神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


<   2004年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
《ヨメの日記》2004年12月31日(金)曇りのち冷たい大雨
今年も今日まで。あ~、あと3時間を切っちまったじゃん…。なんとも激動の1年、節目の年だったので、終わってしまうのが惜しいというかなんというか。人生上半期が過去になっていくことに対しての名残惜しさかな?
昼頃から冷たい雨がざあざあ降って、なんとも締めくくりにふさわしくない大晦日だった。何に対してもテンション下がりっぱなしで、やり残したことばかりが目に付き…。年が明けて一段落したら(って、何が一段落するのかわかりませんが)やりましょう。
午前中は舅とダーリンが3ヶ所ある神棚やお稲荷様、あっちこっちにわらで編んだお飾りを飾ったりお餅を供えたり、ばたばたしていた。大きな新巻鮭をぶら下げて完成、不思議とかっこよくなりました。
写真ご覧ください。これは恵比寿様を祭っている神棚で、「でじご様」の神棚はもっと豪華(賑やかというか)。
夜は年越しそばではなく、うどん。収穫最盛期を迎えている大根は入らず、白菜とねぎと豚肉少しと。うどんは雑器によそって神棚などへ。そういえば仏様にはご飯だけど、神棚にはご飯はないな。穀類はいつもうどん。何でだろ?
悲しいことに、これから年賀状です。住所変更の連絡を兼ねているものだから、何が何でも書かねば。
ヨメの日記も、20日を過ぎました。よくがんばったじゃん、私♪読んでくださってる方、ホントにありがとうございます。あなたのアクセスが励みになるのよ!これからもよろしくです。ちなみに明日から4日まで三浦を脱出するため、お休みします。
お互い、よいお年を♪
a0157306_23143175.jpg

[PR]
by takaiku-n | 2004-12-31 23:14 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月30日(木)穏やかな晴れ
昨日とは一転、風もなく穏やかな1日。今日が実質的な最終営業日だったので、直売所はなんとなくのんびりとしていた。
未明に両親が、年末30日恒例の餅つきをやっていた(もちろん、機械でつくんです)。結局、ダーリンも私も起きられず。その餅を、のし餅と丸め餅にして、お寺に納めたり神棚に供えたりするのだそうな。その後、舅はお正月用のお飾りをわらで編んだ。門松とかお供えとか、今まで知っていたものとは明らかに違う。我が家だけの違いなのか、このあたりの農家全体のことなのか、そこまではよくわからないけど。時代の流れでいろいろと変わっていってるだろうから、本来はどうで、何の目的なのかはよくわからなくなってる。聞いても「前からそうだから」という答えしか返ってこないんだもん。
昨日、赤大根(レディーサラダ)を、ぬか床に漬けてみた。それを今日出したら、赤い色はあせずにきれいなまま、食感もそのままにいい具合に漬かっていた。でも舅は「やっぱり三浦でえこのほうがうめえなぁ」とのこと。はい、確かにそのとおりです。干しても漬けても三浦大根の勝ちは変わらないな。
今夜の味噌汁の具は、大根葉をごま油で炒めたものと大根の身。皮は、細切りにして切り昆布の佃煮と和えていただきました。これ2つとも、お客様から教えていただいた食べ方なんです。どちらもすっごく美味だった♪定番メニューになりそう。そのうち、ヨメの部屋にレシピ集を載せたいな。
今日もたいしたことはできなかった。年が明けるまで1日しかないというのに、どうしよう?そんななか前からすっごく観たかった「壬生義士伝」をTVでOAしたので、つい観てしまった。年賀状はどうしたらいいの?だらだらだら~
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-30 23:14 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月29日(水)雨のち一時雪でチョ~寒い
朝から雨、横須賀以北は雪だったらしい。午前中、埼玉の知人から電話をいただいたところ、大粒の雪がざくざく降っているとのこと。きっと以前住んでいた町は雪国みたいになっているんだろうな。そしてなんと、昼過ぎには三浦もみぞれ交じりになって、やがて間違いなく雪に!虹の翌日は雪だなんて、何だかよくわからないが得したような…。とにかく寒かった。
そんな天気の中、直売所に足を運んでくださったお客様はたくさんいらした。お昼時に手伝いに行ったら、雨の中震えながら車から降りて、買い物してくださる方の多いことにびっくりした。皆様、ほんとにありがとうございました!
