神奈川県三浦市から三重県亀山市へ拠点を移動
たかいく農園改めたかいく新舎

Twitter / sakuza88
たかいく農園 on twitter
カテゴリ
全体
イベント&出店
畑のこと 野菜のこと
今までとこれから
ヨメの日記
我が家の野菜料理
直売所
日常
お問い合わせ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログトップ


北山耕平さんおはなし会
6月4日追記:定員を超えてお申し込みをいただきましたので、締め切ります。
キャンセルが出た場合はまたこちらで告知させていただきますね。
ありがとうございます!


5月29日追記:残席わずかです。ご予約はお早めに!
ただ申し訳ないのですが、諸般の事情で6月3日までお返事できません。
ご予約受付のご連絡は6月4日になる見込みです。
また、幼児ご同伴はご遠慮いただいています。
ご了承の上、お申し込みくださいね。


夏至直前の日曜日、北山耕平さんをお招きします!


6月19日(日) 12:00~(11:00受付開始)
たかいく農園自宅にて
参加費:3,000円(夕食含む)
持ち物:マイ皿、マイカップ、マイ箸
定員:30名 予約必須。
ご予約・お問い合わせは takanashi@takaiku-n.com まで


経済を優先し、自然を破壊し続けてきた人間社会。
3.11を機に、私たちはいよいよ選択肢を失い、
望むと望まざるとにかかわらず、唯一残された、
自然と共生した、持続可能な暮らしを目指す必要に迫られています。

残された狭く険しい道。
恐れや不安を手放し、希望を胸に、大地にしっかり足をつけて
その道を進むために必要な知恵とは何だろう。

夏至3日前というタイミングなので、今回は夏至の重要性と、
3.11以降に北山さんがお話されている「再土着」について、
じっくりと語っていただく予定。
ご期待ください☆

ノンアルコールでの茶会です。
ドリンク販売を鎌倉・一花屋さんにお願いしています。
お話会終了は17:00を予定。
みんなで夕食を食べてからはフリートークとなり、アルコール解禁。
ライブもあるかも♪
終了予定時刻は特に設定していません。
宿泊希望の方へ座敷を開放しますので、ご希望の方は寝袋をご持参ください◎
お車でのご来園もOKです。

講師プロフィール:
北山耕平(きたやま こうへい)
辻堂生まれ、作家・翻訳家。
70年代後半から80年代にかけて北米大陸で過ごし、
ネイティブ・アメリカンのメディスンマンとの出会いをきっかけに、
彼らの精神や知恵や現実を日本に伝える活動を展開中。

------

途中参加・途中退席はご遠慮ください。
今回は当園のイベントにありがちな遅刻・ドタキャン・ドタ参加厳禁です(笑)。

夕食前にお帰りになりたい場合は500円引きで受け付けますので、
必ず予約時にお申し出ください。
夕食は、都内に拠点を置いて活躍するフードディレクターかよちゃんによる、
当園で昨秋に仕込んだ柿酢を使った寿司飯で手巻き寿司!
(具は野菜中心ですよ~)

お問い合わせもお気軽に~。


##########

主催する私としては。

単一の価値観に縛られていて、マインドセットされた状態では、
これから地球の一員として暮らしていくためにどんな社会を
築いていったらいいのか、イメージが持ちにくい。そう感じています。

古い価値観を手放していくために、まずは年末と2月に
タカさんを招いて暦のワークショップを開催しました。
グレゴリオ暦という単一で直線的な時間から開放され、複数の
時間感覚を体験しつつ生きるために、
旧暦や地球暦、13の月の暦を学びました。

今回は「土着」について学ぶことで、「国家」に依存して生きている
私たちの社会を俯瞰し、一人の人間としてどう生きていったらいいのか、
そのためのビジョンを得るチャンスだと期待しています。

「日本人」ではなく「弓形の島で暮らしている人々」という感覚を得ることで、
自然との共生した生き方を、一人ひとりが見出すかもしれません。

ゆっくりじっくり、リラックスして聴きましょう。
お申し込みはお早めに。
[PR]
by takaiku-n | 2011-05-26 11:47 | イベント&出店
<< 食糧自給を意識し実践していくこと 今後のイベントのご案内 >>