緯があるだけに、このまま予定日まで入れておいたらまずいことになる。ますます、37~38週で産む覚悟を決めた。次の満月9月18日から秋分の日9月23日を出産予定週間とし、9月17日までにお産の支度を終わらせることにします。さてお腹への説得工作は成功するのか?
上下ともに娘たちは宿題が終わっていないらしいなか、上の娘は待ちに待っていたアイドル系グループのコンサートに行ってきた。で、生まれてこの方こんなに楽しい体験は初めてというくらいの楽しさだったのだそうな。受験生が全く呆れる話ではあるけれど、まあよい。せめてこれからしっかり自覚してがんばんなさいと言うしかない。下の娘は興味津々、うらやましそうに話を聞いている。アイドルにキャーキャー言うタイプではないから同じようにはならないだろうけれど、親としては何かに夢中になる、熱を上げるという時期を通過して成長していってくれた方が頼もしい。斜に構えて冷めた目で世の中を見るような子になってほしくない。下の娘はその可能性が高いからこそ、敢えてそう思ってしまう今日この頃。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-26 11:25 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月25日 (木) 曇り時々雨のち雨のち暴風雨

予報通りに日付が変わるころから降り始めた雨は、降ったり止んだりを繰り返しながら少しずつ強まり、でも風はないまま日が暮れた。午前中にダーリンは台風対策を済ませ、午後からは134号線を藤沢まで走りながら、台風が接近しつつある海を眺めて過ごした。途中にあるサーフィンのポイントには大勢のサーファーが入っていて、ときどき上手に乗っている様子を見ることができた。今日のような波では、きっと初心者は入れないのだろう。有名なポイントは結構沖合いにあって、そこまで入りに行くだけでも相当な手間だし危険だ。下が岩場だったりするところでは、迂闊に落ちたら命の保障はないはず。いつも混雑している七里ガ浜には誰一人いなかったところをみると、初心者は入れないほどいい波の日だったのだろう。その波も夕方近くなるとさらにひどくなって沖まで真っ白に砕けてきて、たくさんいたサーファーは姿を消していた。絶好の波って、すごく短い時間しかないらしい。リフトでさーっと上がれるスキーと比べると、かなり過酷だ。雪は波ほど絶好のタイミングは短くないし。サーフィンにはまって上級者になると会社員ができないらしい、その理由がわかったような気がする。
買い物や食事をして、犬たちを放しに三戸の漁港に行った。雨が強まっていて、私たちは4人とも車の中から出ず。風も強まり始めていて、海の方がよく見えないので、陸側をライトで照らそうと車を回したちょうどその時、なんと!ムクが猫に追いかけられ、キャインキャインと鳴きながらダッシュで逃げてくるところだった。ムクは車の下に飛び込み、ハリーが駆け付けて猫を追い払った。下の娘が慌てて車外に出てムクが怪我していないかを確認したが異常なし。2匹ともそのまますんなり車に乗り込んだので、かなりの短時間で散歩は終了となった。
戻ってからも、すっかりしょげ返っているムクには笑ってしまった。何があったのかは知らないけれど、よっぽど怖かったらしい。しっかし気の強い猫だわ、自分より少し大きい犬を追い回すなんて。まあムクは臆病なのと逃げ足の速さで、怪我する危険は比較的小さいかもしれない。飼い主としてはそのほうが安心。
ハリーも今夜は土間に入れてあげて、のんびり横たわっている。風雨は23時ごろから急激に強まった。11号はこちらに向かっている。被害なく抜けることを祈りつつ…。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-25 11:25 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月24日 (水) 曇りときどきちょっと晴れ
台風は亀の歩み、低気圧が原因の体調不良に襲われるかと思いきや、今日はまだ大丈夫で返って元気なくらいだった。
午前中、子どもキャンプに参加した友人から電話があり、下の娘の様子を報告してくれた。行動の傾向について、本人からや主催者側からは決して聞くことのできない貴重な話。問題行動とは呼べないまでも、娘の屈託について、詳しい話を聞けたのはありがたい。友人曰く、娘は自分の居場所について安心できていないのではないか。うん、確かにそうだ。娘が2歳の時には家庭内不和が深刻化していて、離婚を決めていた。当時から、上の娘は糧にするだろうが下の娘は傷になるかもしれないという予想はしていた。下の娘が生意気な口を利いたり、すぐにすねたり、どことなく斜に構えていて両手放しで子どもらしく大騒ぎすることが少ない、という傾向は、不安を象徴している面もあるのだろう。彼女の足を地につけてあげる努力を今のうちにしないと、将来どこかで余計な手がかかるよ、と友人に脅されたが、確かに他人事ではない。間もなく下が生まれ、娘に対する親の愛情はますます配分が減るわけだ。赤ちゃん返りもあるはず。私も面倒がらずにもう少し目をかけてあげないといけないということなのだろう。でも言うは易し。
午後は、美容院へ。出産後はカラー優先、カットはしばらくできないはずだから、今のうちにと15 センチもチョキンと切ってもらった。上の娘は第1声「昔のお母さんみたい!」若返ったという解釈でいいのかしら。ダーリンはこんなに髪の短い私を知らないから「新鮮でいいよ」と。下の娘はコメントなしでニヤニヤ。シャンプーが楽になるのが狙いなので、これでいいのだ。白髪の浮いた、手入れの行き届かない長髪をふんじばって、やつれた顔した中年女が乳児を抱えている様子…。それだけはご免蒙りたいものね。