直売所から自宅に戻ったら、娘は友達に家にいったらしく不在、ムクが一人でお留守番していた。ところがなんと、トイレ(人間の)の前にムクのウンチとおしっこが!それ以外にも、ところどころにムクの立ち寄った形跡があって、あのヤロー、誰もいないのをいいことに部屋を物色していたらしい。ちゃんと土間と居間の境の引き戸は閉めてあったはずだから、こうなってしまうと、不在時はつないでおくしかない。でもまだ外に出しっぱなしにするには幼なすぎるので、土間でつないでおくべく、鎖を買うために急遽、平成町のaveへ走った。さすがaveだけあってなかなか打ってつけのロープを購入して帰宅、そんな話を家族全員でなんとなく輪になって話していたら、その輪の中になんとムクが…。ダーリンにこっぴどく叱られたけど、きっとわかってないんだろうな。やっぱりあの子は勘違い犬なんだわ。
人材不足のため丸16年消防団員を続けているダーリンは、夜、年末特別警戒でご出陣。農業青年は消防団員でもあって、定員が決まっているから若い人材が入ってくると年の順に抜けられるんだそうだけど、ダーリンの地域は若い入団者がいないんだそうで。農業従事者の高齢化、世代交代の難しさが垣間見えてる話。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-29 23:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月28日(火)晴れのち時々曇り
午前中は気持ちのいい晴れだったのに、午後から雲が多くなってきて、それに伴って気温がぐんぐん低下。以前住んでいた町は明日は雪が降るかもしれないな。山はドカ雪だ~。上の娘が滞在している山は降ると視界が1mくらいにまで悪くなってしまうし超寒いので逆に滑れない。暖冬で雪がなかったのに、やっぱり行くときは防寒対策をしっかりしないと。
すっごい残念なことが。明日、以前の勤め先で一緒だった若い女性社員Mちゃんが手伝いにきてくれるはずだったのに、ドタキャンされてしまった。先月来てくれて、マッサージの練習台になってくれてお店を手伝ってくれて、すごく助かったし楽しかったのにな~。Mちゃん、責めてないよっ、母T子様に孝行してね。
で、Mちゃんの来訪に合わせて若い消防団員を招待することになっていたので、いろいろ献立を考えていて、肉系の料理が好きということが前回わかったので、それなりに買い込んでいた。しょうがないので晩ご飯のあとで煮込み料理をしたりなんかして、まあこれでぬか漬けがあるから明日の晩ご飯はできたようなものだから、明日、後ろ髪引かれるところなく直売を手伝えるってわけだ。年賀状は年内に書くことを目標にしようっと。
そうそう、夕方、電話でいただいたご注文の伝票を持って直売所に行ったら、武山(横須賀市)の上から大きくてきれいな虹!空が広いところだから、虹のスケールも大きかった~。ちょっと得した気分♪
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-28 23:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月27日(月)風はなく、空気の冷たい寒い晴れ
下の娘の友達が苗場から帰宅。お土産を持って遊びにきてくれた。おかげで娘は今日はさびしい思いをせずにお留守番。私は11時ごろに出て、横浜の友人宅へ。マッサージの練習も、彼女の体に対してはもうばっちりになりつつあって、もともとスタイルがいいもんだからますますナイスバディになって、こちらとしてはうらやましい限り。
横浜から渋滞の中突っ込んで帰宅し、ダーリンと下の娘と3人で晩ご飯は海舟さんにリベンジ~♪おいしかった!活かわはぎの肝ポン酢、ようやくいただきました。まじうまい。さすが漁港の目の前。まぐろのカマ焼肉風は3皿はいける味でした。血合いのステーキはびっくり仰天のフレンチ!三浦では刺身はおいしいのが当たり前なんだけど、だから値段の安さとかプラスアルファの料理がほしいわけで、海舟さんは満足させてくれます。もし行かれたら、ランチタイムでもランチ以外のメニューをご注文あれ。裏切りません。外食好きとしては、城ヶ島入り口の居酒屋「凪」についで三浦市内2件目のヒット!大喜びの夜となった。
ところで、今日は舅の誕生日。ところが当の本人は、友達と夜遊びに出てしまって遅くなりそう。あの爺さん、しれっとした顔して実は夜遊び人である。食べないし飲めないのに、やたらと付き合いがいい。先代は飲んだし粋な人だったらしく、豪遊したらしい。比べれば足元にも及ばないそうだが、物静かで仙人のような人柄にあって、夜遊びは意外な一面かも。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-27 23:15 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月26日(日)未明まですごい強風、終日晴れだけど強風で寒い
今日は終日直売所の店番をすることになっていたので、昨日ひざが痛くなったからとサポーターを探して1時間。ないっ。旅行のときにいつも愛用していたお気に入りの象柄の風呂敷もないっ。三浦に移って来たときのドサクサで、誤って捨ててしまったらしい…。ショックでした。これではスキーもできないもん。仕方がないので、明日、横浜の友人宅に行ったついでに近くにあるファイテンのショップで購入しよう。でも高いんだ~。
今日は年内最後の日曜日とあって、直売所は正月用品を買い求めるお客様で賑わった。みなさまありがとうございます♪下の娘は朝、私と一緒に直売所まで来たものの、何もすることがないのでムクを連れて帰っていった。かなりの長時間一人でお留守番、それもお疲れさま!えらかったね。
4時半ごろまで直売を手伝い、帰ってなんだかんだやってからご飯支度をした。ぬか漬けがあると、おかず2~3品分の満足感がある。とくに舅は「これがあればほかにおかずはいらねえ」と、喜んでくれている。待望のカブや干し大根も漬かっているから余計かもしれない。だからあれこれ作ろうという意欲が減っちゃうし、ますます和食一辺倒な食生活に陥っていくんだろうな。そもそも、私は香りの強い野菜が好きで、特ににんにく、ネギ、唐辛子など。ところが舅は香りの強い野菜はことごとく嫌い。ここに問題の根源があるのだ。
このところ食事関係の話題中心なのは、とっても家にこもっている証拠かしら。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-26 23:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月25日(土)晴れときどき曇り
昼に店番を交代しに行き、3時過ぎまで魚屋で店番して帰宅。魚屋の真向かいで小規模ながら直売をしている親戚の奥様が、たい焼きを差し入れてくれて、ひとしきり暇つぶしを手伝ってくれた。はるかに年配の方をこんな言い方もなんだが、とてもさばけて真っ直ぐな方。トイレに行く間は店番をしてくれた。ありがとうございました、またお願いします♪
なんだかんだやってから晩ご飯の支度にかかり、今日に限って主菜の支度を後に回して大正解だった。下浦の親戚の方が、魚を持ってきてくれたのだ。
ときどき、魚を持ってきてくれるお宅が2件ある。うち1件は漁師さんで、その日にあがったものをおすそ分けしてくれるんだけど、食べきれるくらいの量だけを下さるので、魚づくしの晩ご飯を満喫すればなんとかなる。ところが親戚からというのは、その親戚の親戚からいただく量があまりに多いらしく、うちに持ってきてくださる量も半端じゃない。今日については、シコイワシ鍋1杯(100尾くらい)、スズキ2尾。スズキの姿なんか初めて見たけど、ほぼ鮭くらいはある。でかいのなんのって!どうがんばっても食べきれる量ではなかった。折しも舅が帰宅し、どうやって食べるとおいしいかを教わる(というか、どう食べるのが好きか)。で、シコイワシは煮ることにしたが、多分ついさっきまで泳いでいたらしい新鮮さで目は澄んで輝いているものの、そのおかげで鱗がしっかりついていて、そのままでは調理できない。鱗、頭、内臓を取るのに小1時間かかってしまった。それを全て煮ておいしかったんだけど、あとで考えたら、全部揚げて、余った分を煮るという方法もあったな。
スズキ1尾は近所に無事おすそ分けできた。さらに食後、なんと舅が、スズキを「こせて」(おろして。こしらえてってことかしら)くれるという。私はそう大きくない鯛クラスまでしかおろした経験はなく、それで数日前は巨大な金目鯛に苦戦したものだから、大きな魚のおろし方を学ぶチャンス&舅が包丁を持つ姿を見るまたとないチャンス!ということで、鱗を取るまでやってから、ありがたく選手交代。舅は、なまくらになっている小振りの出刃包丁を巧みに操り、スズキをおろしてくれました。次はがんばります♪
がしかし…。そのスズキを朝ごはん用に煮たものの、思いっきり焦がしてしまいました…。大きな魚が、大皿1枚に乗るくらいの量にまで激減。悲しい。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-25 23:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月24日(金)朝のうち晴れのち曇り