夜、ダーリンと上の娘が犬たちを放しに海岸に行ってきた。場所もあるだろうが三戸の漁港の裏は思いのほか波がなかったそうで、また犬たちは泳いできた。そのままハリーは上手に掘り上げた植込みに寝そべるので、恐ろしく汚い犬になる。でもそんな泥んこ顔で屈託なく笑いかけてくるところ、妙にかわいいのだ。今度写真を撮っておこう。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-24 11:26 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月23日 (火) 晴れ 夜遅くなって雷雨
朝から晴れて蒸し暑く、変にお腹が張るような痛みがあって調子は悪し。
昨晩、ウィルス対策ソフトの継続手続きをしようとしたら、有効期限が切れているためにできなかった。だから問い合わせしたんじゃないかっ!と再度メールでクレームをつける。で、昼にソフト会社から電話があり、指示に従って新規に購入し、インストール完了。ところが、利用のための登録ができず、再度電話して調べてもらうが解決せず。〆て1時間半。2時から下の娘のピアノのため送迎があったのに、まったく間に合わず。で、夕方またトライするということで再度電話をしてもらい、試したができず。そこでやっとバージョンを確認したら、なんと古いものがインストールされていたことがわかった。購入した最新版をダウンロードする前に古いものをアンインストールしておかなくて大丈夫なのか確認したのに、結局うまくいっていなかったということだった。名の通った会社の看板商品だというのに、サポート担当者がこれってどうなの?昼時、夕飯時を長時間潰され、無事に解決はしたけれど、後味が悪いのなんのって。
夜に入ると気温が下がって風がやみ、雷鳴と共に雨が降り始めた。ダーリンと上の娘が犬たちを放しに海岸に行ったのが何とか間に合ってよかった。ハリーは雷が怖いらしく、今夜は久しぶりに小屋に入っていて、何となく興奮している。ムクも臆病だから土間の一番部屋寄りの隅で小さくなっている。台風11号はゆっくりとこちらに向かっているみたい。畑には何も植わっていないから直撃されても大きな被害はないはずだけど、それでも舅はあれこれ心配している。今、私が怖いのは気圧の低さ。低気圧が体調不良に拍車をかけるのだけれど、お腹が張る程度で済むかどうか、臨月間近ともなると多少心配。ベイビーはまだ2000gに達したか否かの大きさだから、今出産に至るとベイビーだけがしばらく退院できず、ものすごく大変な事態になる。それは避けたいからなあ。それでも何が起こるかわからないのだから、入院の荷造りとベビーベッドなど、最後の準備をしてしまおうか。
動物は親や環境の都合で出産の場所や時期・時間を決めるけど、特に人間の場合は、出産のタイミングは胎児に主導権があると言われている。なぜだろう?医療に頼るのではなく、自然分娩ながら私の意志で今から産もうって決められたらいいのに。もしかしたらできるのかもしれないから、縁起のいい日でも調べて、その日に産むと決めてみるかな。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-23 11:26 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2005年8月22日 (月) 雷雨のち晴れ
朝方は雨が降ったり止んだり、雷がゴロゴロ。昼過ぎにはすっかり晴れ。
昨晩またいつものようにいい加減夜も更けてから、さあ日記を書きましょうと PCに向かって1本メールを送信しようとしてできないことが発覚。受信はできるし、インターネットに接続はできるという不思議な障害。プロバイダのHPにアクセスしていろいろやっているうちに、大変なことに気づいて青くなった。なんと、ウィルス対策ソフトの有効期限が切れているのだ。きっと更新の案内は来ていたんだろうけど、日々何通もくる営業メールに紛れて捨ててしまっていたらしい。既に継続の手続きはできなくなっていて、その問い合わせをしたり、プロバイダに問い合わせをしたりしていて夜が明けかけてしまい、日記を書くどころではなくなってしまった。
送信できない件は、何のことはないサーバーの障害だったという回答がきた。ウィルス対策ソフトは継続での購入ができるらしい回答がすぐに入った。どちらもさすが回答が早い。
そんなこんなで超夜更かしだったにもかかわらず、調子が悪くなかったので、懸案だった2階の洗面所の徹底掃除を実行。這いつくばって床まで雑巾掛けしちゃって、満足のいく仕上がり。でも郵便局に行くつもりがすっかり忘れ、それは明日に先送りとなってしまった。
下の娘がキャンプから戻るので、友人宅にダーリン、上の娘と犬2匹で迎えに行き、晩ご飯を一緒に食べに行った。今回は人数が少なく、知っている子が友人の娘のほかにもいたりして、最初から楽しく過ごせたらしい。友人は子ども達のスケジュールに6歳児と2歳児を連れての参加だったから相当疲れたようだが、我が子にいい経験をさせてあげられたしそれを見守れたということで、満足そう。私は妊婦じゃなくてもそこまでタフにできないな、友人は私と同じ年齢だけど、私よりはるかにパワフルですごい。見習うべきでしょうけれど、子どもに混じって野山を駆け巡れるのはパワーだけの問題ではないから、私には無理です。
帰りに犬たちを三戸で放した。南風が強く、台風の影響らしきうねりが入り始めていて、それでもハリーは海に入っていた。
[PR]
by takaiku-n | 2005-08-22 11:26 | ヨメの日記