クリスマスイブということで、林(横須賀市)のとり専門店・三平へ揚げ鶏を買いに。例年、この日に限っては予約は受け付けていなくて、昼から揚げっぱなしているところへ買いに行くということになっているらしい。揚げたてを買えないのはちょっと残念だけど、半身を揚げるなんて家ではまずできないし、とってもおいしくて家族全員大好きなので、並ぶのを覚悟で行ったらすぐに買えた。なんとなく拍子抜けしたのでついでに武山のスーパーaveに買い物に。そこではじめて、冷蔵庫にいただきものの高級牡蠣があったことを思い出した。少し前にもいただいて、そのときは炭火で焼いて食べた。それはそれはおいしかったんだけど、続くと芸がないので鍋にすることにして材料を購入。もちろん白菜は我が家で収穫したものを使用。で、イブのディナーは牡蠣鍋とご飯とぬか漬けと揚げ鶏という、なんともフシギな献立になった。でもおいしかった♪
我が家には仏壇のほかに神棚が3つある。ひとつはえびす様、ひとつは台所の神様・荒神様、一番大きくて仏壇の隣にあるのが「でじご様」(って、なんでしょう?)。先日、えびす講(?)というのがあって、えびす様がやってきてお正月まで滞在するということらしく、そのお運びに感謝するために神棚に金目鯛を吊るすとのこと。さらに、お正月にはえびす様とでじご様に鮭をお供えするために、元旦から松があけるくらいまで新巻鮭を吊るすんだそうな。夕飯の席でその鮭をどこで買うかの話題になり、稚内の市場から買おうということになっていた。金目鯛のでっかいやつをさばくのには一苦労したけど、新巻鮭は生じゃないから内蔵も入っていないし、ちょっとは楽かな。それにしても不思議。なぜそんなに長い期間吊るすの?由緒正しくなくても、昔から続く家っていうのはその意義がわからなくなってしまっているしきたりが多いみたい。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-24 23:16 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月23日(木)晴れのち曇り
今日は下の娘の誕生日。せっかくの誕生日なのに日中は楽しいことがなく、少しかわいそうな1日だったが、ダーリンがいつもより早く仕事を切り上げて三崎のおもちゃ屋さんに連れて行ってくれて、こまごまと買ってもらってようやくご機嫌を取り戻した。で、晩ご飯には三浦海岸「まぐろや」の刺身。娘の大好物だし家族全員大好きなので、8歳のお誕生日の主菜としては妙に地味だが堪能した。その後、昨夜姑が買ってきてくれたケーキを食べて、なんとなくお誕生日っぽい晩餐となった。なにより、下の娘の誕生日に4人も祝ってくれる人がいるってことが今までなかったから、感慨深いな。ちなみに昨晩遅くに帰宅した上の娘は、今朝、山に出発。晩餐には同席しませんでした。このまま冬休みの最終日まで帰らず、それも最終日だから居候先に直行なわけで、当分三浦には来ない。なんだかちょっとムカつく。
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-23 23:17 | ヨメの日記
《ヨメの日記》2004年12月 22日(水)晴れ
晴れていいお天気だった。今日はすでに小学校の給食はなく、下の娘は12時には帰宅。最近遊びにきてくれるようになっていたお友達は風邪を引いて体調がすごく悪いらしく、娘はムクを相手に午後を過ごした。駄犬も遊び相手にはちょうどいい。
夕方前、上の娘から電話。「板送ってくれた?」いいえ、すっかり忘れていましたってことで、慌てて宅配便を出しに。うちの直売所も取次店になっているけど、忙しい中申し訳ないので7-11へ。そうしたらすごい!長野県北部宛ての発送なのに、翌日午前着指定で大丈夫だった。早っ。直売所からの発送も、28日までは特別体制を組んでいるから翌日配達の範囲がすごく広がっているとのこと。この時期、生鮮品を送る方は利口ですな。で、日本海側は雪が積もり始めているから、娘は明日、山に着いたらすぐに滑れるということになった。運のいい子だ~。
明日は下の娘の誕生日。前の家ならすぐ近くにおいしいケーキ屋さんが何軒もあったり、デパートがあったりしたので困らなかったが、三浦にこじゃれたケーキ屋さんなんて聞いたことがない。ダーリンが知らないだけかも知れないけど、市内を通っていても見たことがない(パン屋さんならある)。遠くまでケーキ屋さんを探しに行くなんて面倒だな~と思っていたら、夕方、久里浜に出かけた姑が、駅ビルのコージーコーナーで買ってきてくれた。お母さん、ありがとう!こじゃれてなくても丸くなくてもいいです♪
[PR]
by takaiku-n | 2004-12-22 23:17 | ヨメの日記